プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.03.31     野の花   
カテゴリ:Kowa SIX MM






あるがままに咲く その強さ



3月最終日。2014起承転結の起に、私が学び得た事は信念。
正確には、信念を揺ぎ無いものに育てていく最初の決心でした。

信念に即していなければ、全く幸せでは無いことを刻んでいます。
生きている世界の中で、これだけは自分にしか与えられない事。

かつて、どこかの時代でも強く信念を掲げていた実感があります。
ただ、その時の信念は自分の正義をベースにしたパワハラでした。
周囲との調和や、本当に相手の気持ちを理解することより優先した
『私がそう思うんだから、あなたの幸せはこうだよね!』決め付け。
痛いなぁ…。やっと私も、移行に伴う最終決戦の実感を感じます。

ともすると今までの観念にハマって、感情が形成されてしまいます。
自分が 『 何を選択するか、何をポリシーと掲げるか 』その意識の
重大さは大袈裟ではなく、現時点での最大最優先重要課題です。

私ってば、なんてことを選択するんだ…と、怖気づくこともあります。
けれど、私の中の愛センサーが敏感になりつつある事は誇りです。
(糖質センサーも敏感になって来ました。因果関係に確信が増します。)





                                                                                

2014.03.30     荷車   
カテゴリ:Kowa SIX MM





人生は 重き荷を背負いて 遠き道をゆくが如し 
  …もう それ やめよう



( 注:長文です。 )
6年前、母の死の2年前に突如失踪した父が生存しているかもしれない…。
本当かどうか、定かでは無いのですが…『見える』方から教えて貰いました。

でも、もしも本当に生きているなら…会えるのなら…最初は動揺して自分が
どうしたいか分からなかったけど、やはり生きてる間に会いたいと思います。

そう思ったら…実際に会えるかどうかは別として、これは自分の内部の事だと
気づき、シュミレーションしてみました。きっと真っ先に母の死を伝えるでしょう。
それから…ずっと待ってたこと。居て欲しかった事。寂しかった事。恨み辛み。
そんな激しく訴える自分が出てきましたが…それは一瞬で消えていきました。

父が生きていれば、74です。どんな状態かも聞きました。予想通りです。
仕事も無く、酒を飲んで、体を壊して、弱り果てて。そんな姿を思ったら…
私がしたいことはハッキリ明白でした。父を許したい。そして愛を伝えたい。

そう思ったら、私は父に遠慮ばかりして本当の気持ちを押し殺していたと
気が付きました。そして、母に父の代わりを重ね見て、自分自身にも同様
父の代理を課して来ました。父のいない穴を埋めようとし続けていました。

父には長年一緒にいた女性がいます。いつの頃からか気づいていました。
家族として何もしていないのに、生活費だけいただいていて申し訳ない。
ソレが私の思いでした。私がいるから責任だけ果たしているのでは…と。

今となっては…どうでもいいことです。今現在私がたくさんの人と交流して
輝き合えるのも、父と母からこの肉体をいただき、この人生があったから。
母には間に合わなかった事を (…間に合っていたのかもしれないけど。)
父に出来るのならば、したいと思います。叶うかどうかは、天に任せます。

それに一緒にいた女性にも会ってみたい。相手は嫌かもしれませんね^^;
彼女だって、色々苦しかったのではないかと思うのです。私よりもよっぽど
父の事を知っている人。何故か…その人にも、愛を伝えたいと思うのです。
普通これって…なんか強がってみせてるだけに聞こえるんでしょうね。笑

『 恨みからは何も生まれない 』

龍馬伝で亡き母から龍馬が教わった…いわば彼の信念を形成した言葉。
なかなか難しいけれど、自分の身の上で置き換えれば、私にとって父は
正にそれを教えてくれているような…いえ、母もそうなのかも知れません。

会えても 会えなくても 生きていても いなくても 父に愛を送ります。

娘とは思えないヒドイ事も思っていました。でも、確かに何にもならなかった。
誰だって…思うとおりに生きられたら、被害者仮面の加害者にはならないと
そう思うのです。私の人生の痛みが、長年の膿を伴って流れ出しています。
その感覚は、人とは思えない激しい憎悪と悶絶する愛が混ざり合ったもの。
どちらかが私なのではなく、どちらもが私。ずっと私の中で叫んでいたもの。

今、自分が愛おしいと感じています。



長文にお付き合いくださり、ありがとうございました <(_ _)>
( そして写真は、一時お借りしたMizzyの愛機コーワくんです。)