プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2017.08.16     弦楽器会   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

波動共鳴の時間


ギターの調整で集まるから来ないかと、師匠からの急なお誘いを受けて…
え~明日はあれやこれをしようと思ってたのに~ と馴染みの拒否反応。
出たぁ! この感じ! 提案に対して考えることもせずに無理だという理由を
あれこれ挙げ連ねるこの閉鎖感は、まさに何食べる事件の時と同じもの。

安全を壊されるような、支配されるような怖れを感じてる…。そこまで分かって
もう一度メールを読むと…私の好きな ”珈琲を淹れに来ない?” ってお誘いで
私にとって楽しいことじゃないか?と思い直し、これが自分の最初のヒラメキを
瞬殺する反応なんだなと(まだだいぶ頭での作業ですが)状況を掴みました。

その後は昨日書いた通り、だったら怖れが主張していることの逆をやろう!と
自分が楽しむために当日焙煎した豆とサウルハープを背負って伺いました。
結果…怖れていた破壊などは起こらず、珈琲を美味しく飲んでもらえる喜びや
もっと上手く弾けるようになりたい気持ちが高まり、とても創造的な時間でした。

1つのシンクロとも言えるのか、帰りは友人を(旦那の車で)送ることになって
ノート起こしの取り組み方やワークや撮影会の新たな方向性などを話ながら
その時間もとてもありがたい時間になり、たくさん受け取った1日になりました。

否定的衝動ではなく違う選択肢を選べたことは、自信に繋げたいと思います。
これでクリア出来たとは言えないことも忘れないようにします。こうして地道に
気づいた度に(行動を)変えていくしかないし、何度でも向き合って行きます。
( あの否定的感情って暴れ馬のようで…感じたいものではないですけどね~

今日もありがとうございました。




                                                                                

2017.08.15     モアイが   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

見ている…


常に 意識を 意識する視点を癖にしたいので、視覚的なイメージで
目に付いたこのモアイ像をインプットしてみようと思ったのですが…
このイメージだと、なんか…ちょっと…嫌ぁな感じがするので却下

この時期、慣れきった否定的観念の反応が良く出る機会に恵まれ
『困った時は逆をやれ』を応用し 『この感覚が動くなら逆をやれ』で
結果をみてみようという…挑戦というよりは冒険を試みています。



                                                                                

2017.08.14     箪笥の中は~   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

もとい 冷蔵庫の中は~ だらけ


”滅多に無い事” なので思わず撮りたくなりました。 が、それって…
波動の連鎖を信じていない、ただのラッキー(偶然)だということ ?
こうして、ふと出た何気無い言葉に何を信じているかが現れますね

たくさんある~ を漫喫した後、親戚やお世話になった方へ配って
今は半分もありませんが、桃の代わりにまた違うものが増えていて
まるでわらしべ長者のようになっています。モノなら分かり易いけど
見えない心の豊かさを もっともっと受け取れるようになりたいです。








                                                                                

2017.08.13     ジブリな風景   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

何かの工場? ユニークさに惹かれて…


施設に入ってからの方が元気そうなお義母さん♡ なかなか切り出せなくて
もう帰らなきゃって時にようやっと「店をこんな風に使って行きたいんです」と
言えました。 穏やかな表情で「良いわよ」と。 私が元々持っていたものでは
無いのに、こうして与えて貰えることに感謝しました。 実感が増しています。

不思議なシンクロがずっと続いていて、お蕎麦が食べたくなって小麦が多少
入ってても仕方無いと思ったところ 立ち寄ったサービスエリアに十割蕎麦を
発見したり、桃を買って帰ろうと思ったけど時間が無くてそのまま帰宅したら
今日旦那の従兄弟から沢山の桃が箱で届いたり。(買わなくて良かった 笑)

シンクロは上手く行っていますよの合図と聞いています。その言葉を信頼して
この流れは私の本意に沿っているんだと、自分で自分に言い聞かせています。

これが誰にとっても当たり前の世界になったら、なんって優しい世界なんだろう。



                                                                                

2017.08.12     調整   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

家の中から眺めるトマト 明日は外に出て収穫しよう


昨日は丸一日ほぼダウンしていました。(ブログの文章は今朝仕上げました。)
仲間が食事会の時の録音を送ってくれたので、聞き直せたのが良かったです。
もう一度その時の波動を反復出来たので、早めにバランスを整えられました。
( tomoko ありがとう! )

今日は義母の施設へ面会に、久々に家族全員で顔を出します。私はといえば
店の所有者であった義母にこれからの話をしようと思い、少し緊張しています。
腹が決まったと同時に義母に会いにいく予定が合致しているのもシンクロです。

全てが統一性を持って展開している実感も、少し前に強く望んだことでした。
『望む』…疑いながら望むより、少しでも信じて望む方が実現が早いようです。 


                                                                                

2017.08.11     靄の向こう   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

EBC FUJINON 50mmF1.4

うっすらと 光が射している…



昨日のワーク&食事会の参加前と参加後で、何かが変わろうとしています。

私には目指している世界(在りたい自分)があります。でもそれは遥か遠くの
理想郷で、信じていない自分からすれば その方が都合が良かったのです。
現実で感じられるもののほんの一欠片でも、妄想で感情が感じられるのなら
その方が安心で安全で傷つかないで済むと思い、そこから動く気がなかった。

私の中のヒラメキを瞬間に閉ざすパーソナルの根源は私を守ろうと必死だった
のだと思います。善意を何故分からないの…と自分が正しいと思っていました。
それは私の身近にハッキリと見えていた事象なので、疑いようもない真実です。
そのパーソナルを言い換えれば 『 絶望 』 だったのではと思います。 選択肢が
他に何もなかったら夢を見ていた方がマシ。 生きているのが面倒なワケです。

否定性と(とここでは括りますが)戦わずして愛を選ぶと、これまでもやってきた
つもりでしたが、ワーク後の食事会での師匠の言葉 『一緒にゴールする 』 が
強烈に心に響きました。一緒にゴールしたいんです。そしてこの事が引き金で
何か(次元)が少し変わったらしいのです。 その後…あれよあれよと店の事で
展開があって、怖いけど絶対に不可能だとは思ってない自分が確かにいます。

ってことで、今月末名古屋のワークに参加しながら、もう一歩コマを進めます。

東京3回のワークに個人セッションに名古屋、店の改修に仕入れ。これはもう
笑ってしまうほどの限界超え。数年前だったら絶対不可能領域だった筈です。
今は、もしかしたら 出来るかもしれない… と 信じ始めている自分がいます。

この位置から見れば、動かないのは絶望を信じていただけだったと丸見え。
でも…まあ…最初はブチブチ多少(?)は言わせてくれよおぉ~ って ね  



多少どころか・・・
ず~っとぐちぐち言いました。 ボイスデータを聞き直したら、
柄が悪くてホントに酔っ払いみたいで途中で吹き出しました。

こんなおっさんみたいにクダを巻く私に、笑いを交えながら 軽く そして深く
でも絶対に外さない鋭さで向き合ってくれた師匠に 側にいてくれた仲間に 
関わってくれた全てに感謝します。動いてからだって事を忘れてはいません。 
でもまず今この瞬間に  ありがとうございます。












                                                                                

2017.08.10     アメトリンライト   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

宇宙みたい…


友人から譲り受けた照明には、思いも寄らない彼女の物語がありました。
随分前に話を受けてから、実際に受け取るまでに数年掛かったのですが
タイミングはいつも最適なんだと思います。このことに象徴としてみたのは
『 パワーを取り戻す 』 です。 持ち主であった友人と私と、受け渡しの場に
一緒にいてくれた友人達にもきっっと同じテーマがあったのだと思います。


                                                                                

2017.08.09     WA RA U   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

まさに フリーエネルギー


昨日のシェア会では、今月からはじまる東京ワークでの取り組み
個人セッションDAYに参加するにあたっての時間とお金に纏わる
それぞれの問題(変わりたく無いという反発も含めての)が中心に
なりました。 どしたら良いか…の前に必ず出る出来ない言いわけ。

これまでなら相当重苦しい空気になりそうなテーマだったのに…
いや~笑いました。現実から逃げているわけでは決してないのに
見えない可能性を信じる、採用してみようかって変化だったのでは
ないかと思います。みんな良い意味で壊れてました。楽しかった

これまでは(いえ、いまでもそれは多少ありますが)仲間がいても
どこか孤立していて、ひとりひとりで闘っていたところがあります。
今困難にみえる状況を前にして やるのは勿論自分自身だけど
助け合って行こうって気概?がより現実的になってきた感じです。

( メンバーへ: 出欠の締め切りは明日10日です。 連絡お願いします。)

 
                                                                                

2017.08.08     壁   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

意識を変えれば…


否定性の波動を受け取るのが嫌だと、相当怖れていましたが…
ふと、否定性を否定しているから嫌なのか と 閃いて、自分に
『 なぜそれがイケナイの? 』 と聞いてみました。

全ては完全であるって視点に立てば、無い自分を採用していれば
怖れや否定的反応が出ても当然で、それが問題なのでは無くて
ここが壁ですよって気付く為の大事なシグナルなんだと思えました。

それだけではまだ多少否定感が残るなぁ、どうしたら良いんだろうって
思った途端、今度は師匠の言葉が急に聞こえて来て解除出来ました。
『 それがその人の本質では無い。』 それは信頼で信念だと思います。

師匠はずっとその視点から私を私達を見ていてくれたんだとあらためて
愛の視点の深さを感じて…ああ、これに気付けて良かった!と思ったら
私が怖れていた相手からのメールが届き、不安が希望に変わるような
内容で、自分が変われば世界が変わることをまた1つ体験出来ました。

壁だって嫌がって避けるから否定性が大きくなるだけなんだ…。
こうして仲間と本当の意味で体験を通して感じさせて貰えるってことが
ありがたいです。 まずは一歩壁を突破。 胸が温かくて嬉しいです。




                                                                                

2017.08.07     TO MO RU   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

灯る  友る  共る


やあ~~っと、東京クラスの新しい取り組み提案についてのメールを
メンバーに送ることが出来ました。思案長かった…ほっとしています。

それぞれ既に色々反応があるようですが(もちろん私も)今回はそれを
こそ自分を変える視点を掴むのに大いに活用出来ると思えています。

独走ではないことも、私の今回のテーマの1つです。 メールを送るに
当たって下書きを確認して貰うときも、その後も、一緒にとりまとめを
していく仲間の言葉1つ1つに励まされました。(心細かったんだわ…)

私がしばらく悶々としていたことも、影ながら感じていてくれたんだなって
さりげない言葉が温かくて、ここまで感じているのは独走ではないと私も
意識を少し開けていたからかもしれません。 もともとあったのに、感じて
いなかったものがたくさんあるんだと思います。いろいろ教わっています。

tomoko ありがとう!