プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2017.11.18     フリーハンド   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

イマドキ


PCで既存のフォントを打ち込んで拡大プリントすれば簡単なロゴ。
フリーハンドレタリングする人なんて一体どれだけいるんだろう…。

色々なものが誰でも簡単に出来るようになって便利にはなった…
その分考えなくなった。 PCのフォントを使わず久々にレタリングを
しながら、こういう手間は面倒だけど地味に 楽しい と思いました。

楽しい!( どの意識レベルの楽しさかに寄ります )が 次の現実を
創造するという法則は肯定的な側面からの見方で、否定的観念の
とおりに創造される私の現実に対して先月から取り組んでいます。

逆を返せば、現実を見ればどんな観念がそこにあるか現れている
わけですが 自分の事となると認めたく無いという抵抗で見えない。
なので今その抵抗の方にフォーカスしています。その抵抗意識が
そのまま私の人生の舵を取って来たことも朧気ながら見えました。

元々あった否定的観念、それを覆い隠そうとする抵抗(保守)意識。
その保守意識 ( 自分に対しては保守、他者に対しては攻撃性 )に
今までありがとう、でも 真実を見ながら自分で生きたいから どうか
行かせてくれないかと言いたくなったので、自分の中で伝えました。
不思議と母の顔が浮かんで来ます。母のように見える私。閉じ込め
られた自分と閉じ込めようとする自分、両方私の中に感じています。


                                                                                

2017.11.17     生きているだけで   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

生きているだけで褒めて欲しい


娘がツイッターで見かけた知らない誰かの呟きを拾い上げ 言いました。
明日、本命の大学受験を控えた緊張で共鳴するものがあったのでしょう
甘えるように私に言ってきたのですが、なんてタイミングだと思いました。

存在するだけで価値がある。 師匠からずっと聞き続けて来た言葉ですが
私にはどうしてもそれが受け入れられない。 そんなはずは無い。 だから
役に立つ人間に見せようとしてきたわけです。 自分の本当の気持ちすら
自分で抹殺するのは、あるがままでは危険 ( それこそ生命の危機 )だと
ばかりの頑丈な守りでした。 出来過ぎだと思うくらいのシンクロニシティ。

娘には、ママは貴女がそこにいてくれるだけで嬉しいんだ と伝えました。
ただ…世の中を生きていく為を思い、時々大丈夫か心配になるんだ と。
私の元に生まれた以上、似た観念を持つ可能性は否めないことも話して
一緒に考えました。私が娘に出来る事は、本当に彼女を大切に思ってると
伝えることだけ。娘に感じる愛おしさ大切さを自分にも思えたら良いのに。

( あるがままでは駄目だ も、歪んでるけど愛してるつもりみたいです。)



                                                                                

2017.11.16     存在   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

私は 嫌われる存在


と、いう思い込みが その言葉でビンゴかどうか色々当てはめています。
迷惑な存在、疎まれる存在…厄介な存在、お荷物な存在…邪魔な存在
嫌われるというニュアンスで私の中で含まれるのは、そういったモノ達。

今日の個人セッションで伝えられたキーワードで、ここから派生する方の
自分の在り方は自覚があるものの 発生源のこちらは見えませんでした。
孫悟空の分身の術のように沢山のカモフラージュで自分自身を騙すのは
騙すというよりは守ろう(保身)とする意識なのではないかと推察します。

先月からの二ヶ月に浮上したこれまで見て来なかった意識を視点にして
慎重に自分のこれまでをみると、完全に足元が崩れていくように感じます。
なにもかもが本質とは違っていたのだとしたら…世界がひっくり返りそう。

私の場合(他の人もそうなのかな)底辺に辿り着いて終わり ではなくて
そこからようやく自分を見れるようになるんだと、今歩いてる場所はその
底辺に向かっている最中なんだと思います。店のビルが象徴するのは
本当に古い自分の崩壊なのだと思いますし、そうであって欲しいです。
( ああいけない…その先の 本質で生きる次の世界 をすぐ忘れます。)

それにしても…師匠は一体どこまで深いのか、どこまでも自分の事として
捉え、信頼とこれ以上無いほどの細心の配慮の元に伝えるべきを伝え
今の許容を越えるようなことはせず、どれだけの忍耐でいてくれるのか
そんな余裕も無いのに、今日はそんなこともいつも以上に感じました。

ありがとうございます



                                                                                

2017.11.15     ドラセナ(幸福の木)の花   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

励まされた気がします


20年以上我が家のリビングを和ませてくれていたドラセナに
初めて花が付きました(まだ蕾ですが)。 毎日見ていたのに
今日気が付いたらもうこんなに伸びていて信じられません

滅多に咲くことの無いドラセナの花ですが、師匠の家では
ここ毎年花を付け(今年は既に咲きました♡)それを見る度
「 ウチの子も咲かないかなぁ… 」といつも思っていたので
見つけた時は嬉しさのあまり あ”ぁ”~!と叫びました

と 嬉しがっていたら、玄関ポーチに渡り鳥が落鳥していて
(変化の象徴と捉えていますが)本当に色々ありますねぇ…。

渡り鳥なので結構大きいのですが、何故かノエルを思い出し
お疲れ様でした と心で祈り丁重に(庭には埋めませんが
片付けました。 冷たく動かない渡り鳥をそっと拾い上げながら
肉体を離れてさらに自由に飛び回っているように思えました。




                                                                                

2017.11.14     COCOから 6   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

コツコツ・・・


リフォームしながらオープンしています! とポスターを貼り
まだ未完成な奥半分(こちらの方が少し広い)の昨日現在。

開店しながら完全開店への準備をし、7時~7時半閉店後
さらに数時間工事を進めるのが最近の日課です。(今週は
日中出掛ける予定ばかりで開店がいつも夕刻からですが)

一番問題だった雨漏り跡のある最奥の壁も塗装を完了し
一番面積の広い正面の壁も週末にはメドが立ちそうです。
この無駄に広い空間を使って何をしようか…計画中です。





                                                                                

2017.11.13     タイヤショベルカー   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

こうじゃないんだけど…


店用に(最初はただコンセントを隠したいだけで)観葉植物を用意しました。
造花にしようと思ったら想定外に高い!今はあまり資金を掛けたくないので
手間暇掛かる事は承知で本物を買いました。どうせなら…と一番好きなのに
今まで買ったことの無かったモンステラ。たったそれだけなのにとても嬉しい。

展示されている時から土がカラカラで少し弱々しい葉っぱ達が気になって
水を遣ろうと帰宅途中に公園に寄ったら、隣のポニーランドでショベルカーが
砂埃をあげながら整地していました。夕日に浮かぶシルエットがとても素敵で
撮りたい!!と走って行ったけど着いた途端に作業が終わって しょんぼり
(カメラってタイミングが一瞬で、悔しい思いをする事の方が遥かに多いです。)

撮りたかった印象はこれじゃないんだけど…今日も1日お疲れ様でした~な
感じがとても素敵だなあ~と思わせてくれた余韻を胸に撮らせて貰いました。
モンステラが引き合わせてくれたシーンです。UMO水に、石やガラスの鉱物
好きな音と光、(珈琲はまだですが)そこに加わったモンステラが愛おしい♡




                                                                                

2017.11.12     アーティスト   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

娘に教わったこと


店の内装仕上げが一気に加速しています。 解体される事が分かっているので
何かが吹っ切れて、惜しみなく(かつ今在るものだけで)体当たり?しています。

どうせ壊される…のは 人生だって同じ、いつかは終わりが来るんですものね。
在るものだけだからこそ、工夫しながら手を抜かず満足するラインを探します。

資材達に紛れて、娘が廃材で作ったメッセージが♡ 頑張って!ってエールを
感じて嬉しかったです。 伝えるものがあれば 何でも アート だって本当です



                                                                                

2017.11.11     ネイティブスピリット   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

しっくり 落ち着く


店の内装仕上げ(解体が分かっているので、準備した資材だけで仕上げます。)を
しながら、今日はこれまで貼り出そうと思いながら なかなか文面が決まらずにいた
『 開店お知らせポスター 』 を不思議と一気に書き上げ 早速正面ドアに貼りました。

真正面に座っている私が上手く隠れるせいか、ポスターの前で立ち止まっていって
くれる人が増えました。(入って~入って~) UMOの発送手配を済ませ、ご入金も
確認しました。(お買い上げありがとうございます) 珪素の入浴剤も入荷しました!

オラクルカードとはあまり相性が良くないものが多い中、発売予告で惹かれ思わず
購入してしまった『 ネイティブスピリットオラクルカード 』も珪素と同時に届いたので
閉店間際の店で久々に展開してみたら不思議な馴染み感と落ち着きを感じました。

これは…良いかも。しかも思い付きで過去現在未来の3枚リーディングをしたところ
これが今の私を言い当てているだけでなく、とても強力に励ましてくれていました。
未来のカードはメディスンウーマン(マン)今深い癒やしが起きているという事です。
このカードには他の意味もあるのですが…それは叶った時に喜びたいと思います。

このカードを机に並べた瞬間、店が急に自分の居場所のように感じたのが驚きです。






                                                                                

2017.11.10     枯れゆくもの   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

幸いだと 誰も信じないだろう…


我が家で勃発していた問題とは…店のある建物を解体する決断でした。
雨漏りの報告を受け、根底修繕の為 検査した結果を受けてのことです。
耐震構造の無かった45年前に建てた鉄骨コンクリ造ビルの寿命でした。

店を開いたその日に降って湧いた話しに、偶然は有り得ないと思います。
普通は(私の心情も)これを 災難とか 不運と思うのでしょうが、奇特にも
いえ…ありがたくも、意識の学びの上では(師匠にもそう言われましたが)
古いビルをこれまでの自分の象徴と捉え、この出来事(で、私が今後どう
動くか)こそが私に与えられた最善だと思えます。ここまで追い込まないと
本気で自分を変えようと思わなかったこれまでのツケでもあり、この流れが
最適なタイミングであると思えば、強がりでもなんでもなく まだ やれます。

ワークの中で一瞬だけ聞いた 奴隷 と言う言葉は、まさに私が最も苦手な
じめじめと暗く湿った薄暗い穴蔵のような閉鎖的で昭和的なイメージです。

隔離場所があったのではなくて、私の中に囚われている自分がいただけ。
今こそここ(自分の内側の檻)から本気で出る好機が来たのだと思います。

この先どうなるか今はまだ分かりませんが、ビル解体まで店は続けますし
新たな販売ルートも考えて行こうと思います。 どうぞ見守っていて下さい。
( ご興味があったら、買って下さい! 問い合わせだけでも大歓迎です♡ )






                                                                                

2017.11.09     11月ですが   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

秋に咲く 十月桜


何故か、毎年この時期になると足を運んでしまう新宿御苑。
今年も行こうと思い付いたら、全く同じ時期。 これで3回目。

この秋咲きの桜と出逢うのも3回目です。