プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2015.03.29     あの日の空   
カテゴリ:IXY 810 IS





あの日は空へ 今日は大地へ 還りゆくを見送る



母の遺骨を埋葬する日がやって来ました。決断をする時に気付いた寂しさ。
とっくに肉体は無くなっているのに、まだカタチに対して幻想を抱えていた。
最後に父に会わせたかったけど、本人は果たして会いたかったのかしらね。

もう私の鏡なんかしないで良いから、次世では存分に本意に生きて欲しい。
…まったく同じ言葉が、私に返ってきたような気がした。 うん、頑張るよ
また会える時まで…見守っていてね。


本日、埋葬と供養の後ワークへ直行です。このタイミングにも意味がある筈。
楽観出来ない大きな分岐点を感じているので、ここは心して 行って来ます。





一瞬一瞬を大切に生きたい方
『 願いを叶えるアファメーション絵 (仮名) 』  モニター大募集!
『 親子ワーク 』(ご家族、ご兄弟も可能)春休みモニター募集!
( ↑それぞれ クリックでご案内ページが開きます。 )

~~ こころ・え個人セッション モニター募集中 ~~
こちら→『こころ・え教室』のご案内をご参照ください。
お二人様以上でご参加の場合はお一人3000円。(画材込)
平日は火曜~木曜・土日にてご予約承ります。ご希望の日程
第三希望までご明記の上、お問い合わせ お申し込み下さい。
ご質問も大歓迎!右メールフォームより お待ちしております







                                                                                

2014.06.02     別れの時   
カテゴリ:IXY 810 IS





撮影遠征の相棒… 一緒に色んな場所に行ったね




丸13年間乗り続けた愛車とお別れする事が、昨日突然決まりました。
乗り換えを検討する機会は何度々もあったけど、どうしてもこの車以上に
わくわくする車と出逢えなかったのに…決まる時はあっと言う間でした。

丁度この愛車と出逢った時と同じような感触でした。それほどの興味も
無くちょっと座ってみただけだったのに、降りたくないくらい居心地が良く
まるで既に何年も乗っていたかのような…当然な感覚が決定打でした。

この感覚があるなら、きっとこの車が次の車だと迷い無く思えたからか
その後の商談は最上の希望をすべてクリアし、この上無い程の完璧な
状態で成立しました。ハッセルの時と同じです。その間たった数時間。

こうして眺めていても…綺麗だなぁ~ 良いなぁ~ と愛しく感じます。
若干執着とも言えるくらい?大好きな愛車なのに我ながら驚きです。
寂しいけど、何故か”その時が来たんだ ”という気がしてなりません。

この車は女性的に感じられ、今度の車は中性寄りの男性と感じます。
そんなところも、今の時期のシンクロなのではないかと思えるのです。
(次の車はハッセルに良く似ています。)今月中には納車になります。
3月にも納骨前に同じ言葉を書きましたが…お別れまであと少しの間
記念ドライブをして写真を撮り、存分に愛を感じ 手放そうと思います。

本当に…大好きだったんだよなぁ… 今まで ありがとう


余談ですが…新車費用から思いがけずハッセル費用を出して
貰えることになり  副産物の恩恵にも 感謝感謝 です。









                                                                                

2014.02.22     ノエル   
カテゴリ:IXY 810 IS





我が家の家族ノエルが20日未明に落鳥しました



長くなりますが…、昔話にお付き合いください <(_ _)>
10年ほど前、当時関わりの深かった友人の影響でペットショップへ行きました。
何度か通う内に、一匹の珍しいくらいの青い鳥(セキセイインコ)に一目惚れして
家(ケージ)を用意して迎えに行ったら、その子はもう他所へ行ってしまった後…。

ケージも買ってしまったし…、と諦め切れない思いで翌日もペットショップへ行き
友人が飼っていたオカメインコの雛をなんとなく眺めた中に、この子がいました。

彼女はホワイトフェイスシナモンパールという色変わり種で、目立っていました。
オカメの雛達が、まるで子犬のように人を見ると近寄ってさえずり甘えて来る中
ケースの一番奥で知らん顔していた為、さらに目立っていたのかもしれません。
旦那も当時幼稚園児の娘も人懐こい他のオカメに夢中でしたが、私は見ました。

醜いアヒルの子のような1匹だけ色の違う雛は、餌を横取りされ身を引くのです。
( おいおい…動物としてそれじゃあイカンだろう? )と、思って呆れて見ていたら…
遊んでいた玩具が横取りされそうになると、威嚇と実力行使で奪い返したのです。
彼女のこだわりというか…信念のようなものを見た気がして、それが決め手でした。

色変わりの為に通常より値が張った事と、この人に媚びない振る舞いのせいで
雛としては最終段階まで育っていました。見るからに他よりも一回り大きくて…
ようするに売れ残りです。接客してくれた店員さんが、自分が飼うつもりだったと
苦笑いしていました。この子はあまり懐かないかもしれませんが…と心配そうに
丁寧に仲良くなる手立てを伝授してくれて、購入後 泣きながら見送ってくれた程
この子はちょっと風変わりで、でも最初からとても愛されていた幸せな子でした。

娘がお腹にいた時、夢の中に女の子が現れ『私の名前は のえるです』と名乗り
悩んだ末娘には付けなかったその名を、我が家の新しい家族の名前にしました。
…甘く切なく胸が一杯になる、ノエルと出逢った最初の愛おしい思い出です。

店員さんの不安やショップでの様子が嘘のように、ノエルはとてもよく懐きました。
幼鳥の時期は殆ど私の肩の上で過ごし、口笛で手元に戻ってくる程になりました。
放し飼いを忘れてリビングでうとうとすると、腰の上で一緒に寝ていた可愛い姿。

家中どこにいても、見えない場所にいても、かすかな物音で互いに確認しあって
常に常に感じていたその存在感の大きさは、失って初めてその重さを知りました。
ノエルが居ない家はがらんとして広く感じます。しんと静かな家は冷たく感じます。

人の年齢ではまだ50代でした。少なくとも後3年は大丈夫だろうと思っていたので
あまりに突然で早過ぎる落鳥でした。後から後から後悔ばかりが噴き出しました。
家族それぞれに後悔の念がありました。人でもペットでも、死に別れは突然です。
ああすれば良かった、こうすれば良かった、どんな別れ方でも後悔は絶えません。
後悔しない納得のいくお別れが出来るとしたら…その答えはたったひとつでした。

それはかつて師匠が伝えてくれていた事。今ここに生きること。意識的であること。
つまり、毎瞬毎瞬を真剣に、自分を感じ、相手を感じ、中心から精一杯関わること。

教わっていたのにも関わらず、何故後悔が溢れるのか。それは『当たり前』感でした。
居て当たり前。 明日も明後日も何年先も同じだ感。 慣れ。 習慣。 ルーティンワーク。
その思い上がりのせいで、毎日の関わりが大雑把に…特にここ最近は自分の都合で
忙しくしていた為に、また後でね、また明日ね、来週ね、と今を通過してしまっていた…
その部分において、非常に後悔が込み上げるのです。 もっと出来た筈なのに…と。

沢山、謝りました。でも、自分を責めるのは何の役にも立たないどころか単なる逃げ。
事実として今までの意識ではそれが限界だったんです。それを認めざるを得ません。
だから、今ノエルが命を賭して教えてくれたこの痛みを絶対に忘れたくありません。
常に常に意識的であること。それが生き切る事だと、ノエルの命は教えてくれました。

ノエルの姿、仕草、泣き声、羽音、餌をついばむ音、温かさ、匂い、感触、思い出…
全部鮮明に私の中にあります。 肉体は無くなっても、ノエルと過ごした思いは私の
中で色鮮やかに、音も匂いも感触も鮮明に在り続けます。ノエルに貰った痛みと愛は
これからもずっと私の中で私と共に生き続けます。(これが私の中で生きているって
ことなのでしょうか。) ノエルに恥じないように、今を精一杯生きようと思うこの力も
ノエルが最後に私に、私たち家族に残してくれた掛け替えのない大きな贈り物です。

出逢いは必然。最初に飼おうと思っていた青いセキセイインコを飼うことは無かったけれど
青い鳥を"幸せの鳥″と呼ぶのなら、間違いなくノエルは我が家の幸せの青い鳥でした。

今日、いつも過ごす部屋から良く見える庭の一角に、ノエルを埋めてあげます。
最後に、ノエルを生前可愛がり愛してくださった皆様…ありがとうございました

凍り付いた私の感情を解き導いてくれたMizzy ノエルの声を届けてくれたMIEKO
名古屋出張でお疲れだというのに…いつもお二人の愛に支えられています ありがとう



(写真は以前日記ブログに掲載したもの。お迎えした翌日の写真で一番のお気に入り。
 まだ幼鳥の羽で毛繕いも覚束ない時期でしたが、本当に愛くるしい愛娘でした。)

 



                                                                                

2013.01.17     SOS   
カテゴリ:IXY 810 IS





かつての 自分に助けられ…




困りました。 タブレットのペンが急に使えなくなりました^^;
恐らく再インストールすれば直ると思いますが…CDROMどこ…。

捜してる間に時間ばかり経つので、こうなったらマウスで出来る事をと
かなり昔(3年前?)にストックしておいた画像に少し手を加えてアップ!

ん 満足とはいかないけど、更新出来たしストック写真に感謝!









                                                                                

2012.10.14     愛機   
カテゴリ:IXY 810 IS





お気に入りって思いは…カタチにも表れる?



これがヘリオス装着の愛機G1♪ 自己満足なのでしょうが…今までで一番カッコイイ!
でも、よ~く見ると…G1ってオモチャっぽいTT 無理と分っててM6に装着したくなる…。

それに…これを写す為にコンデジを使ったんですが、画像があまりにも味もそっけもなくて
かなりびっくりしました。ただ写ってるだけ。このデリケートな違いの発見は青天の霹靂です。



一番カッコ良いのは、このフォーカスリング辺り↓装着する為に3つのマウントをかませています。





職人が作ったレンズ(や古いカメラ)は、もうそのものが美しい作品だなぁ。






                                                                                

2012.03.15     何度でも   
カテゴリ:IXY 810 IS






しゃがみ込んだら、また立てば良いさ

諦めない限り道はあるから 一緒にやろうよ






昨日、遠く離れたところに住む友人からメールが届いた。
アドレス変更のお知らせだったけど、久々のメールには
彼女の抱えている寂しさが溢れ出しているように感じた。

自分から出て来て欲しいと、思いのままに彼女に伝えた。
自分こそがいつもハマる穴だから、人に言うのは本当に怖い。
だけど、恐れと戦いながら書いている間に情熱が込み上げて来た。

感じた寂しさが自分のものと重なって、人事とは思えなかった。
そして真剣に相手と向き合う時、自分の限界を超えるような
深い場所への到達と、勇気と、愛を、引き出して貰える事を知った。

愛を感じ、表現し、行動するチャンスを貴女は私に与えてくれた。
貴女は貴女であるだけで、こんなに人に与えてる^^
私にこの情熱を思い出させてくれて ありがとう


待ってるだけでは何も変わらないから 愛を自分から伝えていこう







                                                                                

2011.12.25     Christmas   
カテゴリ:IXY 810 IS






それは祈りの日  愛と感謝を思い出す日






ふと、そうすると良い気がして…クリスマスディナーの前に家族で『繋がりの瞑想』をやってみました

ワーク現場のエネルギーには叶わないから 音源をタイムドメインに繋げて音量を大きめに工夫♪

すると…ミッチーの声もシンキングボールなどの音も生々しい! これはなかなか良いです



ワークの時には寝てしまったように感じた為のリトライだったけど… やってみて収穫だったのは

何かのキーワードで閉じる瞬間まではちゃんと意識があるという事 寝たように感じただけでした

意識が飛んでしまった筈なのに ボイスレコーダーを聞けばちゃんと全部覚えてるんだから…^^;

どれだけ瞬時に意識は切り離され巧みに封印されるのか 実はこれでもう二度目の確証です

それが分ると どこで意識がぼやけたか何がキーワードになっているかが客観的に発見出来ます

最初は嫌で嫌でやりたくなかったボイスレコーダーが 今では手軽で効果的な頼もしいツール♪



今回は最後までしっかり意識が保てて(何度も同じ場所で意識不明にならなくて良かったよぉ~)

ワークに近い集中と自分の反応を得られました エネルギーは録音に乗るって本当ですね~

今も心に残っているのは…温かく穏やかな喜び?に満ちた愛と感謝 とても大きな大きなうねり

最初にそれを受け入れてはいけないと否定したこと  まさかそんな筈は無いって疑ったこと

胸の奥が痛くてたまらないのに それを覆い尽くすくらいに何度も何度も大きく流れ込んで来て

でも…それが真実のような気がして 喉がきゅって閉まるような切なさと喜びを感じています



そのあと少し放心したようにシェアリングまで聞き終えて お待ち兼ねのお手製クリスマスディナー

パパちゅんと娘、家族揃って過ごすこの瞬間をいつもより素直に感謝出来たのは瞑想のお陰

いつもはお祭り騒ぎのキラキラクリスマスも今年はちょっとだけ違って…毎年瞑想やろうかな♪




ちなみに… 旦那は私と同じく途中で意識が飛んだらしく…^^; もう一回やるそうです

娘は波に飲まれてはぐれた時はとても怖かったけど 繋がってると分ったら幸せを感じた と
おまけに…ネットワークの自分の場所が一番上@@だったそうです …ツワモノですなーー;








                                                                                

2011.12.23     大回転   
カテゴリ:IXY 810 IS





すべてが 大きく ゆっくり 回転していく…







名古屋・京都からの仲間を迎えての『あと一年スペシャルワーク』

今年のあの大震災を振り返りながら…愛を生きる再確認になりました

共に過ごせた UOKAO・HIROKO・MIYAKO ありがとう♪





私はと言えば…大きな愛に触れた為か 翌日思わぬ落とし穴に落ちました

有意義で不毛な1日スペシャル まるで今年一年の総決算のように

もう二度と感じたくなかった感情・感覚を自ら引き起こして大撃沈です


何が自分力かすっかり忘れてしまった自分に 愕然とし一瞬罰したけど

罰して後悔してるだけでは進めない事も学んでいたから 方向を変えた

痛みの間から見えたのは 在るもの だった 私が見なかっただけだ


今は…痛みこそ胸に刻み その痛みで気付いていけるから

今年中に総決算並みの失敗した事は(良くないけど)良かった 


起きた事は変えられない だけど そこに固執していては

この先の沢山の可能性や喜びを 全部自ら摘んでしまう

観念ゲームを続けるのも 愛を選ぶのも 全部自分の責任

やっぱり最後は自分 今回のことで自分力を再認識しました

無意識下でずっと人に埋めてもらおうとしていたから

今回やっと 自分が何を学んで来たかに目覚めた気分です


今更かよ~~って言われるの承知です でも良いの 

歩みが遅くても そんなことより 気付けることが嬉しい 

支えになったのは…仲間の存在 みんなの頑張ってる姿

お手本であり同士であることの心強さ いつもありがとう 


今年残りわずか 最後まで気が抜けません ラストスパート

来週も ミッチー ミエコ みんな よろしくお願いします









                                                                                

2011.09.28     たからもの   
カテゴリ:IXY 810 IS






2年前 ありえないくらいみっともないと思った自分のセッションがありました

描き出したものが何だか分らない しかも 減り込むくらい絵になってない!

名古屋クラスの生徒さんだし…と丸投げで 力を貸して下さい!言い出す始末



でも それがとても素晴らしかった  私が何かをするのだという傲慢を吹き飛ばし

本人が自分で深い場所の声に気付き 認め 受け入れる その瞬間に立ち会えました

これ以上のナニがセッションなんでしょう それを教えてくれたのが ひろちゃんでした


その時 ひろちゃんが自分の中に見つけた希望と情熱を 現実にして届けてくれました

大事なこと たくさん教わりました  今回の名古屋も これがキッカケでもありました



すべての想いと共に この素敵なグラスは 私のとっておきの たからもの です



ひろちゃん 不可能は無いってこと 本当の願いは叶う 叶えるってこと

教えてくれて ありがとう   愛をたくさん伝えてくれて ありがとう







今日は立て続けの更新です  す~ぐ詰まっちゃう(詰まっちゃってた)もので…>< 
もいっちょ いっとくかな~?  明日の分にしとこかな (出せば出っ放し…^^;)




                                                                                

2010.10.17     きっと来る   
カテゴリ:IXY 810 IS






写真は昨日撮影したばかりの空ですが…、タイトルとの関連は…??
見ていたら… 「来る~きっと来る~♪」 って歌が頭に流れたので~
でも、それって確か貞子の歌でしたよね…^^; 

いえ、決して恐怖映画な感じぢゃなく もっとこう未知なる何かが近づく畏怖?
まあ…最近はあまりまともな言葉にならないので…あくまでも感覚って事で☆

 



新潟から戻ってしばらく気が抜けていました。なんと言うか…やっぱり老後の縁側。
今回も相方のアトリエをお借りしての作成が目的で、ある種 座禅の心持ちでした。
彼女は市展(開催中)向けて、とんでもなく大きな作品に向き合っている真っ最中。
私には私の目的があって、互いに自分の作業に没頭しながら、時々ふと声を掛けたり。

互いの持つジャンルは異なっても、一緒に時間と場所を共有しながら生み出す事が
なんだかとても自然で、当たり前な感じがして、ずっと知ってた気もして…不思議。
そんな心地良い時間をもっと作りたいから、東京にもアトリエを持つ事が目下の夢♪









作業が一段落して乾燥を待つ間、前回教わったトンボ玉を作って遊びました♪
手がまだ覚えていてくれたので、今回は破損少なく、なかなか満足な出来栄え♪
特にお気に入りは、「流れちゃってます!」って感じの青いペンダントトップ。

「流れ」のテーマを意識出来るので、最近のお気に入りのひとつです♪







娘も無事元気に妙高から戻り、彼女は彼女でこ~んな可愛いもの作って帰ってきました↓






3日間、東京の旦那・妙高の娘・新潟下越の私は、日本を大またぎする大きな三角形の位置。
出立前夜の夕食時、それぞれの充実した3日間の為に「健闘を祈る!」と乾杯して門出?を祝い
帰宅して全員が揃った夕食時には、「無事な帰還とそれぞれの収穫に!」と再会を祝して乾杯☆

父が不在でバラバラだった家庭を不幸に思い、絶対一緒にいなきゃ駄目だって思っていた私の
この変化は自分でも まさかの大逆転。絆は距離や形ではないって事を…教わっていたのかもしれないな…。
大事な事って、真逆な環境から学ぼうとする事の方が圧倒的に多い。日毎にそう思う 老後の縁側ですv