プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2012.03.29     宿る   
カテゴリ:

 
慈愛の手


絶望するくらいの喪失があったなら…

そこにはきっと大切なものがあった筈

幸せな気持ちは消えてなんかいない

その喜びは自分の中に宿っている






春だから…とは思ってはいないのだけど、最近やたら眠い。 普段は完全夜型なのに起きていられない。
じゃあ日中はしゃんとしてるかと言えば、昼は昼で眠い。 瞑想なんかしようものなら2分で睡魔に負ける。
今までの経験上、こういう状態の時は自分で思っていないところでエネルギーが動いている場合が多い。

学校関係の友人ともワークの仲間とも、毎日誰かしらと連絡をとりあっているのだけど…、
あちこちで具合が悪い(それも相当な感じで)と聞く。あるいは精神的に不安定だとか。
私の場合は2月の誕生日以降3月頭くらいまで、気管支炎やら眩暈…言い知れぬ
違和感を感じていた。いつもと同じ世界なのに、マーブルな揺らぎのように不安定だった。

どこか深い場所で、広く何かが起きているようだ。 でも、決して悪い感じはしていない。
こんな感覚だからこそ、自分の中の肯定的なもの、楽しいとか嬉しいを行動し続ける。
どうしたらもっと良くなるか。どんな方法が自分には有効か。今ほど本気になった事はない。

前を向いている時。 外側がどんな状態でも、諦めていない逞しい自分が中心にいる。









                                                                                

2012.03.24     祝   
カテゴリ:





喜びは連鎖して もっともっと大きくなる
 



先週、娘の卒業式があった。入学した時の幼い姿とは見違えるくらい大きくなった子供達。
少子化と言われる時代に、ここいら辺だけは教室が足りなくなるくらい子供の人数が多い。
総勢147名、全員が卒業証書を貰うのも、まるで次々繰り出される流れ作業のようだ。

最初は特に感慨深い思いも抱けずに、ただたんたんと進む式を見守っていた私だった。
わざと気分を煽って、必要以上にドラマティックに溺れないようにしていた為かもしれない。

子供達が最後に全員でひとことづつ、感謝とお別れの言葉を繋ぐ門出の言葉の時だ、
何か心に触れてくる糸のようなものを感じて、目を閉じて言葉を心で受け止めてみた。
世界が一変した! ひとりひとりの緊張と少しの不安と大きな喜びが言葉に乗って届く。
じっと眺めていると、ひとりずつ色(光)を放って混ざり合い段々大きく膨らんでいくよう。

子供たちのものなのか、自分のものなのか、それさえ混ざり合ってしまったかのように
綺麗で強くて温かいうねりに包まれて、込み上げる喜びにそこではじめて触れた。
引き出されるような感覚で、拍手にも力がこもる。 素晴らしい卒業の姿だった。

こんな嬉しい気持ちを、娘に子供たちに教えてもらった。誇らしさと感謝の気持ち。 
 貴女の成長、貴女の喜びに おめでとう。  貴女がいてくれて ありがとう。 

そして、ここまで心と体を育ててくださった先生方 共に過ごし分かち合ってくれたお友達にも
(知らないところで支えてもらった全ての方にも) ありがとうございました(*^_^*)  



                                                                                

2012.03.21     シンクロニシティ   
カテゴリ:LUMIX G1





それは 大丈夫、正しい方向に向ってるよ の合図





昔から新聞の人生案内(人生相談)欄は毎日欠かさず読むようにしている。
寄せられた相談に自分だったらどう答えるだろうか、回答者はどう答えるのか。
人によって様々な考え方があるのが面白い。なるほど同感だと思う事もあれば、
無難な回答だけど何か社会通念的だなと疑問に思う事も少なくなかった。

昨年末あたりから、急にびっくりするような回答を目にする事が増えてきた。
とても自分力的と言うか…、問題を肯定的な意味合いに捉えなおしている。
目にするものは自分の反映とは言うものの、手応え感が今までと格段の差。

日常でも…、ふと気になったことの答えが時を経ず向こうから舞い込んで来る。
なんとなく気持ちが落ち込む…なんて時には、誰かからのメールや電話が来て
何も言っていないのに、先回りされてるかのように的確に問題が解けてしまう。

その加速がどんどん増しているのは、けっして気のせいではないみたい。
多少の困惑と、多大な肯定的な驚き。益々軸をしっかりしなくてはと思う。






                                                                                

2012.03.18     今   
カテゴリ:写真絵





いつでも 今 が全て   いつでも 今 がその時




12日に名古屋の仲間が帰った後、どこか満足していない自分に気付いてしまった。
どう関われば良いのか戸惑って、自分からは全力で関わって無かったから…。

自分の中の小さな不協和音を放置する事が出来なくて、丁度いただいたメールに返信。
私が伝えた言葉は、もっと知りたい 近づきたい… って、まるで幼い子供のようだぁ><
45にもなって、こんな事しか言えないのか 恥ずかしかったし怖かったけど…
伝えたらとてもほっとして、じゃあ次にはそうすれば良いと勇気が湧いて来た♪
それがキッカケで気持ちを分かちえて、ホントに一歩近づく事が出来た^^ 
一歩踏み出して良かった♪  受け止めてくれて、ありがとう♪


新しい出逢いの場では、ワークと日常を区別しない意識を持って行動してみた。
丁寧に自分を感じ、出来るだけ正確に表現する事で、一瞬一瞬に確かな手応えがあった。
互いに初めて会った気がしないと、初対面なのに愛おしささえ感じられた事が嬉しい♪
愛を感じる相手が増える事、愛を受け取る喜びが増える事が今こんなにも身近♪


子供のような素直さで(勇気はいるけど~) 温かさに自分から近づこう(*^_^*)








                                                                                

2012.03.15     何度でも   
カテゴリ:IXY 810 IS






しゃがみ込んだら、また立てば良いさ

諦めない限り道はあるから 一緒にやろうよ






昨日、遠く離れたところに住む友人からメールが届いた。
アドレス変更のお知らせだったけど、久々のメールには
彼女の抱えている寂しさが溢れ出しているように感じた。

自分から出て来て欲しいと、思いのままに彼女に伝えた。
自分こそがいつもハマる穴だから、人に言うのは本当に怖い。
だけど、恐れと戦いながら書いている間に情熱が込み上げて来た。

感じた寂しさが自分のものと重なって、人事とは思えなかった。
そして真剣に相手と向き合う時、自分の限界を超えるような
深い場所への到達と、勇気と、愛を、引き出して貰える事を知った。

愛を感じ、表現し、行動するチャンスを貴女は私に与えてくれた。
貴女は貴女であるだけで、こんなに人に与えてる^^
私にこの情熱を思い出させてくれて ありがとう


待ってるだけでは何も変わらないから 愛を自分から伝えていこう







                                                                                

2012.03.12     深淵の光   
カテゴリ:






恐れ…嘆き…悲しみ…深い深い深淵の闇の中 
全てを内包する 決して消えることのない光







2011.3.11 東日本大震災から丸一年。
昨日のMEGA自分力ワークでは、名古屋・京都・新潟からの仲間と共に
あの日の映像を通して、震災によって心に刻まれたものを思い起こした。

見始めの激しい感情は段々遠のくのに、体はどんどん冷えて震えた。
驚愕・恐怖・怒り・罪悪感・悲しみ・空しさ・諦め・絶望感・無力感…。
映像と共に、あの日の自分の恐怖も思い出し、今までで一番痛みを感じた。

この映像が自分の身に、愛する人達の身に起きていたら…思わずにはいられない。
災害でなくとも…日常忘れている(ようとしている)だけで、いつか必ず別れは来る。
そしてそれの殆どは間違いなく突然だ。 

痛みを忘れたら、いとも簡単に人生を粗末にしてしまう。 そうして来た。 
私は生きている。 私には愛する人がいる。 その人も生きている。
間に合わなかったこともあったけど、まだ間に合う事はたくさん ある。
もう一歩踏み出す勇気を持とう そう強く思った。



そして…今日は旦那の誕生日。平日だけど、食事会に出掛けた♪
 今年もおめでとう  いつもありがとう 
大震災の次の日だなんて…、一生 愛を忘れない日になったね
    






                                                                                

2012.03.09     威風堂々   
カテゴリ:LUMIX G1





雨の日は雨のままに 雪の日は雪のままに





今日は娘の小学校卒業にあたっての謝恩会。親の出し物は歌と呼びかけ。
最後くらい何かしたいと思って、子供達への呼びかけ役を引き受けたけど
昨日の練習では足が震えるほど緊張して、一瞬立候補した事を後悔した^^;

感情過多な私が泣かないで役目を果せるか。自分の情癖もすっかり忘れてた…。
ただいたずらに舞い上がって、子供達への気持ち 先生方への気持ち 
大事な気持ちを逃さないように 緊張も不安も丸抱えで味わってこよう。

やると言い出したからには やる。
そう決めたら まだ怖いけど…なんだか爽快。



 


                                                                                

2012.03.06     帰り道   
カテゴリ:LUMIX G1






娘と手を繋いで帰る 歯医者の帰り道 

夕飯は何にしようかなぁ~ 穏やかな喜び




急に、今まで溜めていたものごと(仕事や家の中の細々としたことや学校の事)が
心の優先順位の上に飛び出して来て、作業一覧を書いて壁に貼ったら…てんこもり。

見ていたら苛立ってきた。最初はどれもやりたいと思っていた筈のものばかり。
溜めこむウチに、いつの間にかやらなきゃいけない…にすり替わってしまった。

エネルギーには鮮度があるとなかなか気付けなかった。思い立ったら吉日ぢゃないけど…
すぐに動かないとどんどん重くなって、のんびり思った夕飯作りさえも苦痛になってしまう^^;

最初に思った“楽しみな感覚”を思い出すと多少マシになるみたい。 
ブログ用に写真を選んでいたら、ふと軽くなったのはそんな効果かな。










                                                                                

2012.03.03     氷穴の空   
カテゴリ:写真絵






果ての無い永久凍土の壁から目を反らし ふと上を見たら…

 出口は…上





諦めは諦め以外のナニモノでもなく それ以外には変わりようもなく

どこまでほじくっても 完全なる諦めはそれそのもので完成していた

諦めは選択肢を持たず 感覚も感情も凍りつき麻痺する いわば最果て

諦めとはそういうものだと諦めた?認めた?ら… 心の壁に道が開いた










                                                                                

2012.03.01     心の隙間   
カテゴリ:LEICA M6







ひとりぼっちにしてごめんね って …生まれてはじめて言われた

一瞬全てが真っ白になるくらい放心して 光が差し込むのを感じた


全霊で ありがとう  



ちゃんと伝えなきゃって わざわざ書き直して送ってくれたメール

丁寧に向き合ってくれる その気持ちが伝わって来て胸がいっぱい


全心で ありがとう




貴女たちが友でいてくれる事が 奇跡のように嬉しい ありがとう

貴女たちの愛に  私は一体何が出来るかな