プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2013.06.30     ほんとは ね 改   
カテゴリ:LUMIX G1




それぞれ違う事をしていたって 繋がっている事は出来るんだ…



最近多いです。後になって気がつく、この『 改 』のパターン。
気づかないフリしてた“認めたくない自分”(これはその一部)を
今の私が客観的に見て はじめて、理解出来る事が満載です。

心情を直視して受け止める自分は、確かに抱きしめたい衝動。
人の事でも、気持ちが分かるからこそ同じ衝動が生まれます。
今までは、そこで止まっていたんだ…と、後から気づきました。

レムリアの記憶も大いに役立ちました。愛だったら、どうするか。
共感は相手(状態)を理解する事。抱きしめるのも良いでしょう。
けど、あの小さい私が本当に幸せになる為に出来る事がある。

あの私が今ここにいたら…本当にしたいことを叶える為に必要で
出来る最善を伝え、自分自身で手に入れる行動を後押ししたい。
何もドッチボールの輪に入るだけが方法では無かった。光明デス

そしてこれこそが、私がこれからしていく事なのだと思います。



・・・
もしかして…私だけが理解出来る内容か な ごめんなさ~い




                                                                                

2013.06.29     ほんとは ね   
カテゴリ:写真絵




その気持ちが分かるから 抱きしめてあげたい




最近ずっと気になっていた写真を引っ張り出してスキャンしました。
小3の遠足で、販売で展示された中に見つけた時はショックでした。
自分でも見たくない、誰にも知られたくない自分が写っていたから。

この時すでに 『 私は大丈夫 』仮面(B面) が完成していましたが
自分は無価値な存在(A面)という観念がすっぽり収まっています。
ね 一緒に遊ぼう? これほど言うのが怖かった言葉はありません。



アファメーション2…抵抗感があり、聞くのに勇気が必要です。

多面水晶瞑想をしてから( ど~しても意識不明になります
3回目の視聴をしましたら…第1弾では起きなかった反応が。
喉のあたりが潰れるような悲しみが湧き上がって来るんです。

今回のCDでは具体的だからこその、強烈な恐れもありますが
何より師匠が大切に取り上げた形以上の『 本当に望むもの 』
つまりは生き方なんですが…それが本当に欲しかったんだと
ずっと望んでたんだと、じわじわ実感しているような感覚です。

それは私にとって『 生きること 』の代名詞でそれに尽きます。
それが満たされるなら、表現し分かち合う形なんて何でも在り。
私の行動は全部そこから発動していたって思い出しています。

まだ、それに付随する諦めやら絶望感やら観念が浮上中ですが
今出来る事をし、姿無き存在にも支援を求め、形振り構わず デス。
もしも、本当に叶うのならば…生きている間に感じてみたいから。
(あ、違う。昨日書いたように既に感じてる…もっと感じたいんだ。)

ここまで書いてハッと気づきました!(この取違い、よくやるなぁ) 
アファメーションCDを聞いて感じたのは悲しみではなく喜びです
…まっすます、怖くなって来ましたね~^^; 忙しい奴だわ、私。



しっかし…写真めっちゃ古っっ  しかも、左下の園児はナニ…


                                                                                

2013.06.28     発掘   
カテゴリ:写真絵




丁寧に意識を探る それは宝物の発掘のよう



昨夜、膠着を脱出してからこちら、低め安定が続いています。
急に片付けがしたくなって、放置していたものに着手しました。

家の掃除はもとより…読み止めたままのカミーノを読み終え
未読のアウト・オン・ア・リムに着手、バシャールの書き写しと
20日のワークのボイスレコーダデータを聞き終えて、合間に
多面水晶瞑想やアファメーション2を聞き…自分探索三昧

日常で自分の意識を探る時、みなさんはどんな風でしょうか。
“ アファメーションワーク中に感じた伝えたい事 ”は、これっ!

一番欲しくて一番怖い“ソレ”を明確にし的確な言葉で表す為に
自分だったらそれはどんな感じ? 一体何を伝えたいからだ?
師匠と、立ち会ってくれたミエコが真剣に関わってくれました。

胸に手を当て、目を閉じ、これは?これは一体どんな感じ??
と、それはそれは夢中で遊ぶ子供のようにわくわく楽しそう!
もちろん、私も真剣でしたが、そんな二人の姿に胸が熱くなり
ますます発掘が楽しくなりました。嬉しくて感謝で一杯です

このことはまだシェアしてなかったので、ブログにて初披露。
誰かが自分の事のように、真剣に嬉しそうに関わってくれる。
そして自分もまた、相手の喜びが伝わってますます嬉しい。
言葉にすれば、幸せ そんな体験もたっぷり味わいました。

だったら?自分ももっと出来るはず。もっと楽しくもっと真剣に
遊び心満載で、かくれんぼしてる自分の本心を見つける発掘♪
判定師の怖い顔で追いかけたら…自分だって逃げちゃうよな。

『 好奇心を持って 』 その言葉通りの姿に感銘しました。
これしかないです… ありがとう







                                                                                

2013.06.27     私の気持ち   
カテゴリ:写真絵




あなたには 在る 




アファメーションCD第2弾、昨日ワークにて生まれました。
( ミッチー、ミエコ、今回もありがとう~

昨夜も今朝もなにか重くて、ならば…とCDを聞いても何か変で、
夜に仲間と話して、自分が膠着してた事にやっと気づきました。
( コメントの返事等々、遅くなってしまってごめんなさい~>< )

一通のメールから…、アファメーションとは無関係と思っていたのに
いつの間にかレムリアの話になって…最後には号泣する始末^^;
関係無いどころか、私の中心の大事な声を拾う事が出来ました。


私には 在る   あなたにも 在る


CDがプレ完成して、これが実現していく途中で色々出て来ると思う と
師匠から言われていたけど、完成直後から既に始まっていた様です。
今回は前回とは比べものにならないくらい具体的だから、と思います。

ついさっき、抜けたばかりで…今日のところはここまで
ワークの間に感じたことも伝えたいので、明日に続く!






                                                                                

2013.06.26     蕾の気持ち 改   
カテゴリ:写真絵




蕾たちは 蕾のままで満開だった!



昨日、蕾の気持ちを人間に置き換えて想定しましたが
言葉にした時に微かな違和感があったので、もう一度
蕾になりきって(同調して?) 感じてなおしてみたら…

(注釈:あくまでも私個人の感じ方ですが^^;)意外にも
不安でも希望でも無く、すっかりその気満々な感じ!
既に花として生きる揺ぎ無い確信に邁進する感覚です。

たとえ途中で枯れようとも、害虫や人間に食われようとも
そんなこと心配する暇があったら、ただ咲くのみ!な…。
師匠の大師匠(ややこしいな)の言葉を思い出します。

『 歩くとは、壁に当たって行き止まりでも歩き続けること 』

そんな信念を私も持ちたい。




余談ですが…ゆり根の天ぷらは、芋のようにホクホクで
かぼちゃのように甘く美味でした♪ 是~非、お試しを







                                                                                

2013.06.25     蕾の気持ち   
カテゴリ:写真絵




咲くことを待っているって どんな気持ちだろう



今日は、最新の『 花園の記憶 』良いねと言われたりコメントをもらったり
とても嬉しい気持ちの中で、思うこと満載で今もざわざわしています。

ずっとあること(どういう絵を描きたいか)を考えていて…撮影遠征の行き先も
それに沿って決めていたりします。たくさんの情景を集めて、材料にする為に。
それは“今は存在しない世界”を表すもので、昨日の絵に共鳴したその人から
私がまだ口にしていなかった『その世界の絵』を見せて欲しいと言われ仰天!

また“写真でもなければ単純に絵でもない”未聞スタイルを、逆に活用して
コラージュをベースに写真のような絵のような作品を狙うという私の意向に
『どっちでも無いではなく どっちでもあるって前向きで良いね』と大肯定が!

咄嗟になぜか両性具有の事を思い出し、どっちでもあるって最高だよね!
なんて心が躍りだして、両性具有への怒りが反転している事にも気づき
不完全な肉体のままで精神の完全性を、私ならどう実現出来るだろうか
広大ながら身近で大切な事として、再び自分の中に熱が動いています


咲くことを待つ蕾って きっと不安と期待(希望)で わくわくかな






                                                                                

2013.06.24     花園の記憶   
カテゴリ:写真絵




それは 心象



今日のスーパームーンは、雨空で残念ながら撮影出来ませんでしたが
ちょうどハイブリッド種が見頃の百合の花園の撮影はバッチリでした

たくさんのカメラ愛好家(中にはプロも)が大きな最新レンズを構えて
それぞれの心の琴線に触れるシャッターポイントを探していました。

300枚近く写した中で、最初にブログアップを決めたのはこの一枚。
おそらく…私ならではの、ポイントと加工処理だと自負する作品です

うん 気持ち良い





                                                                                

2013.06.23     SUPER MOON   
カテゴリ:LUMIX G1




19年ぶりの大接近  (写真は昨夜22日のもの)



昨日、友人宅からの帰り道にふと月が気になって撮ってみたら
なかなか妖しく♪写ったので、掲載しようとして思い出しました。
今日は地球に一番接近した時に満月を迎えるスーパームーン

月の光は潜在意識を照らす光と解釈し、今宵は三割増しと思うと
普段以上に注意深く自分に意識を向ける必要がありそうです。
(既に…昨夜から、な~んかざわざわしているんですがぁ。

19年ぶりだそうで、前回はちょうど結婚した年に起きていました。
最近、パートナーシップの観念に変化が起きている私にとっては
そんなテーマを探る明かりの一助にしようと野心してマス。 ガルル


とりあえず…今日は久々(近場に)撮影遠征に行ってきま~す!






                                                                                

2013.06.22     愛を刻む   
カテゴリ:写真絵




ここから 始まる時間



11月に出産を迎える友人に、赤ちゃん用品を届けてきました♪
娘のお古にも関わらず、ご夫婦揃って心から喜んでいただいて
(こういう言い方が合ってるか…)プチ家族になった気持ちです

家族揃って伺ったので、初のファミリー交流がまた新鮮でした♪
もうねぇ…お二人は自然に振舞っていても、らぶらぶ~で!笑
ふと、自分の結婚した当初を思い出しておりました。遠い目…。

あの頃はあの頃の、今は今の、夫婦や家族の在り方があり
変化もまた絆なのでしょうね。 友人ご夫妻の溢れる喜びに
自分が忘れていた気持ちを思い出させて貰うこと多々多々。

ありがとう~









                                                                                

2013.06.21     夏至   
カテゴリ:LUMIX G1




観る目  
※ 岡本太郎作品「万博記念公園駅前モニュメント」




今日は夏至。直前まで内部に風が吹いていたので(天気も悪かったですね)
何か大きな変動でもあるのだろうかと思っていましたが、いたって普通の日。
鍋の取っ手が壊れたり、PCのソフトが消えたりしましたが…。(普通の日?)

昨日、第2弾のアファメーションCDの作成を決めた事が分岐だったようです。
『 一番怖いものが 一番欲しいもの 』 はい…何やら非常に怖いです!
ワークの日まで、この怖がって後手に何かを隠す自分に向き合ってみます。

こうして感じていると、夏至の波動の嵐はすでに吹き終わっていたのかな?
いや…油断大敵 謙虚に謙虚に 







                                                                                

2013.06.20     換羽   
カテゴリ:




生え変わり



昨夜、ノエルのケージを見てびっくりしました…羽だらけ!!

よく卵を産む娘だった為か、滅多に換羽はしなかったので
久々に見る大量の羽の山にギョッとするくらい驚いた…
どうりで最近ナーバス(ちょっとした事で騒ぐ)だった訳だ。

明日は夏至です。 この時期に羽が新しく生え変わるのも
何かの象徴を見ているのだと思わずにはいられません。
それは、もちろん 希望 です。





                                                                                

2013.06.19     MY PLACE   
カテゴリ:写真絵




豊かな静寂



風が一通り吹き荒んだ後に、ふと辿りついた場所があります。

これは駄目! あれは駄目! こうでなくては ああでなくては
そういう自分をまた否定したり、無いを感じ尽くして理解した事、
本当に欲しいものはカタチではなくて、全てを受け止める自分。

出来るなら、否定性そのものを抱きしめ楽しんでしまうほどの。
そんな自分の愛の核で生きるって…まさに神として生きること
風向きが、どうしたらそうなれる?!の熱風に変わって来ました。





                                                                                

2013.06.18     CORE   
カテゴリ:写真絵




中心(コア)探し


なんでしょう…風が強いです。気象ではなく自分の気性が。
横を歩く人の様子や、足元に咲く花…諸々が気になりますが
まずは 意識を中へ、中心…中心… 呪文のように唱えます。

ただ…軸がズレている感覚は以前よりも遥かに分かり易くて
なるほどこういうパターンで織り成しているのか…と見ている
自分の目の視力は良くなっているようです。(老眼ですケドォ)






                                                                                

2013.06.17     許し と 癒し   
カテゴリ:写真絵




岡本太郎記念館の外壁 作「Chim↑Pom」




昨日、買い出しに出掛ける途中パトカーを見かけた。
赤色灯は回っているけれど、赤信号で停車している。
たぶん、巡回か何かの最中なのだろう。 ふと、考えた。

パトカーが巡回するのは、見回りと共にその存在を示し
犯罪予防の為。 では、パトカーがいらない世界って?
きっと、それは繋がり合っていて人の痛みが分かる世界。

じゃあ、バシャールの世界には犯罪は無いのだろうか??
(1.7.8しか読んでいないので、読み落としは失礼。)
憶測だけれど、第4密度初期にはまだあるんじゃないか?

あったとしても、この世界のような刑罰は無い気がする。
じゃあ、一体どんな風に犯罪は対処されていくのだろう。
なんて、真剣に考えていたら ふと確信?が降って来た。

~犯罪を犯してしまう、その魂の痛みを見逃しはしない~

誰かの痛みを気づかないとか、置いてけぼりはないんだ。
根拠は無いけれど、私はそのヒラメキを採用してしまった。
同時に、なんだか胸が熱く泣きたい気持ちになってきた。

師匠が言った 罪は許されるもの を改めて思い出す…。






                                                                                

2013.06.16     A Lookout Point    
カテゴリ:写真絵




立ち止まって 辺りを見回す



分かっていたつもりだけど、自分の中の様々なパーソナルは
光の元に姿を現しても (闇の中で息づいているものは当然)
無意識での力は弱まるだけで、完全に掻き消えはしない…。

油断していると、あっという間に中心軸を見失い暴走します。
その圧倒的な力を久しぶりに実感し、かなり翻弄されました。
被害者のままで放置しようものなら、報復しようと暴れる暴れる。

うっすら "今私おかしいぞ" と感じていても、対処が遅れると
自らドラマにハマってどんどん演出しはじめる…私って凄い…。
そこに正論や応酬などが押し寄せると、逃げ場を失い自爆!!

追い詰められるとどうなるか、身をもって一部始終を体験し
今まで正義やら熱意やらで、私も人を追い詰めて来た事を
悶絶しうな垂れる思いで がっくりと反省、後悔しました。

そんな時はどうして欲しいか…少しだけ時間が欲しいのです。
立ち位置に気づいてるのであれば、必ず軸に戻ると思うから。
それが逆の立場なら、万事尽くして手放す…と言うことかな。

届いたかどうかは、自分が分かります。あとは信じて待つ。
感情的になる時は一体何が起きているのか、外を見るよりも
自分の中を見ることでしか解決はしないのだと…反芻です。

今までのワークが総動員で押し寄せてます~~~っ






 
                                                                                

2013.06.15     ネモフィラ畑   
カテゴリ:LUMIX G1




それは空の色 


花畑が好きです。 花というよりも、一面の広大な花畑が。
ネモフィラには、なぜか水晶の丘ってイメージがあります。

また旬を迎えた花畑があるようなので…撮りに行こうかな






                                                                                

2013.06.14     空へと   
カテゴリ:写真絵




空へと 続く道



GWのベタな撮影先のひとつ 『 ひたち海浜公園 』 のネモフィラ畑。

視界が急に開けて、この丘が目に入った時。人が空を歩いてる?!
ギョッとしました。 本当に人が空中を歩いてる様に見えたんです。


人類は 私は 連なってどこへ向かっているのでしょうね…。







                                                                                

2013.06.13     バス電車   
カテゴリ:LUMIX G1




出っ発 進っ行~~ぅ



先日、山海塾を見に行った時に初めて乗った世田谷線。
民家の間を走る様は、浅草花屋敷のジェットコースター。
線路に茂った草が、まるでイングリッシュガーデンの様。

車両は2両編成で、運転席の横に乗車賃を入れる箱が!
大通りを渡る地点では、自動車の為に赤信号で止まる!
これは電車と言うよりはバス?…バス電車と命名したい。

地元の生活に密着していて、愛着を感じる乗り物でした

そんな世田谷線で一番心にヒットしたのが…車掌さん。
テキパキした指差し確認といい、出発を告げる声といい
なんって楽しそうなんでしょう!見ているだけで嬉しい。

みんなが あんなふうにお仕事出来たら良いですね~





                                                                                

2013.06.12     Kindred Spirit   
カテゴリ:写真絵




名古屋~東京 同じ空の下



名古屋の仲間と電話で話しました。楽しかった♪

最近、繋がっていない実感に悶絶しまくっていて
もう嫌!って やさぐれ&お疲れモードだったけど
話してたら、情熱的になってる自分に気づいて…。

なんだ 結局 やっぱり 好きなんじゃんワタシ

それはどうして? じゃあこういう時はどうしてるの?
その言葉一つ一つが真剣で、だから私も前のめり。
空を掴もうと必死で伸ばす手が何度も見えました。

私の中の同じ部分が共鳴して、人事とは思えない。
ああそうこの感じ! 上手くいってるいってないとか
出来てるとか出来てないとか そんな事じゃなくって

手を伸ばす それこそが今を真剣に生きてるって事。

やっぱり仲間って良いなぁ 質問受けたのは私だけど
それ以上にたくさんの事を教わりました。 ありがとう





                                                                                

2013.06.11     ポーポー   
カテゴリ:LUMIX G1




きっと それは ありがとう



師匠んちのポーポーちゃんを撮らせてもらえました!
カブトムシをこんなにマジマジ見たのは初めてです。
あの幼虫がこんな…何ゆえにこの姿…。 神秘的


とても大切に愛されて、世話の掛かる羽虫対策も
ちゃぶ台返しの餌の笑い話も 欠けた足先の話も
全部が温かくて、相思相愛の関係なんだなぁ~


…ノエルぅ~~~~
(感化され、愛鳥を愛でたら…メイワクそうでしたorz)






                                                                                

2013.06.10     ぴ~だま   
カテゴリ:LUMIX G1




ぽてち~ん☆



こんな可愛い "ホッとぐっず" いただきました♪

 ユーモア 大事ですね 

ここんとこ、ちょ~っとぎゅうぎゅうだったので…
バランス良く息抜きして、元気にまた頑張ります。

真面目って…良いんだけど、まっしぐらな時ほど
冷静な客観視点持ちたいものです。 バランス バランス

ヒサヨ ありがと~




                                                                                

2013.06.09     JUNE BRIDE   
カテゴリ:写真絵




包み込むような 新郎の眼差しと
ひかり輝く 新婦の燐とした笑顔
とてもお似合いの素敵なご夫婦

愛をともに生きる喜びに 心からおめでとう







                                                                                

2013.06.08     浮遊   
カテゴリ:LUMIX G1




ふわふわと 身を任せ



相変わらず、感情過敏です。 こう思いました。
これにはこれの訳がある。これがあっても良い。

相変わらず以上に、ドジです。 こう思いました。
これはこれで必然だ。こんな自分もあって良い。


とにかく、まず現状をオッケーしないことには
余計な判断ジャッジで複雑になっちゃいます。







                                                                                

2013.06.07     咆吼   
カテゴリ:写真絵




愛を求めて叫ぶ



その様は、私にはまさにこんな風に感じます。
人の中にも、もちろん自分の中にこそ一番強く。

最近の出来事踏まえ、これを観ていると…恐ろしい雄叫びが
助けを求めて泣き叫んでいるようで、喉が絞られる思いです。

こんな風に誰かが叫んでも、分離した私たちには届かない。
誰にも気づかれず放置されている叫び。いたたまれない気持。

まだかなりバラバラなんですが…個人セッションとその経過で
今までとは真逆の方向に微かな希望を感じ、繋がりそうです。

そのキーワードは『 不完全な肉体の中の、完全なる魂性 』

これは私の鍵なので…誰かの役に立つか分かりませんが
現在進行形最前線で、またしても生放送でお送りしました。

理論整然とお話出来たら言いのですが、 流れが…速い。




今日は親愛なる友人の結婚式。喜びを分かち合いに行って来ます!
(そんなメデタイ日に、こんな画を掲載してしまってヨイノダロウカ…




                                                                                

2013.06.06     愛 と 憎   
カテゴリ:LUMIX G1




愛を考える



昨日の一件、やるだけやって 最後に自分の愛を信頼したら
もうほとんど問題は無くなっていた。後は、どうなっても大丈夫。

コントロール不能な自分(それも同じ部分を持つ人格)が一瞬
暴れるけれど、そこを踏ん張って ほんの少しでも目線を引いて
相手の事情・心情、それから自分の感情を相対的に捉えれば
なんっとか不毛な戦争は避けられる。要は自分には無いと叫び
愛なんか無いと不貞腐れてるだけなんだから。それが憎しみの姿。

過去は仕方ないと思う。なるべくして、そうなってきた事情がある。
けれど、未来まで仕方ないと諦めるのは能動的放棄でしかない。
まして、そこに悪意なんか乗せてはいけない。問題は外ぢゃない。

悪意を振られた痛みを忘れたくない。私もまたやっている事だから。
自分の痛みから目を反らしたくない。受け止められる強さが欲しい。
人を受け止めるのだと勘違いしていた。何より先決は自分の痛み。
それが出来てはじめて、人の痛みが自分の事として痛感出来る。

今回の一件は、がっつりそれを感じさて貰えた。ありがたい事だった。
うん、相手の反応が怖くないと言えば嘘になるけど。でも、大丈夫!







                                                                                

2013.06.05     生放送   
カテゴリ:LUMIX G1



愛であることをカタチにしたら…



現実は自分が創造している 信じているものが現実になる
ゆえに
否定的観念を書き換え、自分を信頼すれば魂の望みは叶う

自分の愛に従ってすることは、相手のニーズにも適っている
ゆえに
自分が本当にしたい事をして繋がれば、全員が満たされる

誰かが得て、誰かが得ない なんてことは無い世界が創れる


…と、どうしても言わざる得ない状況に腹を括って口にしたら
『 ホントにそんなこと信じてるの? お気楽で良いね! 』
…と、返って来た。 しかもそこには悪意と攻撃が乗って…。

悲しいやら 悔しいやら 腹が立つ …のは何でだろう?
やってもいない奴に言われたくなんかない! 激しい怒り。
でも…ホントに私はやってるんだろうか。師匠を思い出す。

彼ほどにはやっていない。言えない自分がいる。だから悔しい。
せめて、今愛であるにはどうしたら良いのか、必死に考えた。
自分にあったと思われる非は認め謝罪し、自分の信念は曲げず
感じたことは率直に伝え、攻撃は嫌だとちゃんと言えた。

それだけでは、まだなんだか感情がぐちゃぐちゃだったけれど
もう一度、今愛であるなら何が出来るか 再び必死に考えた。
自分の信念を貫いたら、後はもう手放す。見返りは期待しない。

そして、まだまだ未熟でも、愛であったことを自分で認める。

それだけやり尽したら、やっと心が落ち着いた。やりきった…。



                                                                                

2013.06.04     魂の存在   
カテゴリ:LUMIX G1



ここに重なる時空


ワークで、現在過去未来の自分で三角になって瞑想した事があります。
過去の自分と未来の自分は、その瞬間を認識していた(いる)と思われ、
今ここの私だけが、それをただイメージするしかないという切れっぷり具合。

そんなことを思っていたら…この先へ進むために大事なことに気づきました。
自分の本体がこの肉体ではなく魂の存在であると、本気で受け入れること。
今、自分はそれをどこまで信じているのだろう。正直なかなか怖い選択です。






                                                                                

2013.06.03     何をどう使うか   
カテゴリ:LUMIX G1




ソレは 何に使うもの?


世界が変わったら 自分も楽に変われるのに
なんて…、甘いことを考えたくなっています。

銃所持を容認のアメリカで、自ら銃を手放すと決められる人は 
どれだけ強いだろう…周囲はまだ銃を持ってるっていうのに!

自分を支えるのにどれだけ自分の愛が強くなればいいんだろう
一切人に求めず… そんなことが、自分に出来るんだろうか…。

なんてこと 考えてます。

罪を許すということが、恐れの循環を断ち切る突破口になる事を
私なりの根拠を持って確信したものの、本気でそれを生きるとは
頭で考えるよりも口で言うよりも、そんなに簡単な事じゃない…。

真剣に考えれば考えるほど、現実に行動しようとすればするほど
自分の愛を強化する事が何よりも最優先だと キリキリ感じます。

なにかが オエ~ としたい気配。  あ、失礼~<(_ _)>





                                                                                

2013.06.02     ARTIST   
カテゴリ:LUMIX G1




セナ(背中) デ カタ(語)ル・・・



一昨日の山海塾に引き続き、昨日も2年ぶり?に岡本太郎記念館へ。

『明日への神話』に描き足しした「Chim↑Pom」とのコラボ展示中で
前回と大部様相が違っていました。アトリエもコラボ作品になっていて
残念だった反面、コラボで止まった時間に今という命が注がれた…とも。

若いアート集団の行為をたんなるイタズラで済まさずに、表現だと捉え
事もあろうに太郎の家という拠点に彼らの表現を招き入れてしまった。
その精神(記念館側)そのものが、岡本太郎が残していった遺志のよう。

ここ重なりますが…アートは生き様、表現で語っている様を浴びました。



一緒に行ったヒサヨのブログにも書いてありますが、2階は異空間です。
肉体の波動がぐにゅっと絞られて、無言の魍魎と化します 注意デス。




                                                                                

2013.06.01     ART   
カテゴリ:LUMIX G1




それは 繋がり(全体感)のカタチ



昨日は『 山海塾 』を観に行きました。 随分久しぶりの鑑賞です。
相変わらず頭で理解するのは無理で、自分を感じてみましたら…
予想以上に楽しんでいて、体が一緒に動こうと勝手にうずうず 

後半のトークショーがまた良かった。天児(あまがつ)氏の創作は
ベースにある繋がり(循環)から生まれているんだと理解しました。

演目だけでなく、最後の挨拶の所作までもが芸術的表現だった。
アートとは生き様のカタチなんだなぁ。何だか、ご馳走様でした
誘われなければ観に行く機会も無かった筈。 ありがとうミエコ



今日は…岡本太郎のアトリエで彼の波動を味わって参りま~す!