プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2013.08.31     サグラダ・ファミリア   
カテゴリ:写真絵






創造は一瞬一瞬の完成が連なって形になる



完成って何だろう? 完全なる完成は無いって思いました。
また正反対に、全てこの瞬間に完成してるとも思いました。

今この瞬間がアートなんだって 言いたかったんです






                                                                                

2013.08.30     ぐるぐる グル   
カテゴリ:写真絵





自分の中が船酔いで 気持ち悪い・・・



ずっと自分を感じていると刻々と瞬時に変化している
肯定ばかりでなく否定ばかりでもなく、実に多種多様
ただ、判断が入ると途端に振り回され始めます…


私はグルである…  
なんて冗談言う自分も 一緒にぐるぐる回転中~





                                                                                

2013.08.29     Break Time   
カテゴリ:写真絵






この瞬間も あぁ 生きてる・・・  



Break Time = 壊す 破る 継続を中断する の意 
息抜きという意味だけでは無い事に何故かHit  







                                                                                

2013.08.28     恐れ   
カテゴリ:写真絵





怖いよぉっ 


自分の信じることを主張すると摩擦が起こると恐れている
その抵抗に前もって盾と言う名の武器を構える自分がいる
誰も何も攻撃してはいないのに 攻撃されると思い込んで


でも その戦いですら全部自分の中の戦いなんだよなぁ











                                                                                

2013.08.27     幻想   
カテゴリ:写真絵






 本当に触れられるのかなぁ… 竜宮城は水の中


バシャールは夢(イメージ)の方が現実なのだと言います。
『 自分が信じているものが現実になる 』水の中はどっち?








                                                                                

2013.08.26     シャッター   
カテゴリ:写真絵





閉じています

閉じたシャッターの向こうには 豊かさが陳列されていて
『無い』ということさえ 『無い』状態が在る豊かさの一部



                                                                                

2013.08.25     負の波紋   
カテゴリ:写真絵






否定性を否定すると 否定性に囚われる






                                                                                

2013.08.24     写真絵   
カテゴリ:写真絵








どこかに属していないと 認めてもらえない不安があった

写真でもない 絵でもない …そんな事はどっちでも良い

その曖昧な表現が とても好きなんだと今日気づいた








                                                                                

2013.08.23     聖人   
カテゴリ:写真絵






聖人 正人 私の中の道徳的なロッテンマイヤー婦人

その正しさの主張で 正しくないものを作り出している





                                                                                

2013.08.22     瞬刻   
カテゴリ:写真絵






『一期一会 』は 特別なものではなかったんだ

今この瞬間だって 二度と無い瞬間との出会い



昨日から 我が家の夏休みです






                                                                                

2013.08.21     地に這っても   
カテゴリ:写真絵






これだけは これだけは 手放すものか。。。

手にしているものは切望? それとも観念?






                                                                                

2013.08.20     もがいています   
カテゴリ:写真絵






破壊衝動を表現したかったのに上手く行かない
まだそんな自分を否定しているからだろうか… 
煮え切らない苛立ち こうじゃないってばっっ

本日はもがき画 ややヤケッパチです<(_ _)>





                                                                                

2013.08.19     旅はまだ終わらない   
カテゴリ:写真絵





深い感慨と微かな希望に感じる 静かな喜びの波紋と

気付かれないように沈んでいく ヤサグレた面倒臭さ

“在る”視点と “無い”視点の それぞれの真実







                                                                                

2013.08.17     花屋   
カテゴリ:写真絵






幼稚園の頃、人生で初めて目指した職業は お花屋さん だった。

『世界でひとつだけの花』が聞こえる。うん確かに目指している。



本日は、苦肉の策で休憩画です <(_ _)>





                                                                                

2013.08.16     チューニング   
カテゴリ:写真絵







なんで、私の声が届かないの! なんで、話を聞いてくれないの!

ずっと、そう思ってた。 だけど、その叫びは私自身に向かっていた。

私こそが聞いて来なかった。 世界はそれを見せてくれていただけ。


ただいま、チューニング中







                                                                                

2013.08.15     動脈   
カテゴリ:写真絵






何時いかなる時も 声を上げ続けていた
自分だけが 本当の声に耳を塞いでいた




                                                                                

2013.08.14     ラウレアの花   
カテゴリ:写真絵






 
私を見て 私はここよ と言っていたんだ






                                                                                

2013.08.13     黎明   
カテゴリ:LUMIX G1







昨日までの心の気流は、今日はもう違う場所を吹いています。
何故今日はこれなのか、画を感じて浮かんだ言葉は 『 黎明 』

新しい事柄が始まろうとすること。

辞書を引き初めて意味を知りました。自分が一番驚いています。





                                                                                

2013.08.12     巣   
カテゴリ:写真絵




 
 否定性を否定する無限ループの中では 
 多様な思考が全て壊死するかのよう…






                                                                                

2013.08.11     そっか!   
カテゴリ:LUMIX G1




灯台元暗し



否定性のパーソナルは幸せになりたくないと目を背ける
と言うよりも…幸せになれっこないと信じ込んでいるから
肯定性を恨んでいて、主軸を掌握されても気付かない。

大体そういう時は、何か重くて頭悪い子ちゃんになる^^;

今の私はまだ否定性を否定していると再々自覚しました。
ここで『 だから私は駄目なんだ 』となっては永遠の不毛。
全てチャンス(肯定的理由)に置き換える事を教わりました

灯台の光を発見した心地。今までも何度も聞いていたけど
今までに無く大きな納得は、これから形にしていきます。
やっぱり…ワークは素晴らしい。 ありがとうございます。









                                                                                

2013.08.10     蟹   
カテゴリ:写真絵




カ 二 ?



目に入った瞬間…この足の長さのせいか、蜘蛛かと思いました。
( 実際の寸法は横が大体80~90cmくらいです。大きい! )

昆虫にしてもそうですが、どうしてこんな形をしてるんだろう~。
そんなこと言ったら、人間だって何でこの形なんだろう~ですが。

最近、子供みたいに 『 なんで?なんで? 』病気味なんです



これもUWヘリアー君。寄っても全体が入るのは、感動でした♪





                                                                                

2013.08.09     真っ赤に燃える   
カテゴリ:LUMIX G1




真夏の太陽…



を、越えてます!暑すぎる 元々暑いのは苦手ですが…
冷房が部屋を冷やしてくれていても、暑いってどういうこと?
なんか…外は関係なくって、自分の中が燃えてるみたい

外は呼吸がし難いくらいで、明日はもっと暑いって?!…南無。
地球はどうしちゃったんでしょう。これも周波数の成す事??




                                                                                

2013.08.08     Adam and Eve   
カテゴリ:写真絵




食べた知恵の実は、マンゴーでは無かったか?




この像は、恐らく都庁側から見るのが正位置だと思われますが
裏に回りこんで仰ぎ見るこのショットが、私にはベストポジション。

アダムとイブの神話がこんなにも長く広く言い伝えられて来たのは
その中に細胞の記憶があったからでしょうか。分離の象徴の様です。

そこに感じる(私が感じた)無力感と、この権力の象徴のような都庁。
これをここに造った作家に、一体どんな意図があったのか不思議…。






                                                                                

2013.08.07     陽を仰ぎ   
カテゴリ:写真絵




ひたむきに追い続ける・・・



昨日の気付きが、今日そのまま活かされる体験をしました。
ひとつの循環から得た気付きが、他の人の気付きに繋がり
より深い理解が得られた事で、自分の情熱に触れました。

こんな風に日々の出来事が(即効!)繋がってくるなんて…
不思議でもありますが、とても嬉しくて満たされる心地です。

私の深い場所のアンテナは、常に同じ方向を目指している…
そんな気がしました。分かち合えた友人に…心からありがとう





                                                                                

2013.08.06     囚われの向こう   
カテゴリ:LUMIX G1




3~歩進っんで2歩下っがる   け~ど まった進っむ♪



今日は朝から目に見えない薄~い壁を感じて、重苦しい一日でした。
その重さにどんどん引き込まれ、心身共に腐っていくような嫌な感じ。

夕方、友人からの一報がキッカケで、自分の状態を客観的に見たら
元気ハツラツでない状態を駄目だと判断し否定していることを発見。
その事実を認めた途端、腹の奥から今日初めて鮮明な感情が噴出!

もう がんばりたくないのっっ  もう 嫌なのっっ  

具合良く、機嫌良く、元気に、明るく、出来る子でいなきゃイケナイ。
憂鬱で重い毎日を、私は大丈夫って演じてた幼い頃の自分でした。
誰にも言えず麻痺させていた思いを、一段深く感じてあげられました。

それを受け止めた瞬間に、薄い膜のような壁が消えて感度が復活。
友人との会話でも、自分の感覚を信じて交流する事で循環が回復し
お腹の奥が ぼっ って音を立てて温かく、視界も鮮明になりました。

底無し沼に足を取られて、いつ抜けるのか分からなかった日中の重さが
今は草原にでも出たかのように、軽く、広く、何だかとても楽チンです。
地獄と天国を駆け抜けた一日でした^^; キッカケをくれた友人に感謝

ちゃんと繋がっているよ ありがとう!


                                                                                

2013.08.05     多面体   
カテゴリ:写真絵




 未知のネットワーク



今日は久々にじっくり時間が取れたので、暫く休止していた
バシャールの書き写しと、アウト・オン・ア・リムを読み進めました。
驚いた事に、現実創造についての理解を深める内容が
どちらにも読み取れ、それは、まさに今 私が求めるもの。

加えて、この夏の宮崎アニメ『風たちぬ』の主題歌を歌う
ユーミンのコメント記事にも、同じものが読み取れました。

昨日ブログに書いたことですが、結果が先に在るということ。

符号が一致するような…全てが同じ方向に向かっているような
そんな感覚に 『 多面体 』的な繋がりを感じて…この写真です。
ちょっと宇宙船っぽいナと思うのは、どっから来るのでしょ





                                                                                

2013.08.04     どうしても   
カテゴリ:写真絵




走る~ 走る~ 俺~た~ち~



新聞の端っこに掲載されていた広告に目が留まり、撮りたくなった。
1時間あれば行ける場所だし…と思っていたら、予定外の用事が入り
なかなか出られずにとうとう夕方。入館終了まで1時間を切っていた。

間に合ったとしても閉館まで30分しか無い。館内全部見て回るのに
2時間掛かると書いてあった。入館料とか時間とか損得勘定が動く。
でも完成図が鮮明で、狙ったモノだけでも ど~しても撮りたかった。

行くだけ行ってみよう! 駄目だったらその周辺で獲物を探せば良い。

結果、入館時間ギリギリで到着し、獲物は予想以上にじっくり激写。
大満足したわけですが、向かう道中に感じていたものは“楽しい!”
諦めないで向かう事だけで、すでに充分満足してしまっていました。

間に合うか、撮れるか、はイチかバチかだったにも関わらず です。
本当に不思議な事ですが、満足しているとその結果が得られる…
感覚が先で現実はその感覚を忠実に再現する、そんな体験でした。


そう思うと…アファメーションとは、先に結果を作る作業なんだなぁ。





                                                                                

2013.08.03     再会   
カテゴリ:LUMIX G1




会えて良かった



今朝は連絡いただいて、東京に来ていた友人に会いに行きました。
ほんの少しの時間だったけれど、半年ぶりとは思えない心の距離に
席に着くや否や…色々聞きたかった事、互いの状況など話に夢中!

ここ最近、慣れ親しんだ否定的観念(無力感等)が再浮上していて
あまり良い状態では無かったのですが、その状態であったとしても
それはそれ、今は今、会える時に会いに行ってやっぱり良かった

話をしている間に、そこかしこで自分が何を信頼しているかに触れ
ああなんだ…心の奥にはこんなにも熱い情熱があるじゃないか と
雲上の太陽を感じた気がしました。真剣に話しが出来たお陰です。
 
こちらからwell come!のお誘いが出来なくて ごめんね
都合合わなくても諦めずに声を掛けてくれて ありがとう
今度は名古屋で会えるのを楽しみにしています (*^_^*)





                                                                                

2013.08.02     コンタクト   
カテゴリ:LUMIX G1




何を語りかけているの?



またまたヒマワリ続投です。 思わぬ贈り物でいただきました。
生けてある花を見て旦那が一言 「昔のママみたいだね」 はぃ
かつて私が出会った頃の旦那を、ひまわり少年と名付けました。

人に見るものは、自分の中にもあるもの とすれば…私も???
ひまわりに象徴したものは一体何だったのか、目下考え中です。
なんでしょ…過去を思い出したり、感じたりする機会が多いなぁ。


寄って撮りたかったので、意表を突き 望遠で狙いましたが失敗!
ふと思い出して、久々にキャノンF1.2を使いました。 良い~
ほぼ無加工でこの柔らかさとこの滲み。良い~じゃないですか。

過去の取り残しも、こんな風に再発見を求めて声を上げてるのかな。






                                                                                

2013.08.01     8月!   
カテゴリ:LUMIX G1




真夏の壁



その名の通り、大きな壁と背中合わせを感じています。
心の支えは…未来に在る私の魂からの見えないエール。

8月スタート早々、激しい睡魔に襲われています…