プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.06.30     アラジン   
カテゴリ:LUMIX G1





こすったら 水の精とか出て来そう



ご存じアラジンウォーターサーバー。前の1.3ℓのは不注意で破損してしまったので
買い直したものですが、調理時に何回も汲み直すのが手間で前のより一回り大きい
2.5ℓサイズを注文しました。 帰宅したら届いていて、開けてその大きさにびっくり!

大きければ良いってもんじゃないけど、これはなんだか神々しい威風堂々さです。笑
528Hzで調整した水晶水で満たされているからでしょうか。 波動が風のようです。
一気に使える水量が増えたので家事の効率もあがる上に、空間浄化で一石二鳥♪

購入をご検討の方の為に、比較にUMOを配置。多少重いけど片手で持てますよ。
( 糖質制限で衰えた筋力のトレーニングにも良いかも? 色々楽しみながら効果的







                                                                                

2014.06.29     車に教わったこと   
カテゴリ:LUMIX G1






バトンタッチ! 意思はしっかり継いでくれている



昨日朝、娘が言った。『小さい頃は、ちょっとしたことでも心がはち切れそうに
嬉しかったのに、段々それが無くなる。寂しい。』と。確かにそうだなと思った。
私も幼い頃は、新しいお絵かき帳を買って貰っただけで、飛び跳ねて喜んだ。
新車を迎えるのに、そんなに感動を感じない…と彼女は言いたかったらしい。

私も愛着が強い分、確かに はち切れんばかりって程の喜びでは無かった。
が、 出庫スタンバイされていた車が目に入った瞬間、ぞくぞくっと時めいた。
なんだちゃんと嬉しいじゃないか、ほっとした。新旧並べて記念写真を撮り、
荷物の入れ替えをした。予想以上の快適さで素敵だった。やっぱり嬉しい♪

前車は、迎えてすぐに経済状況が悪くなり、私は内職を探し回って幾つかの
大失敗をし、内職を始めて間もなく酷い皮膚疾患を発症するなど色々あった。
共に過ごした14年間を思い出しながら、いよいよいざ乗り換えてお別れの時。
急に幼子を置き去るような気持ちになって『ゴメンネ!ゴメンネ!』と何度も謝った。

『これじゃイカン! ちゃんと感謝して別れたい!』目も心も全開で車を見た。
一瞬それまで『行っちゃうの?』って言ってるみたいな車の表情?が変わり
『一杯しあわせだったよ!ありがとう!』って温かさ感じた。車がそんな事を
言うわけないかもだが確かに感じた。後悔ではなく感謝でさよならを言えた。

ドラマティックだなぁ~苦笑。 でも、これは私の心に起きた真実。あの声は
私自身のものだと思った。私が幸せだったことを受け止めたのだと。それは
ノエルの時と似ていた。生き物でなくても、愛あれば同じなのかもしれない。
なら、やはり対象ではなく自分自身がどうだったかなのだな…と思えました。

理由は分からないけど、前の車を沢山愛したからこそ今度の車に出逢えたと
思えて、それが真実の様な気がしました。今度の車とも仲良く出来そうです。
そして
家で出迎えた娘も自分のipodで夢中で写真を撮りまくり(笑)楽しそうでした
(今思うと…感動は優先順位の違いじゃないかしら。人それぞれ違うものね








                                                                                

2014.06.28     菖蒲園   
カテゴリ:LUMIX G1





気持ち良い風が吹いていた日



結局、先週末に行った菖蒲園が長年の愛車で行く最後の撮影になりました。
本日 納車です♪ 望んだ通りのカスタマイズにナンバーも指定で取りました。
私の提案を家族が合意で 『 求道者 』 道を究めて昇天しないようにしなきゃ。

旦那は最後に手洗い洗車で車とのお別れを惜しんだようです。私はと言えば
特に何もすることがありませんでした。 なぜなら、あの車は本っ当に大好きで
乗る度に思う度に『 良い車だ♪ この子が一番! この子の代わりは無い。』と
常時楽しんでいたからだと思います。存分に愛したので悔いが無いんですね。
( 前出のとおり国産の普通のミニバンです。決して高級車ではありませんb )

かなり古いので廃車になって、昨日のブログではないけど解体されるのかと
思っていたら、どうやら次の持ち主さんが現れそうです。大事に大事に乗って
( 新車の時に装着した専用のシートカバーもそのままな程 ) いたので、どうか
大切にして貰えますようにと、車の幸せ?を願いながら見送りたいと思います。


おや…休日なのに旦那がもう起きたみたい。わくわくして寝てられないんだな。^m^







                                                                                

2014.06.27     解体   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M





かつて 大海を渡った船



造船は作るのも大変そうだけど、解体はもっと大変そうだなと思う。
人の観念もそうかもしれない。 かつて、役に立っていてくれたもの。

長い間の航海 ご苦労様でした と 言いたくなった。








                                                                                

2014.06.26     椅子   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M






ここに座る主人公は あなた



函館のラッキーピエロというレストランの特集を見ました。
その社長曰く。 1に美味しい。2に安全。3どこでも楽しく。
4にびっくり・感動・感激。を大切にしているのだそうです。

この4番目に惹き付けられ、私はそれを こう言い換えたいと
思った。その感動や感激を “自分自身に感じてもらいたい”
その喜びの波動を分かち合うことが至福だと妄想します



この椅子、大木をくり抜いて作ってあるんですよ~美しかった
館内が薄暗くて撮影ギリギリ照度でした。 腕が欲しいなぁ…。





                                                                                

2014.06.25     現場にて 2   
カテゴリ:LUMIX G1





あるがままを受け入れる強さ




自分の情に直面しました。 具体的に言えば…ある参加者さんの場合
思うように繊細な力加減が出来ません。なので、かなりサポートとして
作品作りに介入するのですが…例えば紙粘土など素材が脆いものは
気をつけていないと握りつぶしてしまいます。思うように筆を運ぶことも
思った場所を削ることも出来ない。見かねて手を出してしまうと、どこで
引いたら良いのか分からなくて、いつも 長く関わり過ぎないように~ と
注意を受けます。でも、目を離すと折角の作品が壊れてしまうジレンマ。
何回目かの時に、ご本人が(例えばナスだったと仮定し。)自分の作品を
『 これナスに見えない… 』とボソッと仰ったんです。とても繊細な感度を
お持ちだからこその“こうじゃない”って気持ちを切なく感じてしまって…
そう私が痛かったんです。ここ何回かの間どうして良いか悩んでいました。

でも、メインリードを努めてくださる方の 『 たとえ壊れてしまったとしても、
それも含めて作品 』という一言を何度も反芻している内に目が覚めました。
私は出来ないことを憂い、私の思う良い作品に誘導しようとしていたんです。
参加者はご高齢者で軽度~中度の認知症患者さんです。なのに健常者の
ようなものを作らせてあげなければと、傲慢な勘違いがありました。 痛い。

私は私自身の痛みを受け止められていなかったんです。(故に相手の痛みも)
万が一 作品が壊れてしまったら、その時 共にその痛みを分かち合い、そして
出来る限りの方法を見つけ出せば良い。現場には心強い先輩が沢山います。
私ひとりでやろうとしていました。 みなさんの力を借りれば良かったんです。

作品を壊さないようにと手を出し過ぎて、今のご本人が創造していく表現を
制限するのではなく、ギリギリまでご本人のエッセンスが生まれていく事を
見守る側の立ち場で、あるがままのその方の姿を信頼し 感じ 愛する事こそ
本当の尊重であるとやっと気づきました。それらの実行には覚悟がいります。
どんな痛みも、逃げたり 避けたりしないで 受け入れる。 そう、決めました。

私のしていた事の実態は、あるがままの作品の否定だったんですね。痛い。
情です。しかも思い込みの愛情。ここまで気づいたら胸が一杯になりました。
痛みを受け入れる怖さと、痛みを避けたばかりに尊重がなかった申し訳なさ。
だからこそ、真に強くなって何があっても相手の心が折れたとしても寄り添い
そのままで素晴らしいと心から感じ伝えられる存在になりたいと強く思います。

これって宇宙の愛?と同じですね。痛いものは痛いんです。それで良い。
そして、これはそのまま私が私自身にもしてあげていくこと。癒やしです。
非常に手痛い気付きでしたが、まさに私の根幹。 気づけた事が嬉しい。





今思うのは、臨床美術士の立場は目の前の人を愛することだけってこと。
技術や知識はその為のもの。これは私の こころ・え教室にも繋がります。
自分が楽しみ、幸せを感じるため。 師匠のワークは確かにそうでしたネ



本日も長丁場になりました。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます<(_ _)>






                                                                                

2014.06.24     現場にて 1   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M





人間って…複雑だなぁ 誤解とか自分の意地で自分も人も不幸にしている…




昨日のボランティアでは観るべきもの考えるべきもの満載でした。
目的や目標を持つと、持たない場合とでは得るものは大違いです。
自分が自分に対し、最善必然な事を必ず返してくれる。周囲もまた
目に見えない繋がりで ( 魂が、なのかな ) サポートしてくれます。

ふとよぎる感覚…( 肯定的なものも、否定的なものも )そのふっと
感じる微かな感覚が、今とても重要なことであったりしています。
気になって確かめると、ああやっぱり目に見えない場所で大事な
真実があったんだと気づく事が多く、繊細さが益々要求されます。

1つのことに関して真逆な2つのエネルギーが動いている。って
感じでしょうか。 でもよくよく確かめないと、どっちがどっちだか
分からない状態です。どちらもその存在にとっては正しいから。
どちらにも属さない客観視と、双方の立場になってみる主観性と
その2つを用いて、さらにどちらを選択するかが問われています。

( 特定関係者に関わることなので、具体的な事象は伏せました。
 エッセンスだけでまとめたので、抽象的ですいません。)

でも…難しいことは脇において、実にシンプルな結論に至ります。
自分に正直にさえなれば、問題はかなり激減する。ってことです。
( 相手がどうかを気にしなければ、自分側の問題は壊滅します。)

その経緯として…観念を外さないと素直になれない とか、観念は
まず在るという事実に気付き、判断せずに認める必要がある とか
技術があって、それらは 『 今、何を感じているか 』 が手掛かりに
なっているという…やっぱり王道に戻ります。後は実践あるのみ。

実際にやればやるだけ得る。やらなきゃ損ですね。どうして良いか
わからなくなったら、今何感じてるんだろう…そこに帰るだけ。
“ 正直で さえ あれば ”

  




                                                                                

2014.06.23     杉玉   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M





新酒が出来た知らせ… つまりウェルカムの意ですね♪




昨日は色々書きましたが、セッションでは私の教室についても触れ
私が思っている以上のテーマがある( らしい )事を持ち帰りました。
言われるままではなく、自分の認識と重なるので 意識的でいます。

臨床美術の可能性とそのノウハウを、どう私は拾い上げて使うか
今日もボランティア現場で自分と向き合いながら考察して来ます。
私は一体 どこに、なにに、喜びを感じるのか ( ボランティアという
行為はその対象ではありません。) 私なりの本日のテーマです。

私の酒蔵は、まだ熟成発酵期間中です












                                                                                

2014.06.22     真実の芽   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M






確かに それは育っていました



21日、某外人チャネラーさんの個人セッションを受けて来ました。
師匠の個人セッション以外のリーディングは数年以来久々です。

師匠の30代の時のテープを聴いた時に、自分も進むべき方向を
確認したくなって申し込んでいたものの、来日キャンセルになって
1度は流れた話がここに来てのチャンス再来で行って参りました。
彼女はバシャールをチャネリングするダリル氏と同じ先生に学び
そのせいか同じ方向性を感じ安心感がありました。ハートフルで
豊かな表現力に溢れた、パワフルなエンターテイメントでした。

私が今回得た一番大きな発見は…
『 もうこの手の情報やヒーリングは要らない 』 って事でした。

チャネリングは明解で的確、情報も合点がいく事ばかりでしたし
幾つかの役立ちそうなアドヴァイスも得られましたが、いつもの
ワークのような驚きと発見には至らず、途中からは話の内容より
彼女の波動に集中しました。それが一番適切だと思ったのです。

途中で今どんな感じか知りたいと聞かれ、肯定的な波動を感じて
いることと、心は静かで正直あまり動いていない事を伝えました。
それは1つの挑戦だったかもしれません。別の意味で完璧でした。

終わって直ぐ、いてもたってもいられなくて 師匠に電話しました。
師匠のワークがどれだけ素晴らしいか! ありがとうが言いたくて
今回のチャネラーさんも実力ある素晴らしい方です。でもね、違うの。
新鮮さも好奇心もとうにずっと先に来ていたんです。いつの間にか!
コツコツと積み重ねていた事が、実感としてハッキリ分かりました。

今回のセッションは、ある程度自分を観ることが出来れば、意識の
届く範囲の事を伝えてくれていたと感じています。そう思うのは…
師匠のワークでは常に一歩先、自分ではまだ手の届かない領域を
指し示してくれているから。それ故になかなか理解出来なかったり
実感が無いばかりに受け取れない事も多々ありました。それでも
目の前の相手の反応で自己満足などせず、見えないものを信頼して
一歩も引かず、でも押しつけるでもなく、絶妙 最善 適切な方法で
揺るぎなく向き合ってくれて居た事は並大抵ではないと思います。

私はまだ相手の反応に怯えます。師匠にも、そういう気持ちだって
あると知っています。でも、信念はそれに勝るんですね。ぶれない。
私は…そういう師匠のエッセンスを…継いでいきたいと…憧れます。
ほらね、今この瞬間とても心が熱く震えています。こんなものを
感じるんですもの、自分の中から渾々と湧くこの感覚があるから
与えて貰うようなセッションには、もう魅力も興味もないのです。

彼女のセッションの恐らく売り?は、よりまし…巫女なのですが
( 実は知らないで行きました^^; ) 率直な感想は、その大事な
解放と統合を本人の代わりに出来るとは思えない。出来たとしても
私はその方法を好まない。私は自分で出来る力が欲しいし、それを
提供していきたい。やってあげる必要は一体どこにあるのか です。

これはレムリアでの私とは真逆の思考です。これまでの私とは逆です。
率先して自己犠牲と共に情を与えていた自分。今までの自分が後退し
しかも、その自分と未来の自分が統合されていくのだと、私の奥深くの
声がそう言っています。 逆説ですが、今回のセッションのお陰です。

ともすれば 『 だから要らない 』 と切り捨ててしまいそうな今回の経験を
師匠は電話で『 初心者には使える方法 』だと、一歩先の視点を教えて
くれました。“私が出来る事を相手も出来るとは限らない” 師匠の大きな
気付きの1つが、こうして私にも貴重な道しるべとなってくれています。
師匠と話し得た事で、今回のセッションは完成したようなものでした。

色々書きましたが決して今回の先生を否定はしていません。素晴らしい
チャネラーさんでした。 こんな気付きを沢山発見させて貰えました。 でも
それはこれまでの師匠の教えと、自分の努力あってこそ と自負します。
セッションは丁度夏至の日でした。 まさにタイミングだったと思います。

Mizzyのワークの素晴らしさは日々感じていますが、後から実感する時に
もっと大きな視点での素晴らしさの真髄が見えてきます。 感無量です。
Mizzy ありがとう これからも背中を追い続けます


今日も大興奮で長くなりました~ <(_ _)>





                                                                                

2014.06.21     階段   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M





今 ここを 一歩一歩踏みしめて 辿り着く先




風邪は喉だけになりましたが、荒れて声がほとんど出ません。
アドバイスに従って立ち止まり、目の前の事を感じていました。
 
すると…

全てのものは宇宙に認められて、中立に存在する。それに対し
どう意味・価値付けるか、それはそれぞれ個々の人間の判断。

限界は私が引いた思い込みの観念。中立である世界でどんな
ふうに感じるか、どんなふうに立ち振る舞うか全てが自分次第。

こんな理解に至り

新しいことではないのに、まるで初めて知ったかのような驚きを
伴って実感することがありました。 同じ世界が違って見えます。











                                                                                

2014.06.20     観察   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M





うち捨てられたモノ達の魂に耳を傾ける・・・




ここしばらく…風邪を引く前から、体調がなんとなく不調でしたが
(梅雨の時期の恒例かも) その影響か、否定的な感情が頻繁に
浮上してきたり、びっくりするような(ここでは言えません)悪夢を
見ています。なので、この際腹をくくって、否定性を観察中です。

最初は( 特に夢は )自分の否定的な感情を否定・判断しましたが
段々と、あるものはある! 目を背けても仕方ない、じっくり隅々まで
見てやろうじゃないかという好奇心に変わって来ました。それには…
以前師匠が言った『第三密度における正しさ』の視点が有効でした。

この磁場?重力?波動?の中に、これを経験したくて生まれた。
それを採用すれば、かなり判断が抜けます。良い悪いではなくて
正しい間違っているでもなくて、それはただそういうものだ…と。

この時期に及んで遠回りしているような、わざわざ離れていくような
不安もあります。でも、これが身についたらどれだけ自分自身への
理解が深まるでしょう。ここを知れば、次の選択が明確になります。
不安を小脇に…今の状況の必要性を確信している自分もいます。


補足: 観察する筈が、取り込まれて成りきってしまわないかという
  試練?訓練?のようでもあります。 ヒイ~~ヒイ~~






                                                                                

2014.06.19     れんげ   
カテゴリ:LUMIX G1





なんでもない風景。。。



こういうのをハッセルで撮りたいんです。旬の花を撮りに行った帰り道に
これだ!っと雑草の中に分け入って夢中で撮った熱意は、メイン会場を
上回っていました^^; やっぱり私はなんでもないものに惹かれますね。
( この時はメイン会場でフィルムを使い果たしてしまいました…残念。 )

ただ、今だ!って瞬間は結構時間が掛かるので、やはり…コンタクトの
ようにディレクターチェアでも用意して丸一日じっくり撮影してみたいな。
お気に入りの珈琲もその場で沸かして、波動スピーカーも…。 無理か









                                                                                

2014.06.18     BIG TREE   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M





BIGMATERのような大きさと強さに憧れる。。。



先日のワークで、愛の拡大が同時にそれまでの劣等感ゆえに優越感と
結びついている可能性を聞きました。なんとなくは分かるけど、ピンとは
来なかったので、追求しなかったのですが…先日の uokao のブログで
(その気付きがあったからこその)真剣です。という言葉に心を射られて 
他人事にしていてはイカン!と、飛び上がる気持ちで考えてみました。

愛が拡大して何故優越感になるのか? 私だったらどういう事だろう?
するとそう時掛からず、出来ない人に対して苛立ちを感じている自分が
いる事に気が付きました。特に身近だったりするとかな~り顕著です。

以前 師匠が『 かつての自分の無知 』に対しての怒りについて話して
くれた事があります。 私も怒っていたようです。相手を判断しているし
何より、かつての自分の無知を許していないってことではないですか。
それって自分にも相手にも愛じゃないよね…。思わずしゃがんで 膝を
抱え込んでしまいまいした。ホントに次から次へと思わぬ驚きです…。

優越感は第三密度における幸福の代名詞。愛のエネルギーが優越感に
変換されれば、瞬時に劣等感と直結します。愛の拡大が劣等感を無意識
に拡大していたって事ですね、認めたくなぁいと耳を塞ぎましたが、その
自分は認めよう。愛が優越感になってた事を恥ずかしいと判断してます。
判断はホントに邪魔ですね。良いカッコしいの分だけ判断も強いようです。
それを判断せずに受け止められるのが…愛の自分だとも再認識しました。

uokaoの自分への真剣さが私を動かしてくれました。 ありがとうuokao








                                                                                

2014.06.17     赤信号   
カテゴリ:LUMIX G1





止まれ というか 休めかな



ここのところ何だか色々ぎゅうぎゅうでした。日曜のボランティアが終われば一息と
前々から思ってましたが、同時に娘が風邪で熱を出してしまい、月曜からは大事な
中間試験。高校入試の第一関門になるので、日曜の塾を休ませても心配でした。

思ったより回復が早くて私が帰ると熱も下がって自主勉強していました。月曜日も
無事に登校出来て良かった!と思ったら…久々に私が風邪を引き丸一日ダウン。
娘の症状と似てるので移ったのかな^^; どんなに具合が悪くてもある程度の事は
するんですが、なんだか今回は何もしたくなくて完全に家事を放棄して寝てました。

な~んにもしたくな~い>そんなんじゃイケナイ!>そうだね~価値がなくなるって
感じて怖いんだね~>でもなんにもしたくない自分をやりきってみようよぉ~ って
そんな感じでいたら、まあ何とかなるもんですね。一日寝たらやる気も戻りました。
かつて飯炊きは私の仕事だと言った旦那が、率先して動いてくれて助かりました。

『風邪はうつすと治る』と言いますが…確かに娘の回復は早かったですね~。
ゆうべ夜中に旦那が一言『風邪引いたみたい…』 私も早々に治りそうです





 
                                                                                

2014.06.16     森の雨   
カテゴリ:LUMIX G1





波動芳香剤も 在りでしょうか



科学技術館での初めてのボランティア無事に終わりました。朝から夕方まで
ボランティアとしては長かったし、参加者が子供がメインであることと、人数も
二桁になるので(最大50名近くになることもあるそうです。)普段行っている
うさぎケアハウスとは規模も内容も全く異なり、丸一日非常に緊張しました。

初めてのプログラムだったので、私も体験参加しながらのお手伝いでした。
自分の制作にも取り組みつつ、スタッフ方の動きや現場で起こる出来事など
参加者とサポート側の両サイドの立場から同時に学び得る事が多大でした。
子供がメインだと若干ピンポンパン(古っ)のお姉さん風味になりますね。笑

カリキュラムはあっても、本人の興味とやる気、感覚を何よりも大切に尊重し
比較ではなく個性に共感することで、本来の自己の喜びを拡大していく事は
私が惚れた臨美の基本概念です。押しつけない、とめない、決めつけない。
そんな中で生まれる作品は、それぞれがとても個性的で魅力的に輝きます。

ちなみに私の本日の作品は、緑の匂いがして来そうだとのこと。光栄です
ふと…ならば波動芳香剤なんてどうかなと、早速トイレに飾ってみました♪






                                                                                

2014.06.15     命の糧?   
カテゴリ:LUMIX G1





昔、1膳飯は駄目 2膳食べるが良し とされていました。
( 旦那もそうだったそうです。 拷問…デスネ^^; )




先日の旦那の健康診断の結果ですが、全くどこにも問題無し!
今まで毎回どこかしら引っ掛かっていたのに、今回は快挙です。

しかも前回の検診で 『 脂肪肝 』 と診断されてたので、医者から
何かしました?って聞かれたそうです。ビバ糖質制限!ですね♪
彼が減らしたのは本当に半分で、かなりゆるめの糖質制限ですが
たった3ヶ月でここまでの変化があったのには、私もびっくりです。
もし糖質制限をしないままだったら…、病気まっしぐらだったかも?

炭水化物 (特に米)を半分にしただけで改善したことは事実です。
本当に他には何もしてないのは見ていて知っています。 肉も沢山
食べてましたしね。主食とされている炭水化物が、人体にどの様な
影響を及ぼしてるか、旦那の一例だけでも疑問視しちゃいますね。

この結果を受けて、人にも勧めやすくなりました。 本来の目的は
ダイエットでも健康の為でもなく(笑)、あくまでも意識的である為の
ひとつのブロック外しですが、結果オマケで美容健康が付いてくる
なんてお得です!なんかテレビショッピングみたいな文句ですね








                                                                                

2014.06.14     トトロ道   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M





何かが呼んでる。。。




鬱蒼とした木々の間がぽっかり空いて、まるでトンネルのように道がありました。
屈まないと通れないくらいの大きさで、ふとトトロの映画を思い出したりして…
向こう側から親しい何かが呼んでるように感じたので、立ち止まって撮った一枚。

昨日、これに良く似た感覚で、トンネルを潜り抜けて無性に会いに行きたくなって
突然名古屋のひろこに電話しました。ただ、ありがとうって言いたかっただけ♪
いつもブログ上での交流なのが勿体無くって、もっと近づきたくなったんです。 照

ふと心に灯る光を…、急に目の前に飛び込んできた蛍を追いかける子供の気分。
『会いたくて』 正確には『繋がりたくて』ですね。ただ会えば良いって事じゃない。
電話でも話しましたが、回数とか時間とかじゃない、繋がりは瞬間だと思います。

ベースは常に繋がっている、でも最前線は常に変化し四季のように姿を変える。
いつでも毎瞬が更新だなって、怨念のNORIとは思えない理解が進行中です。笑

無防備なところに、突然木々を掻き分けて飛び込んでしまったけれど、だからこそ
何かを被る間もなくお互いに生ライブで近付けたと思います。 嬉しかった(*^_^*) 







                                                                                

2014.06.13     意識オタク   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M





どこにいても 何をしてても いつもこんな話ばかり ( 好きだから )




仲間のひろこのブログを読んで、意識オタクについて感じた事を…。
今日もやや長文です <(_ _)> 


昔から…人と突っ込んだ話をする時、急に申し訳ない?気持ちになって
『 面倒臭い奴でごめんなさい 』 って、謝っちゃう事が度々ありました。
付き合いが深くなればなるほど起こり、今現在でも時々発生しています。

そう言えば、母から『 あんたは神経質で考え過ぎ 』って言われてました。
それで私は逆に 『 そっちが考えなさ過ぎ! 』 と憤慨して…。でも本当は
憤慨は仕返しで、気持ちがバッサリ切り落とされて悔しくて悲しかった。

確かに今冷静に振り返れば、ややこしくしてしまった時もあると認めます。
それは自分を認めない時に正当化する為に起き、当時は気づけなかった。
でも、自分に都合が悪い時にそういった対応をしていると感じた事も多々。
( どこを押さえて、どう伝えるのが最善か…その見極めは未だ未熟です。 )

今は、真剣に受け止めて自分なりの感じ方や考え、時には疑問や質問を
返してくれる人が沢山いる。 こんなに嬉しい事はありません。 ただただ
真剣に向き合ってくれることが嬉しくて、それだけでありがたく思います。

私は自分のそういう部分を、否定的に捉えていたと今更ながら気づきました。
誰かと何かと真剣に向き合う。だけでなく、人が何かに真剣に向き合ってる。
私はそれが嬉しくって楽しくって仕方ないんだと認めたら、泣けてきました。笑

同時に反省もあります。これまで自分に向き合う事より、人に向き合う事…
言葉を変えれば“応えてもらうこと”を優先して、例え循環などしていなくても
その 『 関わった 』 という感触を繋がりだと思っていたという鮮明な実感。
いくら真剣に関わるといってもこれでは…いつまで経っても自分はおざなり。

私が心の底から歓喜する繋がりとは…お互いが自分に誠実で正直である事。
その時に生まれるものだと言えるのは、これまた鮮明な実感があるからです。
…あらやだ。欲しかったものに、いつの間にか触れてたじゃないですか…@@
書きながら気づくって、ちょっと間抜けな気もしますがしっかり受け取ります!

ひろこのブログの 『 事態をややこしくしてるように 』 の一文にヒットして
そういえば私も…と芋づる式に思い出したり感じた事です。 ありがとう


追記: 意識オタクといっても…師匠には足元にも及びませんっ <(_ _)>
でも、私も(きっと仲間も)そうだからこそ、学び続けるのだと思います







                                                                                

2014.06.12     壁   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M






風を遮るその壁は 超えられないものと ずっと感じていた



こんな感じをずっと感じていたんですよね…。って言っても分からないか 笑

案外、左右は出入り自由だったりして、超えられない高さの前でそこばかりを
見続けているのかもしれません。ちょっと前のワークでも、そんな話をしたなぁ。

今日は旦那が会社の健康診断。彼も炭水化物は半分に減らしたので、果たして
結果は如何に?私に関しては、緩やかになりつつも体重の減少は続行中です。

急に壁の感覚を感じたのも、脂肪の中に記憶された馴染み有るものだからかな。






                                                                                

2014.06.11     烏   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M





昔 烏に食べかけの肉まんを 持って行かれた事があります。。。


本日、長文です。

先日の修学旅行で、カメラマンさんが帰宅途中にカメラの盗難にあったと連絡が来ました。
即警察に届けていたけれど、今になっても見つからないとの、学校を通じての謝罪でした。
カメラの中には修学旅行3日中2日分のデータが入っていたそうです。少しショックでした。

瞬間に私の身に(心中に?)起きたことは、親としての残念な気持ちと、娘の心情を思い
少しの怒りと、自分がカメラを扱っているからでしょうか…カメラマンさんへの同情でした。
プロでやっている以上二つの事が想像されます。愛着ある、恐らく高額なカメラの盗難の
怒りと悲しみ。取り返しの付かない子供達の思い出の紛失への罪の意識と激しい動揺。
特に後者は我が身として思うと、このまま消えてしまいたいくらいの震える恐怖の感覚。

本当にカメラマン当人がそんな風に思っているかは分からないのですが、心あるならば
そうであろうと思い(場合によっては自己保身に必至で、会社への対面とか盗人への怒り
ばかりである可能性もあるでしょう。)それを感じると…一概には責められなくなりました。
盗んだ人がデータをもし見たら…子供達の笑顔に胸が潰れるような気持ちに…なるような
人ならそんなことはしないかしらと、行き場の無い空しさを感じました。ため息ばかりです。

こんなことにもいろいろな気付きがありますね。自分が何にショックを受けているのかみる
価値があります。 途中で娘への情の部分にハッと気付き、本人がどう感じているのかが
まず大事だと冷静になりました。親御さんの中には、激しく抗議される方もいるでしょう。
今度はその親御さんに意識を合わせると…なんだか正義感を振りかざす暴力を感じます。
本当にそこまで怒る必要があるのか、ただドラマティックなだけじゃないか、そう思えます。

そして興味深かったのは娘の変化。最初は苛立って文句口調で報告してくれた彼女に
私が冷静になってからもう一度どんな気持ちか訪ねると、口では苛立ってると言うものの
ちっともそのエネルギーを感じない。その事を伝えると本人もそういえば…と、苛立ちは
消えていた事に気づいたとか。人がどのような経緯で感情を収めるのかに興味があって
何故そうなったか確認したところ、意識的ではなかったけれど被害者の視点から離れて
いくらプロだって間違いはあるし…と相手を思ったらそうなったのだとか。 なるほど ね。

このことから、自分に意識を向けていないと、それまでの感情がまだ続いているかのように
勘違いしたままだということも分かります。被害者視点は決して相手を思い計らない視点。
相手を理解した時、癒やされるのは自分自身であるということも分かります。そして上記で
私が感じた正義感を振りかざす人の事は、私の中にあるから感じられたのだと分かります。
私の興味に真剣に応えてくれた娘を尊敬します。私がこんな風に意識に興味を持つ自覚は
とても楽しい感覚でした。集合写真だけが心残りですが、それも受け入れて心は平穏です。

写真が無い分(とはいえ、自分で撮ったものと先生方が撮ってくださってた分はあります。)
しっかりその瞬間を味わう事の学びでもありますね。 全ては体験した娘の中に在ります。

この一件を側で聞いていた旦那は…、盗んだのが生徒だと思ったらしく^^;(彼が在籍中は
そういう学校だったらしいです) 生徒が犯人でなくて良かったと、真っ先にそう思ったとか。
聞き方は自分の経験や観念がベースですね。そこで安堵するのも良い人だねってことで


最後までおつきあいくださり ありがとうございました<(_ _)>














                                                                                

2014.06.10     うま   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M






走る それもまた風を感じること




中学最後の運動会。延期された今日は天気も持ってくれて無事開催されました。

朝から体調が悪いなぁ…と思っていたら、久々に貧血を起こしてタクシーで帰宅。
彼女の演目だけは見れたから良しとします。日曜のワークから、ずっと眠いです。

肉体的な力は衰える一方だなと、馬のように力強く駆ける彼らを見て思います。
この歳になると30代の時の自覚とは比べものにならない決定打を感じますね。

今から彼らのようになろうとは思いません。それは、かつて私も十二分にしたから。
さらに10年20年?後の自分もまた同じように思える為に、この先は違う走り方を
していこう。無理なく、でも力強く…。体調が悪いからこそ、しみじみ思った事です。








                                                                                

2014.06.09     構造   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M






こうなって… ああなって… そうなって…


全ての幹の経験が一つの根幹に流れ込む

枝葉になりきってしまうと 見えるのは末端

根幹の視点になったとき 幹全てが繋がる


ひとりの人間と 大いなるものと 同じ構造

まるで鮭の川上りのように 遡り辿っていく

『 受け入れる 』とは、そんな作業のように思う










                                                                                

2014.06.08     おさらい   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M





積み重ねて カタチになる ( 罪重ねて…って変換されました ;; )




昨日コメントの返信に書ききれなかった事を、今日の本文に転記します。
( 文章は本文用に書き直してあります。 )



好み(憧れにせよ、親しみにせよ)は必ず自分の中にあるものとの共鳴
だとしたら、強烈に心地良さを感じるのは自分自身の波動に近いからで
『 自分が成りたいもの 』 が 『 自分自身 』それを外に感じてるって事。

ただし、その 自分の成りたい…がエゴではなく 魂の望みであるって事と
逆に大嫌いなものもまた自分の中にあるものだと言うことは大事な要点。

ついその法則を否定的な方ばかり信じてしまうのは、勿体無い事ですね。
また肯定的な方向だけ受け入れて、否定的な方をヒトゴトにしてしまうなど
都合良い選択の場合は、宇宙の中立性を忘れてしまっているからかな…。

愛は…人間が良いと勝手に決めた事だけを取り上げるのでは無く、存在
全てを否定せずに認め受け入れる 広さと深さ。 情の優しさとは違うもの。
しかもこの受け入れるとは、偽善や犠牲や無関心ではなく理解すること。
と、ワークで教わって来たことを 整理し直しながら理解を深めています。

教わった事は、日常のどこかで自分で再発見して自分の物に出来る…と
私の場合は常にそうでした。今回の理解は、昨日のコメントのお陰です。

気付きをいただきました ありがとうミエコ (*^_^*)



7日は運動会の予定でしたが、雨で延期になりました;; 振替は火曜日。
翌日の今日でなくって良かったぁ~。午後はワークよろしくお願いします♪




                                                                                

2014.06.07     雨に打たれて   
カテゴリ:LUMIX G1





植物には 雨も風も 成長の為の恩恵




2日前の『庭弟子』に続きますが、梅雨の到来で昨日はドシャ降りでした。
猛成長していた木々達には恵みの雨で、それは それは 気持ち良さそう。

それは、それを見ている 私 が気持ち良いからなんですね。雨も好きです。
好きなのに、雨の日にはカメラが心配で撮影出来なかった事を思い出し…
部屋から庭で水浴びしてるような紫陽花を撮りました。 もちろんハッセル。

シャッターを切りながら、小さい頃に雨が大好きだった事を思い出しました。
詩で日記を書いていた時があり、その時描いた挿絵まで目に浮かびます。
今も雨が好きだよ~って、自分の中の自分に語りかけたら…温かかった。

ブログ用にデジでは数枚撮りましたが、ハッセルでは一枚しか撮りません。
たった一枚、だからこそ良いんだ…って思えて、撮れてるか心配するよりも
駄目ならそれでいいくらいの余裕で、満足です。 撮り方、変わったなぁ…。
アナログの不便さや手間さは、今生きる事の真剣さを引き出してくれます。










                                                                                

2014.06.06     特別な時間   
カテゴリ:LUMIX G1





特別な事じゃ無い でも 特別な時間には出来る




印鑑証明を取りに行くついでに、他に楽しみを作ろう♪ と思い立ち
帰りに珈琲館に立ち寄りました。(内輪話ですが、区民館の近くの
あの美味しい珈琲屋さんは閉店してしまったのですよ~残念

店員さんに好みの味を伝えて、お勧めしてもらった2種類の珈琲を
どちらもいただきました。カメラの勉強でG1の取説や、友人から
譲ってもらったハッセルの本をめくっていると…なるほどという
理解や数々の写真に心打たれ、珈琲と共に美味しい時間を満喫

高揚するというよりは、静まった湖みたいに心穏やかな充足感に
ゆったり写真を撮りながら帰る道々…、風が最高に心地良くって
広大な空間と時間軸の中を吹き抜けていくみたいに感じました。
最近度々思っていた事が、また浮上して胸が一杯になりました。

~あの閉塞感があったから、何でも無いこの風がこんなにも幸せ~

『 あの 』には幾つかのシーンがあります。家から出られなかった
子供の頃。 かつて本来の自分で生きられなかった全ての記憶。
ずっと前の個人セッションで師匠に言われた言葉を思い出します。
『 自由を知る為に、不自由を体験したんだ。 』と。 今、こんなにも
風が心に染みるのも、ハッセルで撮りたいものが風なのも…全部
どこかで繋がっているんですね。支配からの脱却。それは外の力
ではなく、やはり自分の観念(制限)からの脱却って事なんだなぁ。

私は、思った時に思ったままに風の中を歩ける。それだけで幸せ

( そう感じると、今の全てに感謝出来て、あらゆる次元の過去の自分に
 大丈夫だからねっって全身全霊でエールを愛を送りたくなるんです。 )








                                                                                

2014.06.05     庭弟子   
カテゴリ:LUMIX G1






ハナミズキと夾竹桃と紫陽花が おしくらまんじゅうの領土争い




今年の(昨年の?)冬は大雪でした。2度の大雪で庭の木は枝が折れ
大ダメージを受けました。その影響で、沈丁花は蕾のまま開花が遅れ
もしかして咲かないのではと心配したほどです。( 無事咲きました^^ )

初夏を迎えて…あれだけダメージを受けた木々が今驚異の復活です。
復活どころか…数年分の急成長?!どれもこれもぐ~んと大きく育って
あまりの猛成長に唖然としてしまいます。植物って凄い生命ですね…。
(根元に埋めたノエルが食われてしまいそうです。それも良し か^^;)

庭木達は地植えして数年の成長は緩やかで、モノによりますが3年目
あたりで急にぐんっ!と太く高く育ちます。庭に慣れたと感じる瞬間♪
ですが、今年の成長は…水に浸けた増えるワカメを彷彿とさせるほどb
(植えた草木だけでなく、雑草もジャングル並に猛威を奮ってますが

ダメージを受けて、生き延びようとする力が渾々と沸いてくるのかな。
否定性に項垂れる心の小ささを感じさせられます。植物はダメージを
隣の植物に八つ当たりしようとか…同じように引きずり落とそうとか
しませんもんね。 そんな暇があるなら、せっせと逞しく育とうとする。

庭に頭を垂れ、教えを請うている弟子の気分でございます。ホントに。







                                                                                

2014.06.04     成仏   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M






成仏すると 悲しみや恨みは愛に生まれ変わる みたい





師匠の波動スピーカー2(仮名)の視聴の際に聞かせて貰った曲を
あの後はじめて自宅で聞いたところ…以前とは違って聞こえました。

前日に視聴する曲を選曲する際、3回程リピートして聞いた時には
聞く度に悲しみが込み上げてきて泣かずにはいられなかったのに
今聞くとほんのり愛を感じて穏やかな気持ちになります。視聴後に
師匠が『 成仏したな 』って感じたままに伝えてくれたけど、確かに
何かが成仏したようです  魂に刻まれた痛みを成仏させる って
どんだけ凄い波動なんでしょ~^^; 後から実感した後日談です。

ただ 聞くだけで効果はあると思いますが、これも個人差があるとは
思います。後押しとか、加速とかという意味では太鼓判な代物です。
( 太鼓判とか…評論家みたいな生意気な言い方でスイマセン>< )









                                                                                

2014.06.03     代理   
カテゴリ:LUMIX G1

 




 喜びポイントは 時によりけり 人それぞれ



昨日の続きですが、車の手続きに代理で沢山 “ハンコ” を押しました。
(印鑑も持たずに行ったので、翌旦那不在時に捺印することになった為)
ここ十数年以上も 見る事のなかった実印を押しながら、複雑な気持ちを
感じていました。車の所有者は旦那なので、実印も当然彼の実印です。
書類も全て名前は旦那の名前を記入するんですが…それがなんとも

確かに夫婦なので 問題は無いのでしょうが…それにしても、ただ妻で
あるって事だけで、まかり通ってしまうのが 『 良いの?? 』 な気持ち。
結婚したての頃は、この妻ってだけで彼の代理でサインが出来る事が
逆に嬉しかったんですがね~。ワタシ奥さ~ん♪的優越感でしたね。

年月を経た今の方が、いくら夫婦といえど別の人間なんだからなぁ…
と思うようになりました。 旦那に話してみたら、彼には別に違和感も
不満も不安も無いようで、信頼してくれてるんだと嬉しく思いました。
(ハンコを押す瞬間に、これは現実だ という嬉しい緊張感を感じたので
  私ばかりが感じてしまって悪いなぁ…と思ったってこともあります

ちなみに…旦那は一昨日の夜、興奮しすぎて眠れなかったそうです。
ハンコなんか押さなくても、十二分に喜びを感じていたみたい…ね。笑












                                                                                

2014.06.02     別れの時   
カテゴリ:IXY 810 IS





撮影遠征の相棒… 一緒に色んな場所に行ったね




丸13年間乗り続けた愛車とお別れする事が、昨日突然決まりました。
乗り換えを検討する機会は何度々もあったけど、どうしてもこの車以上に
わくわくする車と出逢えなかったのに…決まる時はあっと言う間でした。

丁度この愛車と出逢った時と同じような感触でした。それほどの興味も
無くちょっと座ってみただけだったのに、降りたくないくらい居心地が良く
まるで既に何年も乗っていたかのような…当然な感覚が決定打でした。

この感覚があるなら、きっとこの車が次の車だと迷い無く思えたからか
その後の商談は最上の希望をすべてクリアし、この上無い程の完璧な
状態で成立しました。ハッセルの時と同じです。その間たった数時間。

こうして眺めていても…綺麗だなぁ~ 良いなぁ~ と愛しく感じます。
若干執着とも言えるくらい?大好きな愛車なのに我ながら驚きです。
寂しいけど、何故か”その時が来たんだ ”という気がしてなりません。

この車は女性的に感じられ、今度の車は中性寄りの男性と感じます。
そんなところも、今の時期のシンクロなのではないかと思えるのです。
(次の車はハッセルに良く似ています。)今月中には納車になります。
3月にも納骨前に同じ言葉を書きましたが…お別れまであと少しの間
記念ドライブをして写真を撮り、存分に愛を感じ 手放そうと思います。

本当に…大好きだったんだよなぁ… 今まで ありがとう


余談ですが…新車費用から思いがけずハッセル費用を出して
貰えることになり  副産物の恩恵にも 感謝感謝 です。









                                                                                

2014.06.01     砲筒   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M






人の想像が 創造になる


例えば砲筒。爆薬を込めた弾丸をより遠くに飛ばして攻撃する武器ですが…
こんなものを考えつき具現化させる事が出来るなら、真逆の何かにも出来る
んじゃないかな…、高周波水を放水して大気を浄化する移動水砲塔とか…

我ながらクダラナイ発想だな~と思う反面、結構大真面目だったりもします。

今まで“良し”と思っていたものが予測外に問題の核だったり、逆にこれまで
"良くない”と思っていた事を違う視点で捉えた時、それが予想外の肯定的な
力の種だったりと、既存に無い発想の再入力(書換え)に希望を垣間見つつ。


写真は日露戦争と第一次世界大戦に参加した軍艦三笠