プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2016.07.31     何の為に   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

自分を尊重する事と 人を尊重する事の 真の調和を知る為に


私の意識の挑戦は2つあって、役割の中での自分の喜び(ニーズ)を
まずは見つけること、次にその為に出来ることという発想を持つ事。

もう1つは、自分の解釈を越えた理解の領域を広げる事。これは…
今の言葉が曖昧なように、具体的な対策は まだ分かっていません。
ただ、自分のルールを少し脇に置いて ( 先入観や判断を手放して )
理解しようと心を傾けることを意識しています。 始めたばかりですが
昨日書いたロックに対する感覚の変化は、この影響かもしれません。










                                                                                

2016.07.30     この先の   
カテゴリ:LUMIX G1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

行く先 行かない先の 見極め


マトリックスを見直していて、昨日やっと最終話の3を見ました。
( 以下、ネタバレに近い話が続きますのでご注意下さい。 )

ナイオビの台詞 『 私は(救世主を信じたのでは無く)ネオを信じた。』
これをネオという人間を信じようと決めた自分を信じると解釈します。
ナイオビほどの強さは無いケド…私も同じ様なものだなと思いました。 

ロックの石頭が前は嫌いでしたが、彼の現実主義的指導は堅実で
勇敢で誠実だと思えた途端…これは正義感の私だと理解しました。
頭で考えるだけならモーフィアスになるのは簡単、でももし現実なら
きっとロックの安心感を選択するでしょう。 それが今の私の限界。

その現実と見た時に(映像はSFですが)ザイオンでの死闘シーンは
胸が潰れる思いでした。戦場に出る瞬間の銃弾補填係の少年の顔
淡々と最終防衛線説明をするロックの全滅への覚悟がいかほどか。

もしこれがこの先にあったら…それを変えられるのは今しかないとしたら…
変わりたく無い( 世界はこのままずっと変わらないと言い張りたい )自分の
保身正当論駄々に丸め込まれてる場合なんかじゃない…と思えたのです。



                                                                                

2016.07.29     セルフ自動販売機   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

貴方に合った ドリンクを

以前TVで見た事のあった買う人(性別や年齢)に合わせて
ドリンクを表示する自動販売機。人工知能って言うのかな?


今日は目が覚めたら、昨日にはなかった視点からの発想や
次にすることについての具体的なアイディアが3つ浮かんで
慌ててメモに取りました。どれも的を得ている事が分かり
人間の脳内プログラムをもっと生かせたらと思いました。

これって…気功や瞑想やその他もろもろの効果なのかしら



                                                                                

2016.07.28     方向   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

静かに 固まりゆく


今日もシェア会でした。 もしも(もしも…ではなくてそうなんですが )
目の前の世界が私の反映なのだとしたら( だとしたら…以下同文)
昨日はこれまでの自分が揺らいだ日で、今日はこれからの方向を
決めて 『 こっちへ行きます 』 と宣言をしたような日になりました。

仲間の宣言も(心で)聞きました。 共に歩み進化成長していきたい。 
そう思える相手がいることが嬉しくて、掛け替えのない宝物です。





                                                                                

2016.07.27     私の目的   
カテゴリ:LUMIX G1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

私には まだ信念が無かった
( 方向は決まっているようで、決心をしていなかった )


昨日のシェア会では、分からなくなることが沢山ありました。
( あくまでも自分自身の事で、否定的な意味ではないです。)

何がベストで 何が調和で どうしたら そこへ辿り着けるのか
これはシェア会に限らず、今後の 私の在り方そのものに関わる
大切な自己改革と成長の機会である事だけハッキリ感じました。

『 私は何を目的にしているのか 』当たり前だけどこれは何よりも
大切な私の方向性であるということも、やってみて分かりました。

今もっとも取り入れたい観念書換は『私は私を変えられる』です。




                                                                                

2016.07.26     時間をはずした日   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

『 時間 』は 本当に幻想なのかもしれない


昨日7月25日は 『 13の月の暦 』 における大晦日でした。

この日は時間をはずした日と呼ばれますが、昨日は正に
どうして間に合ったの? 何故こんなに時間があるの? と
あり得ないような時の流れに多々驚きまくった1日でした。

家を出るのが10分遅れ、人身事故で急行電車がストップし
各駅停車で相当時間が掛かったのに…10分前到着って?!
通常セッション並に話した後にクリスタルヒーリング(40分)を
したのに、浄化した石を拭きながらたっぷりシェアまで出来た
などなど 必要な時間はちゃんと創られることを感じました。

今日はこれからシェア会です。13月の元旦、楽しみです







                                                                                

2016.07.25     暗雲   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

そこだけ たなびいていた重い雲


晴れて明るい空の一角に、ずっと形変わらぬ暗い雲の一陣。
他の雲は刻々と形を変え流れゆくのに、この雲だけ動かない。

この暗雲があることを問題だと思い、一刻も早くここから去って
消滅して欲しい!と、暗雲だけで頭が一杯になってしまってたら
暗雲をほんの片隅に抱く空の広大さや明るさには気付けない。

否定性に意識がロックされている時って、そんな感じがする…。









                                                                                

2016.07.24     私の日常   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

珈琲屋さんへの散歩道 空を見上げている自分を見ていた



自分を壊そうとしている仲間を見て、強く心打たれて自分を恥じた。
変わらないで済む逃げ道に隠れる自分を、気付かないふりしてた。

在っても良い、でも正面から気付いていたい。 それくらいの強さも
まだ持っていなかった事が、恥ずかしくて 情けなくて 腹が立った。

ワークをワークの為 に、シェア会をシェア会の為にしてちゃ駄目だ。
ふとそう思えた瞬間、自分の中に沸々と甦るものを感じていました。

これは、私がも~っと自分の日常を意識する為の必然に思えます。


補足! 自分を壊そうとしている仲間 → 自分の観念を壊そうと です。
ここ誤解されると…話がトンデモナイ方向へ行ってしまいます アブナイ






                                                                                

2016.07.23     主張と受容   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

悔しさと 羨ましさと


出来ていないのは やって来なかった分
やって来たと思っていた分だけ 悔しい

けど、やって来たんだ! と主張したって
何も変わらないどころか 踊り場のテント

分かって!と言う私に理不尽なのは実は
外では無くて認めない自分自身だった?

現状を判断せずに知る ( 受け止める ) ことを
本気でしたら、それこそが癒しだと思いました。




                                                                                

2016.07.22     釣り堀   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8


この中で 釣ってね


ちょっぴりは、外を見ていたかのように思っていたけど
とんでもない
釣り堀の中のルールしか知らないって事を知りました。

その事実さえ、誤魔化してしまいたいような心境になり
それこそが、釣り堀の中でやって来た事だったんです。

もおおおおお   くそおおおお 




                                                                                

2016.07.21     I See Me   
カテゴリ:LUMIX G1

 

Kern-Paillard YVAR 25mmF1.8

あなたの中に 私を見る


この1週間、仲間達と密度が濃厚だったからか、思う相手の姿…
仕草、表情、声が、3D再現のようにありありと身近に感じます





                                                                                

2016.07.20     分岐点   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

私は 何を 望んでいるか


分岐点、それを外側からやってくる変化と勘違いしていました。

確かに 外側の変化として現象を見るのでしょうけれど、それは
実は既にもう私の中で始まっているんじゃないかと…うすうす。

この脆弱な信念が、軸として耐えうるか危機感を感じています。








                                                                                

2016.07.19     どこでもドア   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

扉の向こうは、今この瞬間に創られる


怖れとは、イメージだとふと思いました。過去の記憶のイメージ。
『過去そうだったから、今も絶対そうなる筈だ。』という思い込みと
怖れが、それに見合った次の瞬間を 引き寄せ(創造)てしまう。

本当は何処にでも行ける筈のドアなら違うイメージを採用したい。





                                                                                

2016.07.18     愛おしさゆえの   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

哀と愛


再来年の大学受験に向けて、志望大学選定への見学が始まり
入学説明を聞きながら、いよいよ娘が巣立って行く実感が湧き
彼女が家を出る寂しさを、今から覚悟しておこうと思いました。
『 その時 』 になってまごつかないように、愛でいられるように。

今に執着して進化を阻まぬように。

娘の事と世界の事は、私にとっては同じことだなと思えました。




                                                                                

2016.07.17     案配   
カテゴリ:LUMIX GF1



Kern-Paillard YVAR 25mmF 1.8

あちちっ!


どうも…スイッチが入ると案配をすっかり忘れてしまう悪い癖が…。
加速(加熱?)し過ぎて失敗しました 寛容に容赦して貰えたのは
仲間だったから。 クライアントだったら…1度のミスが致命的になる
(リピートどころか傷を増やす事だってあり得ます。)ところでした

これも、自分と相手の状態を常に理解しているという意識の問題。
力が入っているから視野が狭くなる。知識を行動に繋げたいです。






                                                                                

2016.07.16     ファーム   
カテゴリ:LUMIX G1



Kern-Paillard YVAR 25mmF 1.8

へっぽこファーマー絶賛整地中


しっかり見れば…ま~あっちもこっちも手の行き届かない荒れ野原。
学校で学んだ作業を実際にやってみては、自分の底の浅さに落胆
でも、気が付けば雑草のように気力回復、この庭が大好きなんです。

自分の意識フィールドの例え話デス ここでみんなと笑い合う為に




                                                                                

2016.07.15     歯車   
カテゴリ:LUMIX GF1



Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

支配を信じている結果 を見ている


どこまで行っても、自分が見ているものは自分の創造物である。
それを今一番に自分に繰り返し繰り返し思い出し教えています。

この完成した支配の歯車から出られるのか。絶望を感じました。
でもそのおかげで、良い意味での諦めが芽生え始めています。

希望を見出すのなら、これまでの世界の中では無い場所に…。








                                                                                

2016.07.14     信じているもの   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

無意識下にある 信じているもの を見た


どうして気付けないのかと、ここ何度も疑問に思っていた事があって
どうやら手掛かりを掴んだようです。 嫌なのにそれが愛だと信じた
愛ではないもの。認めたくなかったのは、愛にしておきたかったから。

昨日の東京メンバーでのシェア会は、本当に進む為に必要な事が
参加者それぞれに起きたように思います。 ( 肯定性も否定性も。 )
あとになって見えてくる事も沢山あって、その場で踏ん張れるかは
信念の強さに一致するなぁと…自分の等身大を突き付けられます。

一人では気付けなかった事ばかり。 仲間と師匠に ありがとう



                                                                                

2016.07.13     路線変更   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

あ そっちだったか


新しい施設に移った義母の事が気になって(心配)怖れが動くのは
何故だろう?と思っていたら、お風呂上がりに(さすが水場ですね)
突然師匠から以前言われた言葉が、ぴか~っと降ってきました。

これは義母の問題ではなく、私と旦那の…もう少し丁寧に言えば
私の中の旦那に象徴されるものとの問題だということが判明!!

1度は変更していた路線が、段々と元の轍に戻っていたようです。
もう一度丁寧に自分が何を怖れているのかを確認し、あらためて
再び旦那に自分の場所に戻る事と信じて任せる事を伝えました。

私は人を信頼 出来ない→しない ことを選択し続けていたんです。
それも私の幻想。(とは到底思えない私もいます。)この波動が
これまでを創造してきたと思ったら…何もかも合点がいきます。

そしてそれは、自分を信じた分しか人を信じられないというふうに
置き換えられて、じゃあどうしたら自分を信じられるか…と と と
線路は続くよどこまでも  な 今現在でございます。明日に続く。



                                                                                

2016.07.12     越えていく   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8


愛って 愛って 愛って   なんだろ


自分に正直でなければ愛でいられないことは段々分かって来た。
取り繕ったところで、そこには本当の繋がりは決して生まれない。

相手が受け止められない様な球を投げることなんかじゃ勿論無いし
だから情熱が真実だと勘違いして、押しつけるだけじゃ伝わらない。

私の目的は何処?今、私は自分が何をしているかを分かっている?

自分が愛を発信するより、相手から与えて貰うことにばかり敏感で
期待したり(時に当然だと思ったり常識だと傲慢になったり)してた。
傷つく事を怖れ、ソコに触れない範囲でのみの繋がりに甘んじてた。

その安全圏内での予定調和を繋がりと据え変えるのは、終わり。

名古屋の仲間の繋がりに触発されて、東京も前進しようと話した。
私にとって今日はその一歩。常に瞬間瞬間の自分に意識を向けて
今正直か、どの方向に向かってるか、反応になってはいないかと
神経質なまでにチェックしていた。 それで分かったことがあった。

私たち (私も) 決して無駄な月日を過ごしてきたわけじゃ無い。


そう思っても良いって自分を褒めました。 仲間達を尊敬します。
ヴァーチャル感覚で満足していた私が、本当に本物に触れようと
踏み出すことと、今のこの行動は一致しているのだと思います。

自分の命を自分の手の中に取り戻していく…そんな感覚です。
( いや、これからなんですけどね )

ああ…頭が痛い





                                                                                

2016.07.11     足元   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8


ずっ ぽり 泥の中


遠くを見ながら話すのは容易い ( リアリティが無いから ) けれど
その時、自分の足が泥沼にハマっていることくらいは気付きたい。

1つの言葉(表現)で全てを理解しようとしてきたのかもしれない。
( 理解したつもりになっていたのかもしれない…と言い換えよう。)

前後の繋がりや、真意の在処を理解することが全然甘過ぎて…
何度も項垂れた昨日の東京ワーク でも分かって良かった













                                                                                

2016.07.10     ICED TEA   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

あ… 力んでた…


自分の状態を観察すると、じわぁっと眉間にシワを寄せてる…。
出来ていない、これじゃ駄目、フォーカスが完全にそこに固定

深く深呼吸して緩もう。 この感覚は求めていたものじゃない。



                                                                                

2016.07.09     工場   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

“ ちゃんと ” これまでどおり、決まりを守って、安全第一!


外側第一主義だった意識が創り出した生活環境が、ようやっと
変化し始めて一週間経ち、まだ習慣が抜けきれないどころか…
自動操縦だったベルトコンベア作業が一斉に止まって大混乱

今の家に引っ越しした時、台所の設備位置が逆転したために
ついこれまでと同じ方向に手が伸びてはその度 『あぁ違う』 と
作業習慣修正をした感覚を思い出します。今度は意識レベル。

元に戻ろうとする力の主張は、これまで通りが一番安全だ!で
自分の中に操業何十年の完成された工場があるみたいです



                                                                                

2016.07.08     短冊   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

大きくな~れ


心 わしづかみの お願いごと見~っけ♪ 



                                                                                

2016.07.07     報道   
カテゴリ:その他

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

一歩離れて見ている


昨日も朝、夢で何か真剣なことをしながら目が覚めたらしく
「 肯定性を受け取らないと、否定性になってやってくる 」
という言葉だけが残っていました。 ん~意味不明です

そんな事をもやもや考えながら朝刊(読売)を開いたら例の
バングラディッシュのテロが一面に。事件についての私見は
割愛しますが、今回 非常に気になったのは記事の書き方。

国民感情を意図的に方向付ける力が新聞の持つ恐しさで
感情量の多い私は、情的に正義感を燃やすタイプですが
それはそれとして一歩離れて観察している感覚でいます。

そうしようとしてそうなったと言うより、気付いたらそうだった。
でも、そんな自分に慣れなくて不安を感じたりもしています。







                                                                                

2016.07.06     むこうから   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

貨物トラックが やってくる


前回の定期セッション予定時間を自分ワークに転用した事を
ドタキャン当事者に話したところ…意外にもそれをヒントに
自分でも 場所を変えてやってみよう と思い立った様子で
それが案外良い感じらしい。 やろうやろうとは思っているのに
どうしても腰が重い…それはよくよくぶち当たる 馴染みの壁。

有効なエクササイズなどでヒントは与えて貰っても、そこから
自分が自分に合う方法を見出す事(工夫)が無ければ、結局
長くは続かないし言われたからとどこか責任転嫁してしまう。

こうしてみようと思ったこと、そしてそれを実際にやったことは
自分では些細なことだと過小に思えてしまうものだけど…でも
大きさはただの判断、一歩でも踏み出したことが素晴らしい
( なんて言うと、あっという間に慢心することも承知のうえ


内容と関係無く見える今日の写真は…どんなものも必然で
次に来たクルマに乗ってしまえ と繋げたかったのです。




                                                                                

2016.07.05     流れ飛ぶ   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

動体視力が追い付かない


今日は あれを書こう と思う矢先に、もう違うことが起きていて
7月に入ってからの物事と内面の流れの早さは半端無いです

本日定期セッション再開。外が早い分、内側はじっくり丁寧に
( と、自分に言い聞かせています









                                                                                

2016.07.04     衝撃波   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

どこかで絶賛工事中


またしても衝撃を喰らう夢を見ました。ここ頻繁に起きています。
言葉以上に、そこに乗っていた防御反応と言う名の攻撃波動の
辛辣さに相当ダメージを喰らって、目覚めても暫くショック状態。

でも夢の中でも真意を確かめようと、何でも無かったかのように
笑顔を取り繕い、言葉を選んで慎重に話掛ける自分の行動は、
最近頻繁に出逢う旬なテーマで、とてもリアルに実感出来ます。

とくに 「何でも無いかのように…」 のあたりがキーワードですが
夢だからこそ無防備な部分に直撃で、胸が潰れるような痛みで
放心状態でした。怖いし、悲しいし、不安だし、痛いし…怖いし。

これまで麻痺処理してきた感情理解だけでなく、逆に私が衝撃を
与える側としての無意識的反応行動についても、この夢を題材に
自分自身の思考・行動パターンを多角客観的に考察しています。


ただでは転ばないと言うかぁ~、意識の探索が好きなんだなぁ



                                                                                

2016.07.03     こんなにも   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

たくさんの思いがあったことを知る


お義母さんの引っ越しを終えた帰り道、遅い昼食を摂りながら
旦那も私も、なんだか呆けたような…脱力感を感じていました。

義母の心情を鑑みたり、施設に委ねる罪悪感を打ち明けたり
では違う選択をしたらどうだったか、この先どう関わって行くか
希望や怖れや、実は私達夫婦は外にばかり意識を向ける事が
共通しているとか…食事をしながらゆっくりじっくり話しました。

もう6時くらいになっていると思ったら、まだ4時過ぎで時間の
流れも必要なだけ与えられていたような不思議な1日でした。

いつになっても親にとって子供は子供と言いますが逆も然り。
例え 完全介護状態でも、親はいてくれるだけでどこか頼りに
していたんだと、今も沢山の思いが泡のように涌いてきます。

ずっと 親の親 のような真似をしてきた私には、この子供心は
大事なんじゃないかと… なんだか少し泣きそうな気持ちです。




                                                                                

2016.07.02     トンネルを抜けて   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Carl Zeiss Jena SONNAR 50mmF2

新たな景色へ


全ては連動して完璧に進行していることを信頼します。
( 世界と調和して、1つの方向に向かう…という完璧。)




                                                                                

2016.07.01     頭にお花   
カテゴリ:

 


善きかな よきかな~
( MIEKOごめんね~ 今回はやっぱりこっちの画風使うよ~<(_ _)> )


調和を感じない感覚を不協和音と言い表して来ましたが
ではその不協和音が全く無い世界を一瞬想像したら…?

ンな事、在るわけ無いぢゃん!もし在ったとしたら…ソレは
お気楽 ご気楽 脳天気 頭にお花が咲いちゃった人だよ!

出たぁ!これこそ私の観念 「 人生は苦労に価値がある 」

そして、その私の(観念)オーダーを宇宙は忠実に完全に
叶えてくれていたと言うワケです。度肝を抜かれたような
衝撃的な発見でした。そしてここに私の偏見も見ました。

そして、私の母は本当に頭に花が咲いたような人でした
あぁ大河「真田丸」のキリちゃんも、そう見ていたかも!
( だっから虫が好かなかったんだわ ) おぉ~~~ ・・・ 

ってことは、私も頭にお花が咲いている人格が在る…と。
そしてそれを否定していたと言う事ですね。ビックリです。