プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2016.09.30     お芝居   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena SONNAR 50mmF2

それぞれが選んだ役を演じている


人によって感情量が違うなんてこと、昔は知りませんでした。
どうやら私は感情量の多いタイプのようで、それ故に自分が
創造したドラマに非常に飲み込まれ易く 厄介な特性でした。

でも自分に与えた特性は最も学び多いツールになり得ると…
最近思います。 客観的に見れるならば~なんですけどね







                                                                                

2016.09.29     とうりゃんせ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena SONNAR 50mmF2

怖いながらも・・・


薄明かりを辿って、怖いなら なお目を開いていられるには…。

と、いう内容で使いたいと思って引っ張って来たはいいけれど
アングル大失敗でした。 撮っている時に分かりたいものです。





                                                                                

2016.09.28     人差し指の指輪   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

大切な人を思う気持ち


その人が 心から幸せを感じること を願う時、私は
私自身が とても幸福な気持ち になっていました。

気付かないところで人は 与え与えられ 合っていて
咄嗟に我を守る瞬間に すっかり忘れ去ってしまう。

咄嗟の時に思い出し選ぶ それを身に付けるには?

技術的な方法は大きく分けて幾つかあるように思いますが
結論 日常の中で自分の習性を知って 変えるだけだと…

そんなことを書こうとしていた今さっき、台所に飛び込んで来た
一匹の赤トンボに 正に そのまんまを実感させられました。

何が起きたかは、ご想像に容易いかと。勝手口を開けた瞬間
大きな羽音で飛び込んで来た姿の見えない侵入者。つづきは
ご自身の習性を思い出しながらご想像くださいませ。 <(_ _)>





( ちなみに今回 赤とんぼは無事に夜の闇に飛んで行きました  



                                                                                

2016.09.27     ここは どこ?   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

ここに重なって見える どこか


フルサイズだからなのか…機能上の何かなのか…α7Ⅱ楽しいです

同時に まだまだ鈍いけど、こうか?こうなのか?と絵を完成させていく
方向も揺さぶられています。まずは本当にそうなのかを疑うところから。
それが自己探求と完全に一致していると言う事を初めて感じています。

こうか?こうなのか?という刺し口は、クリスタルアートワークにも通じ
そういう視点でみれば…生きるって探求心そのものだと思えました




                                                                                

2016.09.26     前進!   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

その背を ずっと見てきたから


今、その一歩がこれまでになく大きいと分かる。( 比喩です

日曜日、G1とGF1とα7Ⅱと…それぞれ一台ずつカメラを抱え
お台場を練り歩い?た。 時々画像を見比べては娘が毎回必ず
口を尖らして言う。 『 ママずる~い!何かしたでしょ~っ!

そう言われても… 一番驚いているのは私自身なのですよ


 



                                                                                

2016.09.25     クリスタルアートワーク(仮)   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

クリスタルアートワーク(仮)を受けられたご感想をいただきました。
以下抜粋にて掲載させていただきます♡

※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※

クリスタルヒーリング ” ワーク ” というスタイルだったので、
クリスタルに触れながら、その時 その時に応じて、自分でも様々なメッセージを
受け取ることができ、本質と繋がりながら動くという感覚を再び体験できたことが
嬉しかったです!  意外な発見があったりして、とても新鮮に感じられました♪

NORIさんが楽しまれている姿を見て、より緊張感がほぐれるようになって
自然な流れのままクリスタルヒーリングを受けることができました (^ ^)

指摘してくださった思考パターンは見事に当たっていました。 気づいたことを
はっきりと伝えてくださりアドバイスもしてくださって、ありがとうございました!

昨日は 「なぜその思考パターンを繰り返しているんだろう?」 ということを
掘り下げることができなかったのですが、ワークの感想を書いている途中で
不安や恐れの方にフォーカスしていて 「 実現したらどうなるんだろう? 」 と
いうことがよく分からないから行動に結びつかなかったのだと気付きました。

このタイミングでNORIさんと再会できて、本当に良かったです。
どうもありがとうございました♡

※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※

更にその後の経過について…眠ている間に今回のテーマについて掘り下げ
深く問いかけているようだとのこと、とても上手く行っているご様子ですね^^
セッションで気付いた事で終わり~ではなく、現実がご自分の望む方向へ
本当に変化していくように これからもサポートさせていただきます p(^_^)q 

他にもたくさんのご感想をいただきました。私自身 遊び心と気付きの多い
豊かな時間を過ごさせていただきました! Tさん、ありがとうございます♡



日常の中で、ご自身が現実的な気付きを得られるようなセッションです。
ご興味のある方は、是非お問い合わせください。 お待ちしております♡










                                                                                

2016.09.24     宇宙庭園   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

ひとりひとりの宇宙


思案していた”オリジナルクリスタルヒーリング”のモニターも兼ねた
昨日のクリスタルヒーリングセッション、とても楽しく有意義でした!

そして私自身の変化を感じていました。ワークやシェア会(日常)と
なんら変わらない普段の私が特別でもなんでもなく、ただ見て聞き
最善を尽くすその感覚は、実に等身大で完全に私そのものでした。

この感覚は私にしか分からないのかも知れませんが、間違い無く
これまでやってきた事(日常で取り組んだこと)が基盤にあります。
特別な技術でもなんでもなく、在り方がセッションそのものでした。

日々私を導いてくれている師匠に 励ましと支えになってくれている仲間に
そして私を信頼して挑戦をしてくださったTさんに ありがとうございました!
(今ご感想メールを頂きました♪ 次の更新で掲載させていただきますね^^)

写真は一通りワークが終わった後に創造されたもの。 アートですね!






                                                                                

2016.09.23     以心・・・   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

・・・伝心


彼(女?)の瞳の中に彼(女?)を撮そうとする自分の姿が映っていた。
うん、今日のテーマです uu*






                                                                                

2016.09.22     天地創造   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

創造のはじまり


『 いやぁ~この一週間大変だったね 』 と、突然旦那が隣で笑った。
PCハード入れ替えに伴うipodデータ消失のことを言っているらしい。

『 んにゃ 個人セッションに伴う崩壊やらα7Ⅱも大きかったよ~ 』 
気付いたら色々なものが変化していた。その調整はまだ続いてて
他にも多々あるけど全てに希望を感じられる事が最高の喜びです







                                                                                

2016.09.21     Remembes Lemuria   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

好奇心が蠢いている


昨日のipod事件で一旦初期化を掛けた時、どうせ1から構築し直すなら
所有しているヒーリング・波動系CDを整理しようと思っていました。これも
前からやろうとして放置していた事。部屋中にひっくり返し出し(またか…)
覚えていないようなものも含め全部で100枚以上。よくもまあ集めたこと。

一時期(師匠に出会う直前の頃)に何度も繰り返し聞いていたCDを発見。
久々に聞くと なんとも懐かしい心のざわめき!悲劇的に甘美な痛み!笑
慣れ親しんだ匂いを嗅ぐ心地もありながら、確認するように意識して聞くと
ふと浮かんだフレーズが「美しく狂気的(苦笑)」 自分で言うのも何ですが
言い得て妙だと思いました。 自分の狂気さが肯定的に感じられます。






                                                                                

2016.09.20     カエルの歌が聞こえ…   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

俺には俺の〇〇っちゅうもんがある
流儀?信念?そういったものがある って聞こえた気がして…


昨夜、旦那の操作ミスによって突然私のipodデータが消滅!してしまいました。
(簡単に復元出来ない事態だったので、セッションを控えた私には大事件です。)
結果から言うと数時間後には解決したんですが、実に象徴的な出来事でした。

つまり…我が家のiTunes操作は全て旦那に任せていたので、いい加減自分で
出来るようになりなさいという私自身が引き起こした事なのです。やらなきゃと
思いつつ得意な人に~を言い訳にやらなかった為に、とうとう時限爆弾爆発。

一瞬は旦那がミスするから!と被害者になりましたが、そういう感情を受け止め
ながら、でも自分の創造と認め、自分が進化する方向を選ぶ…これはここ数日
やったばかりの学びの正に実践でした。その結果、無事に自分の音源操作が
出来る自由を得た上に、直後データも突然復元出来たという出来過ぎな結末。

話していて恥ずかしぃくらい小さな事ですが この一連の出来事の中に自分の
変化や感情の受け止め方の成功など…沢山の発見があって嬉しかったのです。




                                                                                

2016.09.19     22:18   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

心細さの1コマ



昨日のワーク解散直後、最終バスを待つ間に貧血で倒れそうに ^^;
(そういえば…顔色白いけど大丈夫?っ てミエコに言われてたっけ。 )

幸い休日で家にいた旦那が 急遽迎えに車を出してくれたんですが…
ベンチで待つ時間の長いこと…。となりでは浮浪者のようなおじさんが
アンタなにしてるのって感じでチラ見するけど構ってられませんでした。
あんな状態でも「私大丈夫」気張りで普通を装う心理って一体なんだろ。

でも、到着した家の車に乗り込む瞬間背後から「ここうるさいから 早く
出ないと捕まっちまう 早く出た方が良いよ!」とおじさんが叫んでて…
(バス停のベンチから歩けなかったので停留所に車を寄せたんです。)
具合が悪くて動けないって電話を隣で聞いて、もしかして見守っていて
くれたのかもしれません。余裕が無くて会釈ひとつ返せなかったことが
心残り…。あの時どんな気持ちでいたんだろう。座っているのも限界で
どうしようと思いながらも、到着までなんとか倒れないでいられたのは
もしかしたら そういう思いに助けられてたってことあるんじゃないかな。

なんて思えたのです。自分の預かり知らないところで、誰かの思いが
誰かを支えている。だからもっとそういう事に感謝したいと思いました。
迎えに来てくれた旦那に 心配してなでてくれた娘に あのおじさんに
ありがとう
( 写真はそのおじさんを背後に、まだ多少動けた時の1枚。 普通撮るか?笑 ) 

それにしても、骨盤痛と言い久方ぶりの貧血と言い、激しいですね


                                                                                

2016.09.18     思い   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Helios 103 53mmF1.8

知りたい ただそれだけの為に


カメラを知りたいのではなく レンズを知りたいのでもなく
私は ただただ 私自身を知りたい それが今の原動力







                                                                                

2016.09.17     囲いの中の新境地   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

初めて見る峠に わくわくした


軽井沢へ向かう高速の降り口。 私には初めての場所でした。
思えば…結果そうだった という出逢いで、自分で得ようとした
わけでは無かった偶然でした。(勿論それも必然と思います。)

意図して得る。 しかもそれが安定ではなく進化の方向に向けて。
リスクを伴ってでも望むかどうか。本当にここから出たいかどうか。
正直、勢力は五分五分でしたが…少し形勢が変わって来ました。






                                                                                

2016.09.16     知らないのかもしれない   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

SOM BERTHIOT LYTAR 25mmF1.8(C)

ビターな甘さ… それだけ?


さて…とっちらかった今日1日の内面をどうここで書き表しましょう。
おもちゃ箱をひっくり返して、洗いざらい部屋中にバラ蒔いてみた。
ってトコかな。中には触った瞬間に眠くなるものもあったりしたけど
1つだけ微かな穴に見えるのは「本当は知らないのかもしれない」
って疑惑。そこを起点にすると、もうどうしようも無い頭打ち感です。

ひじょ~に否定的な状態ですが、ギリギリぷかぷか保っています。
(いや…なんかもう ポキッといっそ折れちゃった方が良いのかも)




                                                                                

2016.09.15     花は 花として   
カテゴリ:PENTAX Q

 

P.ANGENIEUX PARIS Zoom Type K2 7.5-35mmF1.8(D)

そのシンプルさが 一番遠い・・・



何があったか知らないけれど…何かがあっても全部ただの演出。
役になりきっているだけなら、役の分析と解明に時間を掛けるより
今に生きよ と、きっとそういうことかな。分析すら罠かもしれない。

( ややダウン気味ですが ^^; 今日もありがとうございました















                                                                                

2016.09.14     私の為に   
カテゴリ:PENTAX Q

 

P.ANGENIEUX PARIS Zoom Type K2 7.5-35mmF1.8(D)

今日は このカップで淹れよう


些細な事でしたが、いつも以上に 私の為に と思いました。

自分の為にという言い方も(私の場合は)私に言い換えます。
”自分”と言う語意が 少し切り離されて遠くに感じたからです。
それさえ、どうでもいいくらいの些細な事なのでしょうけれど














                                                                                

2016.09.13     小川のほとりで   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

満たされた心地から見つけた その先


この心地良い場所で感じたフラストレーションを思い出すと…
それは言い換えれば、望むものへの強い欲求だったと思う。

”何を感じたいか”は同じだけど、それを外側に求めることと
自分の内側から創造することとの圧倒的な違いについてを
感じていた とも思え、不満に気付けた事が大満足でした


ん?
不満に気付けたことが大満足だって思えるのは、その不満を
どうにか出来るというベースがなければオカシナ話で…アレ?
そう なのかな?









                                                                                

2016.09.12     生きる為の逃走   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8


白い龍が 喰われまいと必死に泳いでいるように見えた


今私に与えられている武器は、自分の生きる世界の波動選択。
これまでのような…相手に立ち向かって勝利する方法じゃない。

動かない自分に立ち向かうものだと思っていたけど、ソレも違う。
自分とも誰とも戦わない。 正義は裁き、決して許さない事だった。



                                                                                

2016.09.11     変化球   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

それは一見不安定に思えるけど…


小さな現実創造実験をしています。上手く行くのは行くのだけど
どうもストレートじゃない実現の仕方をすることが多くて・・・。

結果は望んだ通りになることを思うと、それは自前の方法論より
流れを信頼しなさいって意味なのかと その方が自由だなぁ
(それとも…私がヘソ曲がりだから、変化球な創造するのかな




                                                                                

2016.09.10     渾々   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

内なる源泉を探して


統合されるべき否定している自分に意識が向けられた昨日でしたが
小さな小さな穴が空いたのかも…しれません。骨盤の痛みも急速に
軽減しています。(ご心配して下さった皆様ありがとうございました。)

師匠にお願いしていた波動空間スピーカーのversionupもケタ違いに
素晴らしく 私をぐいぐい引き上げてくれています。深夜に思い付いた
アイディアについて調べようと Amazonに注文をした本が、夕方には
届いて早速取り組めるのも嬉しく、内側の流れを感じ始めています。


                                                                                

2016.09.09     夏の終わり   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Helios 103 53mmF1.8

打ち上げられた アジサイの花


この夏は、自分の等身大(現状)を 知り続けて来た季節でした。
情けなかったりガッカリしたりもあるけれど、表面の落胆とは裏腹
その奥では意外にも安心感や安定感を感じているのも事実です。

そして間もなくやってくる秋分に向け、次のコマが見えて来ました。
ワークのおかげです。関わってくれた師匠と仲間達に感謝します。
ここを越えられた先には…、それこそ未知の世界がありそうです。






                                                                                

2016.09.08     目先   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

自分を

信じたら 進める? 信じるために 進む。


同時進行しかないんだなぁ・・・  ヒトリゴト




                                                                                

2016.09.07     佇む   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

それは分かった で どうしたい?


骨盤の痛みは変わらず、仲間からもらったアドバイスに従って
明日のワークに備え今日は丸1日心身共に休養モードでした。
( 礼子ありがとう! )

ですが…まぁ波動の低いこと! 低い波に身を任せ感じつつ
変化を否定する自分と対話しました。 このままで良いじゃん
なんて甘美な誘いでしょう。でも真綿で首を絞められる心地。
ここを確認するのは、今の体調とともにもうここまでにしたい。



                                                                                

2016.09.06     共に ゆく   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

ありがとう と 言い合いながら


時間が経過する毎に痛みを増す骨盤痛に、衰弱しつつのシェア会で
自分の経過報告をしながら怖れや弱音をこぼしたら…思いも寄らぬ
多大なエールを仲間から貰いました。皆の目には信頼と愛があって
私が信じていない私(自分を生きる私)を先に知っているかのように
それはそれは力強く温かく励ましてくれました。私はみんなの味方で
在りたいって思っていたら…みんなが私の味方でした。 ありがとう




                                                                                

2016.09.06     溶岩石群   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

ゴツゴツで ビリビリ・・・


昨日の夕刻過ぎから急に骨盤が痛くて、こんな風景を痛みで
味わっています  この症状は初めて…腰痛とも違うしなぁ。

内面的に思い当たるとしたら…朝泣きながら目が覚めた夢。
『 こんなにやって来たのに 』 報われない悲しさを、半分夢
半分現実の意識の中で これはどんな感じなんだろうか… と
味わっていたという…。(半分夢の中で、感じれたかは不明)

今日は午後からシェア会があるので、必然性から考えると
『役に立たない私』 がキーワードなのかもしれないですね。

私信:今日参加のみなさん…よろしくお願いします<(_ _)>



                                                                                

2016.09.05     峠の曲がり道   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

その角を曲がった先は・・・


もう9年程前になるのでしょうか…初めてスピコンに出店した時に
インパクトのあるクライアントさんに描いたリーディングイラストを
最近何回か思い出していたところ、良く似た景色と出逢いました。

この時見えた曲がり角の印象は、『曲がった先は予想も出来ない
未知の世界 』だと伝えた事がそのまま今の自分の事と思えます。



前回のワークで自分の方向性について疑念を持ったのですが…
ずっと気になって仕方無かったこのクライアントさんとの出来事や
その後の似た出来事( 要約すれば 特権意識の誘惑 )を、今正に
これを書きながら考えていて1つだけ分かったのは…私は彼等が
与えてくれようとしたものを(揺らいだけど)選ばなかったという事。
この事実に基づいて、私が望むものの方向は既存の価値感では
無い事を信頼出来ると思えます。 …ブログ書いてて良かったぁ



                                                                                

2016.09.04     軽井沢   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

人が癒される場所


避暑地として有名な軽井沢に初めて行きました。有名な場所ほど
どこか捻くれて ふぅ~ん と構えるようなところもある私ですが…
確かに…気持ち良い。捻くれ返上、完敗(何故負け?)認めます。

緑の香り、爽やかな風、流れる小川のせせらぎ、自然の癒し部屋。
久々に感じた とある肯定的な感覚があって…それが大きければ
大きいほど、相反する自分の中のフラストレーションが鮮明に感じ
られました。 もう、そこを外して真の満足は得られないのかも…。

悲しいやら… 嬉しいやら…



                                                                                

2016.09.03     万有引力   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

それさえ 枠(許された制限)の中の法則


落ちた林檎を見るとニュートンの法則を思い出しますが、調べてみると
案外ちゃんと実証されているわけではないんですねぇ。 一説によれば
この法則で宇宙の質量を計ると、目で見えている物質は宇宙の4%に
過ぎないことになるとか。 観測不能な96%をダークマターと呼ぶそう。

顕在意識の領域とか、世界の真の支配層の割合と、ほぼ一致するのは
宇宙(普遍)の法則ではなくて、地球(制限)の法則だからなのかと推察。

この多大な未知の領域が自分の中にも在ることを、もっと希望にしよう。






                                                                                

2016.09.02     心持ち   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

何が違うのだろう


昨日のブログはワーク直後もあって、高波動に対しての否定性が
顕著に感情に現れていたな~と、今日は少し冷静に見ています。

こんな時に何を…と思う自分もいながら、突然 やりたい… って
衝動でオニキスのブレスをリニューアル。まだ1度しか使ってない
ネックレスの石のクオリティが気になっていたのでソレも取り替え。

したいと思いながらも面倒で流していたような事が、今日は何故か
軽く動けて仕上がりも満足。どこにも負荷が掛かっていないうえに
たったこれだけで気持ちがかなり上向き。面白いなぁ自分って…。



                                                                                

2016.09.01     ANCHOR   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

その人が愛であることだけは 分かる


これまで望んできた安心こそが変わらない城壁になっていると実感して
この足場に落胆したり、手放す怖れを感じたり、途方に暮れるばかりで
観念は変えられると信じていないから、悲観的にしか見ないことが判明。

よくよく思い出せば、悲しみと勘違いするあの独特の喜びは確かにあって
そこにはたぶん希望を感じていたように思う。それなのに…ちゃんと聞き
ちゃんと受け止めちゃんと答えるという師匠の真剣な対応に怖れを感じて
閉じていた感もあり、自分の反応が本当にそれが自分か疑念的になって
愛なのか本能なのか分からないし、何故愛だと言い切れるのか分からず
…今とても混沌としています。でもたった1つだけ揺るがない信念があって
それを希望と感じる…それだけでここまでやって来たことだけは確かです。

師匠の中に感じるその希望を…私は私の中に見出し、実として伝えたい。
今まだ何も無い状態だけど、分岐目前で自分に打ち込んだ思いの楔です。