プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2016.10.31     Trick or Treat   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

ハロウィンの前夜に 解けた魔法


ずっと 『 間に合わなかった 』 と後悔していた事があって…
確かに表面的物質的にはそうなのだけれど、それが 実は
私の内側では 『 間に合っていた 』 という理解を得ました。

気付かせてくれて ありがとう




                                                                                

2016.10.30     世界と私   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

の 関係性をみる


意図は合っているのに、表現が思うように一致しない。。。
なんか悔しいぞ~~ 0( > < )0



                                                                                

2016.10.29     集いの余韻   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

思いを馳せる


テーブルを囲んでの 嬉しい祝杯もあっただろう 
思い悩んで喉に通らなかったこともあっただろう
憤って誰かが席を立つこともあったかもしれない
年月を経て ここに集っていた人達はもういない

どの瞬間も 大切な時間であったことを感じて…







                                                                                

2016.10.28     構築   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

突然 生きてるだけですごい… って思えた


どうしようもないグダグタな時もあれば、スコーンっと突き抜ける時もあって
盛り沢山でドラマチックな全てを抱えて そうやって面白くしてるんだなっと
世界の舞台裏 ( イメージはベニヤ板 笑 )から表舞台が見えた気がした。

ぱぁ~っとやって来て、一瞬で さぁ~っと消えちゃったんですがね… 






                                                                                

2016.10.27     ポージング   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

MC JUPITER-9 85mmF2

写すよ~ はい ポーズ!


正面は、良いんです。 意識して見せたいようにキメてるから。
肝心なのは背後なんです。 その背後の方に野放しのままの
ここだけは別だから良いのって特別許可区域があるんです。

その特別区域の許可とは、報復は当然 という法のようです。





                                                                                

2016.10.26     強がり   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

MC JUPITER-9 85mmF2

ワタシハ ダイジョウブ


何年も前に…私の中で表情一つ変えずにそう言い続ける子を見つけた。
この子、全然大丈夫なんかじゃない! 私の方が悲しみに囚われた瞬間
『 受け止めてやる筈のお前が狼狽えてどうする! 』 師匠に一喝された。

すっかり忘れてたあの子を見つけた。あの子は私だし受け止めるのも私。
もう大丈夫、待たせたね。 まだ頼りない私だけど、もう一人にしないよ。

強がりじゃなくって 強くなりたい。 大丈夫じゃなくったって 大丈夫だよ。




                                                                                

2016.10.25     幻想-覚醒   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

信じていることが 現実になる


昨日自分で書いた ~たいなあ って言葉を読み返したら 微かな
怒り?を感じた。 違うでしょうって突っ込みが心深くから聞こえる。
自分の現実を自分で変えられるとは信じていない癖がソレを言う。

もしかしたら…無力であることは幻想かもしれないと思った途端に
急に怖くなった。 ここの怖れを解くには どうしたら良いんだろう。

( 肉体年齢は関係なく ) 霊性の理解において私はまだまだ子供。
子供が大きな力を持つのは危険だから必要な制御なのだろうか。

そもそも力って何だろう。私が欲しい力は自分の世界を望むように
変えられる力であって 他者に対して効力を示すような力じゃない。
それって怖れる必要があるんだろうか…。











                                                                                

2016.10.24     揺れながら   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

MC JUPITER-9 85mmF2

自分を見つけていく


否定性がなくなることが幸福なのでは無い。( その方が良いけど… )
振り返れば、否定性によって鍛えられた事が今の私を支えてくれる。

そういう学び方も、そろそろ変わってくるのかなあ。 変えたいなあ。




                                                                                

2016.10.23     幼稚さ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena TESSAR 50mmF2.8

僕のっ僕のっ 私のっ私のっ 


仲間からのメールに書かれていた気付きが連鎖反応しています。

わかって! そうだねって言って! 満足させて! 安心させて!
保身の自己主張は、とても意地っ張りで駄々っ子で分からず屋で
つい最近の私の反発は、正にその通りだったから良く分かります。

あれって小さい子の癇癪みたい。自分で止められない暴走状態は
幼稚だわ…。加えて私は幼稚さを否定している事に気付きました。
幼稚さの反対は老練。老練のイメージは、出来る人、役に立つ人。
この辺りにも、思わぬ自分の観念のカラクリが潜んでいそうです

そういえば最近、第三密度の在り方って幼稚だなぁと思ったばかり



                                                                                

2016.10.22     いとなみ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena TESSAR 50mmF2.8


収穫を終えたら・・・


気が付くと、今年の収穫が終わった田圃があちこちに見受けられ
もう 次(来年)の収穫に備えて耕耘(こううん)している様子を見て
分岐点を過ぎたと安心している場合じゃ無い事を思わされました。

もっとも…踊り場にテント張りたくても、踊り場自体が 無い カモ





                                                                                

2016.10.21     決めたこと   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena TESSAR 50mmF2.8

ハッキリとした認識は無かったけど


少し前に名古屋の友人と電話で話した時、一番伝えたいと思った事を
話しているうちに 最近自分が方向を 『 決めた 』 ことが分かりました。

出来るのか? 出来ているのか? と考えはじめると怖じ気づきますが
出来る出来ないが問題じゃなくて、大袈裟に言えば 『 覚悟 』かな…。

そういえば最近怖れが少しだけ変化した気がするのも、そのせいかも。













                                                                                

2016.10.20     追っ手   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

誰に 追われて?


撮影会に一緒に参加した仲間が、このネタを出していたのを見て
さっそく便乗しました! このタイミング逃すと出せなくなりそうで

楽しいだけで無く、もっと伸び代があるじゃないかと反省点も多々
感じた1日。 変わらなければ安牌…でも無いって事を知りました。
そういった気付きも 『楽しさ』 の中に含まれることが嬉しいです














                                                                                

2016.10.19     聖杯   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena TESSAR 50mmF2.8

それは いつでも現れる


私の好きな 某 アニメに出てくる聖杯は、仲間達と心を1つに合わせることで
無敵なパワーを得るアイテムとして出現します。ふとそれを思い出しました。

昨日も波動が高かったようで、帰宅後は画像の保存だけして事切れました
おかげで今日は久々に体が軽~い♪ 楽しかった余韻を 今味わっています♡

ランチは最高に美味しかったし♪ 一杯語って一杯笑って珈琲も美味しかった
あの時間はもう今ここには無いけれど、感じたものは何度でも思い出せます
とりまとめてくれた春美♡ ご一緒出来たみなさん♡ ありがとうございました!

次回も楽しみ~ (*^_^*)











                                                                                

2016.10.18     この ひととき   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena TESSAR 50mmF2.8

ああ もう たまんない


私の大好きな時間の1つ。 何かを成した後の一服( 珈琲 )TIME♡
今からもうすでに わく♪ わく♪ しちゃってます。 困ったもんだ… 笑

名古屋から仲間を迎えて、全員大集合の第一回目の東京撮影会。
多くの人がそれぞれ色々な思いあっての参加と聞き及んでいます。
その中で私は何を選ぶだろう、何を撮すだろう、何を感じるだろう…
( 気が引き締まる感覚も伴っての )楽しみです

今日ご一緒するみなさん よろしくお願いします (*^_^*)




                                                                                

2016.10.17     月齢14   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena TESSAR 50mmF2.8

月の満ち欠けに影響を受ける・・・


今日は満月だったんですね。名古屋の友人のブログで知りました。
これは昨夜、眩しい月に魅入って撮ったもの。満月直前の月齢14。

どうりで?昨日(今日)は眠くて眠くて使いものになりませんデシタ





                                                                                

2016.10.16     今日の微睡みに   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

MC JUPITER-9 85mmF2

選択しなかった別の日々を思った


『 ご褒美じゃない? 』 『 何の? 』 旦那に言われて笑った昨日。
こんな風に日々を過ごせたら良いね…と思えるような1日でした。

先月、施設で転んで大腿骨を痛めて以来 少し食欲が落ちていると
聞いて心配していたお義母さんも、予想外にとても元気そうでした。

師匠に言われて気が付いて、私が選択を変えたのは今年の1月。
もしあの時、あのままだったら…今とは全く違う生活だっただろう。

よく来てくれたわねぇ と、言われるような事もなかっただろうなぁ





                                                                                

2016.10.15     うさぎは…   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

寂しいと 死んでしまう。。。


とか良く聞きますが、調べてみると~どうやらそれは違うらしい?

どんな動物でも 目を掛けられない( 無関心 )状態では、世話が
行き届かずに病気になりますって…そりゃあそうだわ ごもっとも。
可愛らしい言い伝えだけど、うさぎに大変失礼なレッテルでした

今日はお義母さんとの面会DAY。私が同行するのは久しぶりです。
うさぎの話と一緒にするわけではないですが 一緒にいる時間に
どれだけ愛でいられるか…距離じゃないって事も教わっています。










                                                                                

2016.10.14     グラビティ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena SONNAR 50mmF2

愛おしい地球


映画 『 ゼロ・グラビティ 』 が、たまたま録画されていたのを見つけて
たまたま なんとなく再生しました。 たまたまなんてホント無いですね。

中判までは、映像頑張ってるねぇ~くらいだったのに、噎び泣きました。
これから見る人の為に詳しくは言えませんが、あんな心境になりたい!
いや、なろうとしているんだと思います。 (あそこにもハンジをみます。)

最大の恐怖の中でしっかり目を見開き、正に自分自身を体感している
完全なる統合(と、私には思えます。)には 後悔なんて無いんだなと。
結果が良しなら尚良いけど、もうそんなことはどうでもいいくらいの…。

一番大事なのは 今 でしょ。  どう生きるか でしょ。  参った…。
(勿論映画なので、刺激的なドラマに同調している事は自覚の上デスb)

子供の頃天文台に勤めたいと思った程宇宙好きでしたが、これを見て
絶っ対にこの肉体の間は宇宙になんか行くもんか!とも思いました





                                                                                

2016.10.13     宙 そら   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

宇宙から見る地球みたい・・・



私達の魂は、この制限の向こう側と繋がっているんだな~。

一人一人が制限の力を行使し合って縛り付け合っている。
誰かが…と思う前に、自分が制限の常識を信じている為に
自分にも他者にも そういうモノだ と押しつけあって来た。

それが出来たのなら…その反対だって きっと 出来る筈。









                                                                                

2016.10.12     マニ宝珠   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

深遠なシンボルの美しさ


陰陽と同じく宝珠も相反する2つ(火と水)の力を統合させた形。
如意宝珠とも呼ばれ、何事も意のままにという意味があるそう。



過去記事を整理していたら 9月6日付で保存されていたのを発見。
虹色呼吸(瞑想)法を聞いた直後のものかな。 この時はまだGF1。
ひと月後にα7Ⅱのカテゴリが増えるなんて想像もしませんでした。

たった一ヶ月前なのに、なんだか遠い昔の事のように感じられます。








                                                                                

2016.10.11     背後から   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena SONNAR 50mmF2

微笑ましく 見守る


小さな子供でなくても、この位の世代の若者にも感じるようになった。
この子達の未来について…。 私もそんな歳になったんだなぁ。 

急に隠居チック?( いあいあ マダマダ ドウシテドウシテ ←謎の慌て






                                                                                

2016.10.10     ランプ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena TESSAR 50mmF2.8

灯りによって 空間(世界)の見え方が違う


昨日のワークは、前回以上に足場の違いを感じられました。
違う…ことは分かるけど、まだ慣れていないので手探りです。
まるで、このTESSARのよう 新しい灯り(意識)とレンズが
どんな視野を広げさせてくれるか、あるいは広げないか(笑)
どちらにしても楽しみです。 ここが既に変容の片鱗ですね。










                                                                                

2016.10.09     中央分離帯   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena TESSAR 50mmF2.8

見ないでくれよぅ。。。


慣れない歩幅で歩いていたら、うっかり横断歩道の途中で信号が
変わってしまった青年。 両サイド車が走っていて、しばし足止め。

① 行くも戻るも出来ず、信号待ちの人々の注目が居たたまれない。
② この突発的場面が俄然面白い。 目立つ事が快感でポージング。
③ 信号が変わる事にお構いなしで夢中で電話。 今もここにいない。

他には…他には…。思い付く限りの想像は、視野拡大の1つの方法。




                                                                                

2016.10.08     秋 思ふ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

MC JUPITER-9 85mmF2

ハナミズキも そろそろ落葉の候


波動が上昇すると、間もなく それにそぐわない波動が浮上する…
その UP↑ DOWN↓ にも予測が付くようになったなぁと思います。

枯れた葉にもの悲しさを感じるスイートな感傷。 それも良し、また
今年も生ききったと潔く枯れ落ちる誇りを感じるも良し、だな~と









                                                                                

2016.10.07     静かな満足感   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

頑張って来て良かった と思えた日


本日は定期セッション。 私の反映で変化を怖れて動かない事がテーマ。
α7Ⅱに踏み出す時の経験が、私を強く支えてくれる事が分かりました。

そして、セッション内で得られるドラマチックな感動劇よりも、日常の中で
本人が気付ける事を何よりも大切にするワークが出来たと感じています。

” 私が何かしてあげられる ” そんなエゴを満足させる為、すぐに答えを
出そうとしてきた力が抜け、とても地味だけど今までで一番満足した日。

これは間違い無く、シェア会での経験があってこその自分の進化でした。
言い切ってしまうと傲慢な気もしますが…未熟さを重々承知のその上で
最善を尽くせた自分への信頼を感じていることだけは本当です。嬉しい。

ここから! と思うからこその今、進んで来た事を感じられるのは次への
力に繋げていけます。 全てから学ばせて貰っていたことが分かります。
今 共に生きている全ての方々に… ありがとう







                                                                                

2016.10.06     その背中(せな)を追って   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena SONNAR 50mmF2

見ているだけでは 分からない事


どうして受けたくも無い波動を受けながら、やってこれたのか。
師匠に何度も聞き、自分がほんのちょっとでもそこに触れれば
途端に自分には無理だ、そんなキャパは無い…と思いました。

でも、やっぱりその強さを身に付けたいと切望する私がいます。

ふと思いました。私が怖れている波動(怒りとか恨みとか)には
その根元があって、そこが理解出来たらまた違う感覚になれる
のでは無いか…と。 また、師匠だって怖くない筈はなく、嫌じゃ
ないわけなんか全く無く、それでもそこを越えられる何かとは…
強さ の前に、自分の 弱さ をどこまで受け止められたかどうか
それが理解力…共感力(これには想像力も必要です)の深さで
そこが 愛 なんだと…繋がって思えました。その強さ欲しいなら
自分の弱さを受け入れなさいってことですね。やるっきゃない

強くて優しい その背中が目の前にあるうちに 得たいのです。





                                                                                

2016.10.05     やさしさに包まれたなら   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Leica SUMMICRON 50mmF2

きっと すべてのことは メッセージ


昨日 『 異国 』 というタイトルで感じていたことを書きながら
もう一方では1日中ずっと頭の中で繰り返し繰り返しこの歌
(荒井由実だった時の曲なんですね~)が流れていました。

やさしさに包まれるってどういう事だろう…周囲が優しいって
ことじゃなく自分の気持ちが優しい時って事なんだろうな…。
今日のシェア会でも、その事を意識していたいと思います。



                                                                                

2016.10.04     異国   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

どこもかしこも…


世界は自分の反映だという認識を持って見渡せば、外国人だらけの日本。
そこに私の中にある、先日の赤とんぼ事件にも共通する 『 偏見 』 をみた。

わからない、同じでは無い、それ故の防衛本能的怖れ。全て幻想なのに
その幻想を本物のように怖れとして感じるところから現実を創造している。

でも…本当に感じている事を誤魔化してしまうから、ややこしくなるだけで
やっぱり取り組むべきは肯定性の前に自分の否定性なんだと思います。





                                                                                

2016.10.04     ウクレレ・レ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

MC JUPITER-9 85mmF2

軽やかなアナタ


東京ワークの後、予想外に濃厚な時間を過ごしていたので
今日はひとりになって、ゆっくり内側に向かおうと思います。

そうそう、新しい "ゆる(ストレッチ)気功" 優しい名前に反して
気の活性感は、これまでに感じたことの無い早さと強さです





                                                                                

2016.10.03     深海へ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena SONNAR 50mmF2

私は潜水士


意識深くの深海に本当の私がいる~…みたいに思っていたけど
昨日今日と何人かの仲間と少し突っ込んだ話をしている自分を
振り返った時急に、分断された自分の意識を探って潜水していく
その意識が 現実創造の鍵を握っている私 なのだと思えました。

それは、ようやく船の舵を握ったかのような安心感を伴う感覚で
安心という言葉が安定ではなくて変化だと置き換わった感触が
微かにしました。それが本物かは…この先の結果で分かる筈。

自分にも仲間にも今最も強く感じているのは ここからだ! です。



                                                                                

2016.10.02     難易度   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena TESSAR 50mmF2.8

ここには 3つの怖れが あります
( いや…もっとかも ) 


『 私には出来ない 』 という波動が止める(ていた)もの。
動かなければ難易度はどんどん上昇して、出来ないと
いう現実を確実に実証します。そこで出てくる言葉は…
ほら やっぱり

同じ言葉なら、きっと上手く行くよ ほらやっぱり! が良い。
( 宝くじが当たる人は、何回も当たるって原理ですね