プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2017.05.22     善悪観   
カテゴリ:Ricohflex VIIs

 

RICOH ANASTIGMAT 80mmF3.5

「人の性は悪なり、その善なるものは偽(ぎ)なり」 荀子


自分は性善説派だと思っていましたが、実は根深い性悪説が
基本にあったのではないかと思い直し 事実そうだと思います。

人の役に立たねばならない、人の感情の責任を取らねばならない
これは人を母に入れ替えてみれば全くその通りに生きて来ました。

それは私にとっては幸せではないということは分かっていたけれど
それを疑問に思う事は無く、嫌だから 避ける ことで回避しただけで
それは義母の介護において私が全面受け入れると決めた時でさえ
師匠の指摘がなければ自分の本意に気付かないままだっただろう
事象にそのまま現れていました。自分の 外の善 に従おうとすれば
するほど身動きが取れなく(取りたくなく)なっているのが現状です。



                                                                                

2017.05.21     木漏れ日のように   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

何かが 心を刺激している


昨日のブログは、テーマに沿った写真だけは先に掲載したものの
文章がなかなか書けなくて、今日夕刻になってやっと書きました。

それ(不幸)を疑問に思って良いの? 思って良いんじゃないの?

不幸というと判断が入って来るので、不本意なこと 不条理なこと
嫌なこと 辛い事 苦しいこと を総称してそう呼ぶことにしますが
それらを疑問に思うこともなく、なんとかしようと思うのには無理が
あったように思います。疑問視が出来るのは、その反対の在り方が
当たり前であるという感覚があって出来ることで、私に その感覚は
全くなかったということです。私が見ていたのは信じてもいない理想
だったのだと知りました。それじゃモチベーションにならない筈です。





                                                                                

2017.05.20     海底探査機   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

なんの為の探索?


自分にとっての不幸(不本意とか不条理とか)に疑問を持つことが無かった。
嫌だとは思うし、それで良いわけではないけど、真っ向からそれが 変 だとは
思えていなかった。それは普通のことで当たり前で、受け入れるものだった。

何を 普通 にしていたか(私がそういう価値を与えていたか)が暴露されて
そうすると、『自分力』という学びで一体何をしようとしていたのかと思えば…
それは、“何かを成す”という目的が無い ただの探索だったように思います。

師匠の 疑問に思って良いんじゃないの という言葉を何度もリピートして聞いています。
幸せでは無いという感覚は、当然なんかじゃないんだよ と自分に言い聞かせています。


                                                                                

2017.05.19     晴れた日に   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

気ままに過ごす


晴れの日には何かしなければ…と急かされる気がしますが
今日はあえて(用事はありましたが)予定を組まず思うまま
好き勝手に過ごしました。爽やかな風を受けながらお散歩。

あ~ やっぱり気持ち良い~な~ (*´ω`*)

全然 嫌いじゃないんですね。ただ、何かしなければならないって
自分に与えた“〇〇べき”制限を感じてる時だけとても負担です。
この制限は、思っている以上に広範囲に深々と根付いています。


                                                                                

2017.05.18     ドラセナの花   
カテゴリ:その他

 

携帯にて撮影


師匠宅に、季節外れに咲いた 幸福の木(ドラセナ)の花。 
今日のワーク終了時に、最後の2輪が開いてくれました。

自分は無力である。自分には自分の人生を変えられない。 
もしくは…、せっかく手に入れた今の状態を変えたくない。

自分が設定して来た 『 不自由 』 という人生のシナリオを
書き換える際の最も大きな怖れが引っ張り出された今日。
この2輪の花は、私には最後の希望のように見えました。






                                                                                

2017.05.17     奉仕   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

やっぱり 美味しい…


奉仕のアイディアが全く浮かばず煮詰まったので、珈琲を焙煎して淹れました。

完全に自己流です。量も火力も時間も勘だけ。深入りで誤魔化せているのかも
しれませんが、パチパチとハゼる音と香ばしい煙りに包まれる時間は飲むのと
同じくらい(もしかしてそれ以上かも?)楽しい。心がシンとして瞑想のようです。
(焙煎と言っても、ゴマ煎り器で炙ってるだけなので全然カッコ良くはないです

自分への奉仕を珈琲でしているようなものかも…。








                                                                                

2017.05.16     群れ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

自分の言葉を持たない故の…


よく某ヒーリングショップ(この世界では草分け的な店)からDMが届く。
毎回超怪しいアイテムが開発され、そこそこな値段で掲載されている。
今日もそんなカタログをめくりながら、嫌悪感と羨ましさを同時に感じて
いました。 嫌悪感なんてあったんだ…。 ちょっとびっくりしています。

集団に属していた方が安心だという、生存本能的な安心欲求の強さを
どうしたら解除出来るんだろう…。

まずは、ひとりぼっちになる怖れにもっと寄り添ってみようと思います。



                                                                                

2017.05.15     Enigmatic ones2.jpg   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

う ・ わあぁ ・ ・ ・


得体の知れないものは嫌われると思う前に、自分への
評価が何故そうなるのか。 自分を愛していないって事
他ならないなと思いました。

この生徒さんの表情が うわあ”~ 嫌だ何これ~ か
へ~不思議 おもしろい か、見方は自分のものです。



                                                                                

2017.05.14     Enigmatic ones   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

得体が知れないものへの怖れと興味


漠然とした段階では、漠然とした答えしか出て来ないのですが
今日は空いたままになっていた義母の家と店舗を動かすべく
リフォームの相談へ行きました。 直前、仲間からのメールが
キッカケで私が望む 自分を楽しむ場、 繋がりを味わう場 を
創りたい!と心が強く動くことがあったのも偶然ではないです。

今日最も困ったのは店舗の説明でした。何をする空間なのか
それが明確でないと設計も出来ません。この店は何ですか?
得体の知れないものと思われるような事しか言えないことが
とても怖かったです。共通する認識で、カフェと言うのが得策
でした。得体の知れないものは嫌われると思い込んでいます。



                                                                                

2017.05.13     雨の日に   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

静けさに 落ち着く


晴れの日も好きな時はあるんですが…実は小雨くらいの日の方が
好きだったりします。晴れの日は、何かしなければならないような…
そして何かしなかったら罪悪感になるような心の縛りがあるんです。
薄暗い雨の日は、それをしなくていい気がして、落ち着いています。

今日はしっとり落ち着きながら、明日リフォームの相談に行く為に
店の図面とにらめっこ。まだ良いアイディアが全く浮かばないので
心の取っ掛かりだけでも得られたら良いな。暗中模索とはこの事。






                                                                                

2017.05.12     サーモグラフィー   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

外側から 自分を識る


赤外線繋がりで、昨日届いた遠赤外線効果の森修焼ですが…
それ以前からペンダント以外のアイテム(皿など)を使っていて
それらの効果なのか、数年前に煩った?四十(五十?)肩から
右腕を完全に上げる事が出来なかったのに…上がるんです!

1日経過し様子を見ていますが、痛みも無いし軽く柔らかい!!
自分の身でこんな体験をしてしまうと…これは信じないわけには
いかないではないですかっ ←これでも案外疑い深いのです。



                                                                                

2017.05.11     森修焼   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

ペンダントトップ 希望


最近仲間内でブームの“森修焼”。遠赤外線効果で腸を温めるほか
飲み水に対しては湧き水のような変化を感じたり…と 大活躍です。

先日の失敗とは、この生産中止になっていた水晶デザインの品を
格安で手に入れようとして ちょっと怪しい(本当はちゃんとした店
なのかもしれませんが…)ショップに手を出してしまったことでした。

落ち着いて検討し直し、今日無事に届きました。 よかった~(*^_^*)
でも届いてみて思ったのは…水晶というより、恐竜の歯だな…と






                                                                                

2017.05.10     ほうこう   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

方向 芳香 奉公 砲口 宝幸… イロイロありますねぇ


この場合は咆哮です。

これ動かない骨だから楽しんで撮影していますが、肉付けして
もし動きでもしたら…怖いです。 人間の小ささを実感しました。









                                                                                

2017.05.10     国立科学博物館   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

存分に楽しみました

本日、とりまとめ代わって第一回目の東京撮影会でした。
先日のセッションで得た事から意識していたのは、制限。
別の言い方をすれば楽しんではイケナイという観念です。

とりまとめという役割に無意識に自己犠牲に走らないよう
(自己犠牲をする自分に酔うのです。)自己観察しながら
ところどころ規制的厳しさが出ていることも発見しました。
その背後には、やはり正義感があったなと感じられます。

今日はもう1つ『 寄り添い屋 』と名付けた在り方もテーマに
していたので判断はかなり少なくて済んだように思います。

そんな自己観察も含めて、久々の撮影会は楽しかったです♪
今も…今日1日の充実感と満足感を じわじわ 感じています。
今日も ありがとう♡ (*^_^*)





                                                                                

2017.05.09     無力   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

自分では どうにも出来ない という怖れ


昨日 セッション帰りのバスで、小学3年生くらいの自転車に乗った
男の子達と危うくぶつかりそうになりました。 道路がややカーブして
いた為にバスに気づかなかったのか、友達と話に夢中だったのか
危ないなぁ~と思った瞬間、バスの正面に飛び込んで来たのです。

急ブレーキを掛けても間に合わない距離と速度でしたが、ギリギリ
かわして幸い事故にはなりませんでした。 全身が硬直しました。
私が座っていたドア側最前列の、まさに目の前で起きた出来事で
目を見開いた子供達の顔がスローモーションのように見えました。

私の乗ったバスが、私の真正面で子供をひきそうになった瞬間
ありもしないブレーキを強く踏み込む真似事しか出来なかった。
しばらくショックが抜けませんでした。 自分では操作が出来ない
力によってしたくない事をしてしまう怖れ。 無力感を感じました。

自分に置き換えれば操作が出来ないのではなく、操作しない
無力と捉えます。 これがセッション直後に起きたということの
意味を真摯に受け止めています。無力を選ぶ事は加害です。
今回は 事故にならずに済んで本当に良かった。  


                                                                                

2017.05.08     月   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

闇を照らす光


今日は緊急(?)個人セッションでした。 まだまとまっていませんが
1つ、自分を受け止める穏やかさの感覚をほんの少し掴んだ事と
1つ、自分の現実創造を阻害するものが、未だ母を象徴としている
自分の中の制限で、それが宗教的な道徳観念に起因するらしいと
以前よりは実感を伴って感じられた事は大きな収穫だと思います。

まだ、手がある。それを教えて貰える場があるってありがたいです。
今日もありがとうございました。

帰り道で少しショックを受けたことがあり、今このタイミングで関係の
無い事が起きるとは思えません。次の更新で綴りたいと思います。





 
                                                                                

2017.05.07     芳香   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

旨いっっ


ビギナーズラックの領域だとしても、なんだこれは!と
家の中を一周走ってしまったほど…自家焙煎旨い!!
炒りたて挽き立ての珈琲豆が黄金に輝いて見えます

家中に漂う焙煎の芳香がまた…なんて至福なのでしょ





                                                                                

2017.05.06     自家焙煎   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

やっと…


グラインダーが来て、生豆を温存していた事を思い出しました。
あまり期待していないのですが…初自家焙煎に挑戦。 さて…。



                                                                                

2017.05.05     グラインダー   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

Nice Cut G …ネーミングがイマイチですけど~


前々からの憧れで(珈琲専門店にいた頃 業務用を使っていました。)
悩みに悩んでとうとう家庭用を入手。見ているだけで嬉しい…≧▽≦

これより1つ前の機種のシルバーを狙っていたのですが、静電気が
凄い。音もデカイ。 次世代のネクストGは一番消音、静電気対策が
なされてるけど見た目がどうしても満足出来ない。で 間取ってコレ。
粉出口に銅を巻き付けて自力で静電気対策を施し、許容範囲かな。

手動ミルと小型電動ミルを使っていましたが、本当は最初からこれを
使いたかったんです。台所のカウンターが一気にカフェコーナーに♪









                                                                                

2017.05.04     そろそろ…   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

SOM BERTHIOT LYTAR 25mmF1.8(C)

ほとぼりも 冷めたかのう


先日の失敗の静観も今日辺りで解除して仕切り直し。
今度は慎重に検討して、改めて発注を済ませました。

仲間に投げ掛けられた検案、先に進まないように自ら
“ 作りだした失敗 ”の可能性も決して否定出来ません。

名古屋の友人も言ってたけど…ホントに騙し騙しです





                                                                                

2017.05.03     飯田橋   
カテゴリ:LUMIX GF1

 

SOM BERTHIOT LYTAR 25mmF1.8(C)

随分変わった  当たり前か…


昨日のシェア会後に旦那に呼ばれて飯田橋へ。
30年程前に務めていた会社がこの近くにある。

シェア会でみんなの励ましを受けた後にこの再会は
あまりにギャップがあり過ぎて帰宅後にダウン…
不覚にも久々に未更新を記録してしまった。 くそう





                                                                                

2017.05.01     気がかり   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

感情の結石


昨日の失敗に関しては、しばし静観の時間が必要で
このモヤモヤっとした感覚をそのまま眺めています。

この快適とは言えない感覚を受け止められなければ
その後は自分に嘘をつくことしか出来なくなりますね。

そうやって来た部分が少しづつ剥がれている様です。