プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2017.07.31     余韻   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

楽しむコツを 楽しみながら模索中


旦那のチャレンジ精神に乗ってみようと勇んで行った今回のドライブですが
そう思うとそうはならないと言うか、意外にも旦那があまりチャレンジしない…
逆に私の方が、え~ソレ前も同じだったじゃん ソレ安牌? と突っ込む始末。

まてまて…人の選択は人のもの、私が自分でチャレンジすれば良いじゃん!
私ってすぐ人をアテにする甘えん坊ですね^^; ( あ 今少し否定が入った )

ランチタイムで自分でやろうと心を切り替え、普段は選ばないもの、最初に
思い付いたもの、家族の選択に委ねてみること、などなどやってみました。
その異例なチョイスが思わぬ感動を招いたり、期待外れになったとしても
挑戦の結果として う~ん これはなぁ も在りだと面白く味わえたことが
何よりも収穫でした そしてこの日一番のがっかりはなんといっても珈琲。 

軽井沢だと言うのに(これも思い込み?)…どこの珈琲も美味しくない!
なんだ、これなら 自分の焙煎した珈琲が一番美味しいじゃないか…って 
思ってしまいました。 私の珈琲熱は、地味に静かに再燃焼しています。


                                                                                

2017.07.30     渓流   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Voigtlander ULTRA WIDE HELIAR 12mmF5.6

水の流れに 心を浸して…


先週は突然の海でしたが、今回は山でした。 日本の自然は豊かですね~。

全景を写したくて、なんとなく思い付いて持って行った超広角が早速の出番。
久々のウルトラワイドレンズが新鮮でした。 たまには違うレンズを使いたいと
思い始めていたので、その思いを叶えられた満足感もしかと受け止めました。

その満足を感じていると、自分だけでは手に入れる事はなかったであろうこの
超広角レンズを譲って貰えたことに遡って、譲って貰ったのはレンズだけじゃ
なかった(本当はそれが大事だったのに)ってことにあらためて気づきました。

そういうこれまでの、そして今現在も、どれだけ与えて貰っていたか いるか
( それは恩師にも 家族にも 友にも 全ての環境に対し) 気づいたというか…
受け取ることが感謝ってこういうことか~と、写真を楽しみながら思いました。
ありがたいです (*^人^*)





                                                                                

2017.07.29     新陳代謝   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

世界の変化は 私の変化?


新浦安にあるショッピングセンターは、私にとって良い意味での因縁の場所。
まだ旦那と知り合う数年前、インテリアデザイン学校の卒業制作で設定した
自分が住みたい憧れの街の施設として雑誌から写真を拝借したのが ここ。
数年後、新婚生活の買い物のほとんどをここですることになると、その時は
知る由もなく。イマジネーションが現実を引き寄せた例だったかも知れません。

先日久々に行ってみたら看板が取り外され、別の企業に買収された様子。
建物は同じでも中身が違う…。なんだかとても象徴的だなあと思いました。

最近、身近に関わる人や物が(入れ)変わっていっているような気がします。
寂しさと不安もありますが、その変化を受け入れられるような土台も同時に
育てて (育てられて) いるように感じています。 受け入れる…だけでなくて
楽しめてしまう自分に変わりたい

只今早朝4時。これからその新しい楽しみ方チャレンジに行ってきます(*^_^*)>


                                                                                

2017.07.28     今夏の新メニュー   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

…だ そうデス


ローズなんちゃらソーダ(ノンアルコール)を注文したのは私ではアリマセン。
『 パパってレストランとかカフェでのチョイスミスが多いよねぇ 』 と娘からも
言われていた旦那ですが、この時も店の人お勧めの旬な新作メニューを頼み
このような ラブリ~♡ なドリンクが運ばれて来ました。少々引き気味の様子

お味は… 合成香料的な不自然で強烈な薔薇の香りで甘い! シッパイダネ…

いつもどおりなシチュエーションでしたが…視点を変えて考えてみるとこれって
新しいモノへの好奇心に富み、そして実行する チャレンジャー ってコトでは?
あらためて旦那と自分の違いに気付きました。自分の枠から出たい私にとって
これを学ばない手は無いです。今更ながら…20年間全く気づきませんでした。

早速、明日も早朝から(私も車に詰め込まれて)どこかへ行くつもりのようです。
今までは、互いにしたいことしようよ~ と却下することもありましたが、明日は
これまでになく同行意思満々です。 意識が変われば感情も変わるものです。



                                                                                

2017.07.27     ポリシー   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

休館中のシルク・ドゥ・ソレイユ


最近ワークの度に耳にする(意識がフォーカスする)ことの多い『 ポリシー 』。
昨日この写真を掲載してから、ずっと文章を考えていましたが…書けず仕舞。
結論、私にはまだこれだと確信の持てるポリシーが無い。もしくは、あいまい。

それっぽいものはあります。もっともらしいものもあります。でもそれはどこか
世間一般で言われているものが刷り込まれているだけで、根拠が希薄です。
自分自身を生きて、考えて、初めて これが私のポリシーです と明言出来ると
したら…今の私のポリシーは、中身がガランドウの建物のようなものでした。

言い換えれば、社会的ボリシーはあるけど霊的ポリシーが希薄な感じです。
半世紀生きててこれか?と情けないけど、気付けないままでいるよりマシ。
悔しいなぁ



                                                                                

2017.07.26     SCARBOROUGH FAIR   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

いつか弾けるようになりたい


色々と憧れる曲はあるのですが、ハープを弾きたいと思ったキッカケにもなった
この曲(スカボローフェア)。 割と簡単そうな譜面を選んで先生に相談したら…
『 合う楽曲だと思いますが、まだちょっと難しいですね^^; 』 との事。しょぼん
でも、今は無理でもいつか弾けるようになりたくて、譜面を買ってしまいました!

音譜は読めない、リズム感もない、右手と左手が別々の動きをしてくれない…
楽器なんてまともに奏でられた経験の無い(どちらかと言えば挫折した)私が、
絶対弾けるようになるんだ!って少しは可能性を感じていることが奇跡です。

そうそう!先生と交渉中だった膝のせ小型ハープですが、無理だろうけど
出来ればこの値段だったら~と密かに願っていた値段どおりで商談成立♪
選ぶ余地は無かったので色も聞いていなかったのに、願ったとおりの色で
どうしてハープに関しては、こんなに上手く行くのだろう? と不思議です。



                                                                                

2017.07.25     いつの間にか   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

山積み…


PC不具合で翻弄されていた1日、今日は新しいICレコーダーにデータを
転送して簡単操作でノート起こししよう~とか、合間には明日レッスンの
ハープの課題を練習しよう~とか、新しい種類の珈琲豆のハンドピックを
しよう~とか、家族と一緒だった休み明けもあって一人の時間を楽しみに
していた事が阻害された気持ちで か な り イライラしました。これにも
肯定的な意味がって…わから~ん! 感情って実にパワフルだなと。 笑

したいことが出来ないフラストレーションは、気づかない深層意識の中で
こんな風に悶絶して怒っていたのかな…とも思いました。 結局、内側と
外側(データとタワー)の掃除をした後 かなり回復したので(埃の山!)
不要なものが相当たまっていますよって意味だったのかなって解釈です。

イライラした時間を過ごしましたが、更新している今はほぼ問題は解決。
変化の肯定的側面だなって思います。変わらないままだったら困る…



                                                                                

2017.07.24     プロフェッショナル   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

情熱へのこだわり


最近、なんとなく見ていたDVDや手に取った本の中にアスリートとか
プロフェッショナルって言葉を 度々目にするので気になっています。

ガンダムの監督が 『 ガンダム 』 を生み出した後、それを越える作品を
作り出せないことはプロフェッショナルとしては地獄だと語っていました。
アスリートというプロもまた、常に自分の可能性を更新していく意識の
持ち主でなければ出来ない事で…私の安心と安泰を死守しようとする
意識とは真逆であることを 驚きと羨望を感じながら比較していました。

例えば… また違う表現ですが、このシンデレラを模したデザートにも
同じモノを感じていたから撮ったのだと思います。 楽しそうだなぁ~。


さて、なんとか更新していますがPCの起動が変で、たった数分の作業に
数時間掛かる(再起動を繰り返して誤魔化しています。)異常事態です
かなりイライラしていますが…これは何のシンクロなんだろう…。





                                                                                

2017.07.23     夏野菜の炒め物   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

やっぱり赤パプリカがあったら良かった! 一瞬そう思ったんだよなぁ…


バシャールの新刊を読み終え、”何食べる事件”で私の防衛線となった
パーソナルが幻想であることを理解する参考にと、教えてもらった映画
『 バニラスカイ 』を鑑賞し、自分の中の動かない(動かしたくない)壁を
揺り動かすような作業が続いています。 自分の本意に辿り着くために
最初に思ったことを行動する。失敗を受け入れる。摩擦をちゃんと見る。
今はこの3ステップを基本にしています。(+遊び心 ←コレ忘れがち

店は…半分冗談のように『喫茶しんくろにしてぃ~』なんて言われましたが
いや冗談で無くホントにそういう流れを起こしたいって思い始めています。

まるで関係無い様に見えることだって、必ず繋がっている筈。
きっと、このズッキーニの炒め物だって…。 きっと、多分?


( 更新した後、昨日のブログを読んでいたら炒め物のシンクロを発見しました!
 赤パプリカを ”まあいいや” と入れなかったので彩りに がっかりした炒め物。
 昨日、がっかりも美味しく食べられるキャパが欲しいって…言ってるじゃん!!
 全然意図してなかったのに、ちゃんと叶っていたんですね~ 面白い…。)


                                                                                

2017.07.22     海鮮問屋   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

苦手なものを 撮ってみた


今日の東京メンバー臨時集会(予定)は結局中止になりましたが、そこから
色々自分をみるキッカケを貰えました。 中止になる可能性の大きさは先に
承知していたのは本当ですが、物分かり良く装って収めようとしていました。

本当は がっかり していました。 その がっかり を受け止めると、そこには
楽しみにしていたことや、期待をしていたことも見えて来ました。 自分が
参加を決めた瞬間に既に(喜びを)得ていたのに、内なる充実よりも 外の
何か(承認?)を得ようとしていたようにも思えます。(さらなるがっかり…)

今回は自分の苦手と感じることを越えるチャレンジもあって、それを期待に
( これをしたんだから、きっとこうなるよね と) 繋げたとすれば…結果を
手放さなかったってことになるんだって、この写真を見ながら思いました。

私は魚市場が苦手なんですが、あえてこれを撮った時には全く期待など
していませんでした。現像してみると意外にも嫌ではない…それどころか
写りや白黒の階調具合が楽しい。 写したい!って衝動を行動したあとは
手放していたってことなのかなって思いました。 がっかりしたくない…は
先の何を食べるか事件でも出ていた、私が自分を変えない観念です。

がっかりさえ美味しく味わえてしまうキャパシティーが欲しいと思いました。



                                                                                

2017.07.21     やってみなきゃ 分からない   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

まだ 何も分かっていないのだから…


先日 海に行った時、旦那にもGF1を渡し 何か撮ったら?と誘ってみたら…
いきなりこのゴミ収集小屋?を正面にカメラを構えたので、なんて斬新な!
やるなぁと驚嘆しました。が、どうやら勘違い。海を撮っていたようです

今日は(も)仲間と話していて、明日急遽集まれる人だけで集まってみようって
話になりました。東京メンバーでは珍しい流れです。 ”事なき”を最善に考えて
小さくまとまってしまうより、皆で共有しようっていう発想が果たして正しいのか
間違っているのか…やってみなければ分からないところです。 発想の中には
純粋な思いや、偽善的な思い、色々な自分が主張をしていて、どれが本当?
と思った瞬間、どれもが本当だと ハッ としました。 要はどの自分で在ろうと
選択して行動するかと考えられただけでも、起きている出来事に感謝しました。

ゴミの収集小屋も 綺麗な海も 全部それで良いじゃ無いか ってオチです




                                                                                

2017.07.20     波   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

同じ波は無い


『 自分にとっての最善がなんなのか、執着になっていないかどうか、
 1回1回の行動に悔いを残さないようにやっていかないと後からは
 なかなか修正が効かないようになってきているように感じるね~ 』

仲間のメールに返信を打ち込みながら…本当にそうだよなぁ
自分で思って綴っているのに、まるで教わっているかのようでした。

悔いを残さないってことは、相手が変わるかどうかではないってことを
どうしても忘れてしまいます。 自分の思ったようになることに拘るのは
宇宙の法則を信頼していない時の不安から来る執着だと思いました。


                                                                                

2017.07.19     キュウリとズッキーニとブルーベリー   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

ここでも…


ヒラメキを信じる特訓中です。 今日は、持って行きたいと思ったもの
飲みたいと思ったもの、食べたいと思ったもの、買いたいと選ぶもの
寄りたいと思った店、選択するチャンスの度に(気が付いていられる
範囲で) 最初に浮かんだものを最優先してみました。 その結果…
いつもとは違う新鮮な感じと満足感と、時々よく分からない感と様々
でしたが、まだ初めたばかりなので この熱が冷めないよう継続して
行きたいと思います。 シェア会でも遊び心でヒラメキを行動するって
話が中心になって、みんなにも共通した話題であったと思いました。

シンクロしています。 だからこそ、ひとりじゃないって心強いです。
今日も ありがとう。




                                                                                

2017.07.18     空を見上げて   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

根拠? 根拠? 根拠?


また やってしまいました。 無法地帯で特別許可を与えた暴挙。
ワーク後の食事会で、ことの発端は何を食べるかという…理由は
情けないものですが、噴出した波動は正に私の十八番の否定性。

最初に思った事を瞬時に押し込める失敗しない為の安牌な発想。
師匠の忍耐強い指摘を受け、少し時間が掛かってしまいましたが
半歩引いた自分を取り戻して、ようやく何が起きたか分かりました。

なりきっている時には必死で、自分の言い分こそが最も正しいと
激しく主張しているアノ感覚こそが私の特別許可無法地帯です。
それが崩れたのは、最初の望みを瞬時に押さえ込む主張が何故
そう思うのか根拠を問われて、根拠など何も無いと知った時です。

正しい!と言い切るだけの根拠の希薄さ。 感情とアバウトな一般論で
(だってそうでしょの類い)うやむやにしてしまって来た否定性の言い分。
アレはアレで 実に必死で、それこそを 私はちゃんと見ていかなければ
ならない対象でした。 恐ろしい事に私は本当は信じてもいな(幻想の)
根拠ばかり信じて来たんじゃないか? と 思いましたし、このまま進む
(変わらない)先に、これまで以上のものなど何も無いと実感しました。

私は今、現状認識のやり直し(再確認 再認識)中なのかも知れません。


                                                                                

2017.07.17     困った時は…   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

豆を 焼け


目下の私の座右の銘です。

波動を上げるったって…どうしたら良いんだろう~と、考えていると
ずずんと重くなるので、そういう時の応急策は今のところコレです。

まず 珈琲飲もう…だったのから、まず豆煎ろう…に。更にその前に
ハンドピックしよう…が増え、面倒な作業でありながら楽しい作業が
増加したって認識です。何も無い店の真ん中で黙々と集中しながら
アレ(石)とコレ(珈琲)とソレ(表現)を、どう組み合わせられるか…
(自分の中の)誰か教えて~~!









                                                                                

2017.07.16     さようならガンダム   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

そんな時代も あったね


持ち主が引き取りに現れなかったので、ずっとショーケースに転がっていた
作品(プラモデル)達。 丹精込めて作られた事が分かるので、捨てるのは
忍びなく…そのままにしてありましたが、やっと引き上げる気になりました。

まずは、一旦ショーケースから店の奥に撤退。 地域で愛されていた店だと
責任を重圧のように感じていたのですが…、それは一部は本当の事として
でもプラモデルに全く興味の無い人には縁の無い店であったという事実に
気づくと、怖れにフォーカスして自分で勝手に重圧を大きくしていたんだと
思いました。作品達を下げることさえ後回しにしていて、下げた方が良いと
思ったことを実行した途端に、こんな風に視野が広がるのは面白いです



                                                                                

2017.07.15     ハニージンジャー珈琲   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

懲りずに…


前回失敗だったハニージンジャーの再利用 直接珈琲に混ぜても駄目で
もしかしたらミルクと相性が良いのでは…と、ホットとアイスで仕上げました。
( 温めたミルクの膜を処理するの忘れて見た目が悪いのが残念…>< )

蜂蜜ショウガの風味とまろやかなミルクはベストマッチで、これなら珈琲に
混ぜても美味しい♪ 生ショウガでは無いので腹部の温めにも有効です。
昨日 良い新ショウガを入手したので、豆乳でもやってみようと思います。


作りながら知った情報… 牛乳を温める時 重曹を入れると膜にならない。
生ショウガのままでは体を冷やすので、100度以下で温めて使うと良い。
ご活用ください♪



                                                                                

2017.07.14     姫碗   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

勝手に命名しました 可愛い姫がオギャア って感じ♡


身内で大ブレイク中の 腸を温める効果絶大な ”森修焼き”ですが
今回新たにブレイカー用と湯沸かし用など数点追加注文しました。

現在キャンペーン中で、〇〇〇円以上購入でこの器が付いてくると
楽しみにしていたところ…まさか〇〇〇円毎に1つ貰えるとは驚き
全部並べて思わずぼそっと 『 これどうするの…店でもやるのか?』

・・・ (ハッ) やるんじゃん!

これも自分が引き寄せたものとしたら…ぐいぐい押されています


                                                                                

2017.07.13     四つ足   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

些細なことだけど…


ハープ続きになります。これは全体像での掲載は初めてのMYハープ。
今日改造して四つ足にして貰いました。オリジナルでは3本脚なので…
実は一度転倒事故を起こし、それ以来近くを通るだけで冷や々でした。

軽量化の為と言え、重心が上にあるハープが3本脚というのは非常に
バランスが悪いことこの上なく、扱いが少しストレスになっていたことを
改造してもらった後の安堵感で分かりました。 ほんとストレスに対して
都合良く麻痺出来るのは、こんなところでも発動していたのか と…



                                                                                

2017.07.12     Saul Harp   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

そう 来たか…


自分でも 『 なに言ってるん??? 』 と、凄いツッコミは入りますが…
気楽に爪弾ける膝乗せハープがあればなぁと 思いはじめていたところ
今日のレッスン部屋にありました! 触って確かめられて嬉しいです。

ただ…これが良いなぁと思ったものの、価格は予算オーバーのお品で
困りました。 が、数分後。 まだ探しているという話をしてもいないのに
先生がお持ちの小型ハープが使わないままだという話に…。正にコレ。

嘘でしょ??と、思う反面…わくわくしてきて、次回までに検討してきて
くださるとの話になりました。 先生にとってもWinWinなお話だそうで…
昨日の友人との(照明カバー依頼の)話でもWinWinな発想だったことを
思い出しました。 誰もが無理なく完全に一致して満足しあえる方法。

そして…そんなことを考えながらの帰り道、駅の階段を降りながら ふと
本気でやってみよう(みてもいいかもしれない)…って思いがふつふつ。
どこへ繋がっていくのか全くわかりませんが、確かに そう 思いました。

( あ、ハープのことじゃないです。ハープは余生の趣味でのんびり
                                                                                

2017.07.11     クローズアップレンズ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

こう 来たか…


譲り受けたTAKUMARが思った以上に、とても気に入りまして
それならば…と思い、クローズアップレンズを探してみました。

店のカタログで見た時は、欲しい倍率のサイズは載っていなくて
無いんだ…と諦めたら、『 あると思うよ 』 って 師と仲間の言葉で
もう一度探してみたら ありました♡ しかも4枚setケース付き♪
純正キャップも見つけて言う事無しです。 諦めないで良かった^^

諦めないで…と言えば、友人に照明カバーを依頼しています。
無茶振りか?とも思えるデザインを相談して、話しているうちに
納得のラインが見えて来ました。こちらも最初から諦めないで
良かった。 共同創造の手順の中で楽しみが更に増しました
ありがとう (*^人^*)




                                                                                

2017.07.10     ブラジルサントス№2   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

煎り比較


こちら同じブラジルサントス№2。 左側がアイスコーヒー兼用深煎りで
右が、まだ自分では調整出来ないのではないかと思っていた中深煎り。

左は昨日焙煎したものなので、良い感じに珈琲オイルがうっすら表面に
出ています。 試飲した感想は…同じ豆でも仕上がりはハッキリ違う!

約20~25分掛けて手で焙煎する珈琲は贅沢の極みで、出来れば毎日
1日のどこかでこの自分にとって特別な時間を持ちたいと思っています。

慣れたらオリジナルのブレンドを確立したいなぁ…。(あ、言っちゃった


                                                                                

2017.07.09     モビール簾   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

あの頃 何を思っていただろう…


昨日は結局撮影は後回しにし、店に壁紙を運び込みました。 納戸から
保管していた壁紙を出そうとしたら、一緒に保管されていた箱が3つ…。
今から20年くらい前に、いつか自分の店で使おうと思って衝動買いした
モビール簾でした。 中半呆れるような気持ちで壁紙と一緒に店に運び
カメラで写して現像したら、発見した時には感じなかったある種の感慨に
写真を見て初めて気づきました。 レンズの効果なのか? 不思議です。

あの頃、夢があったのだろうか。それは現実的なものだったのだろうか。
分からないけれど、またこうしてこれと再会することには意味が在る筈。
当時の自分と、もしかしたらこの先にあるかもしれない未来の自分が
一緒に側にいるような気がして、どうか力を貸して下さいと願いました。
神頼みならぬ 自分頼み です。

( それにしても…このオートタクマ-の写りには心がトキメキますね~


                                                                                

2017.07.08     低空飛行   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

この高度で 必要なことは…


今週は週中半から旦那が 『 週末は、どこかへ行こう♪ 』 と言っておりましたが
なにせ ワタクシただいま低空飛行真っ只中。 それを受けて旦那曰く 『 だったら
今日は、店の掃除でもしようか 』 良い人だなぁ…と思いつつ、でもソレも何だか。

無理矢理なんとかしようとするのなら、まずこの自分の状態をなんとかしなきゃで
その為に何を最優先しよう…。宇宙の調和と秩序と私(と家族)…部屋とYシャツと
なんとやらの歌みたいですが(冗談思う余裕はあるな…) まずは…珈琲淹れて
ハープ弾いて、新聞時事情報をまとめて…午後からどうするか その時決めよう。







                                                                                

2017.07.07     水鏡   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

ソレは 私なんだよなぁ


目の前に階段があるかどうかも分からないけれど、あると信じて空(くう)に
足を踏み出す…という話は何度も聞いていますが、今まさにそんな選択を
目の前にしています。 リスクの大きさを冷静に考えると、持ち店である事は
普通に考えてもリスクは少ない…どころかこれ以上無い恵まれた環境です。

と、すれば今私が感じている途方も無く大きな壁は、一体なんなんだろう…。
これが(私にしか分からない摩擦ですが)もし、無くなったらどんなだろう…。
完全に消えなくても、これに勝る推進力をどうしたら発動維持出来るだろう。
自分の内側に希望を見出すことが今回のワークのテーマでしたが、ワークとは
シュミレーションで、日常で出来なければ意味が無いってこういうことか… と。

期限を決める。…ただその一言で追い込まれて、必死にならざる得ません。
つい外から追い詰められたように感じてしまうけど、全部自分なんだよなぁ。
( きっとまたえらく否定的波動が飛んでいるんだろうな… ごめんなさいっ )




                                                                                

2017.07.06     イヤリング   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

娘を思う気持ち


今日は東京ワーク。 始終、母への 母からの 思いを感じていました。
その手掛かりになったのが娘への思い。自分の中に希望を見出す事は
自分の中の愛を信じる事。(言葉にすると…薄っぺらくなっちゃうなあ

それと…今 生きているこのタイムラインは、ある次元ではこの先まで
1度やっていて望まない結果を既に経験済みなのではないかと、小説
(映画)リングシリーズの中の台詞に 強烈な共感? を感じていました。

そして…食事会最後に言われた師匠の一言。 開店の期限を決める…。
その一言で頭の中のブレーカーがダウンして、正に螺旋の中にいます





                                                                                

2017.07.05     使い道   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

これは… コップ洗いブラシ?


未だ途方に暮れている店ではありますが、まず壁一面だけなんとかしようと
思っています。 塗ってみるか? 考えた途端、家を建てた時に余った壁紙が
大量に保管されていたことを思い出し、アレの使い道って今なのかしら?と。

そう思うと…家で使わないまま保管してあるイスやら、カーテンやら幾つかの
アイテムが次々に思い出され、もしかして店で有効に使える気がしなくもなく。
天井の照明は天井材ごと真っ黒に変色し、アスベストの件でいじれない事で
逆に そうだ…間接照明にしたら…素敵じゃん?? と、これは嬉しい発見

で、まずその一面だけでも整ったら何がしたいかと言えば…思い付いたのは
絵を飾ること。 そんなことして何になる?と、覆い被さる気持ちもありますが
まあ…やってみてから かな ( こわ~い こわ~い と声に出しつつ… )

自分の中に、たくさんの感情が次々に表出し入れ替わり万華鏡のようです




                                                                                

2017.07.04     ドアを開けて   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

とりあえず…一服


7…8年経ったでしょうか、最後の在庫一掃セールの後に
閉めきったままだった店のシャッターを久々に開けました。

ただシャッターを開けただけで…人目を引きまくって怖いのなんの…。
開けてる途中なのに 『昔よく来たんですよ。 懐かしいなぁ』 と言われ
ああごめんなさい、あの店は無いんです~と申し訳無い気持ちになり
身の縮む思いで、開けてしばらく周囲を見ることが出来ませんでした。

掃き掃除と窓に水を掛けて少しだけ表面すっきりするのは気持ちが良いと
感じられたけど、まだ現実味が遠く、ライティングとひとまずは珈琲を淹れ
座ってみました。 思いの外、通行人が多い! そしてほぼ全員がこっちを
見る! 既知の方は懐かしそうに、子供達は興味津々に、果ては車でも
運転手が覗いていく?! とてつもない可能性があることが充分に分かり
同時に、無責任にも私のどこかは 『待っててね~』 なんてほざいているし
また真逆にその視線が侮蔑に変わる恐ろしさ『無力感』も大浮上しました。

シャッターを開けた。ただそれだけで、あ~だこ~だ長文が書けそうです。
大きな夢想を描けば撃沈すると思い出し、まず居心地良くするところから
始めようと思います。この日(都議選の日)は開けただけで倒れそうでした



                                                                                

2017.07.03     初茄子   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

我が家の収穫

ちょっとキズがあるけど、要は美味しければ良い。


都議会選挙は予想通りの部分と、予想以上の民意の表れをみました。
遅くまで開票情報をみていた昨夜、明けて今日は小池氏の代表辞任。
動きが速い…。 国政に出る噂もあるけど、どっちを向いてるんだろう

それより、私はどっちを向いているんだろう。








                                                                                

2017.07.02     水出し珈琲   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

出陣の前に…


朝起きて、ふと ああ…自分の正義に従わせる事が支配なんだ… と
急に腑に落ちて、でも実は自分でも信じていない時に 怒りになったり
するんだとコントロール出来ていない否定性について合点を得ました。

投票に行く前にそんなことが降って沸いてきたのも、アファメーションの
効果だとしたら…本当にタイミングはベスト。 一昨日初めて作ってみた
水出し珈琲で頭もスッキリしました。 さて…都議会選挙に行きますか。




                                                                                

2017.07.01     ハニージンジャーソーダ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Auto-TAKUMAR 55mmF2.0

良いタイミング…


思った以上に昨日のワークの波動が観念に響いているらしく
今日も丸一日頭が痛くて、ガンガン締め付けられるようです。
(この感覚もどうにかならないものかと思いながら、これまでの
経験上どのくらい響いているかの判定基準に使えています。)

スッキリしたくて一昨日漬け込んだジンジャーの仕上がり試しに
ソーダで割ってみました。 う~ん…ちょっとショウガの煮時間を
減らした方が良いな。これは若干失敗。次は時間に気を付けて
もっとピリッと目の覚める様な 私好みの美味しさに仕上げよう。

…って、こういう地味な作業の繰り返しなんだよなぁ。