プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2016.07.30     この先の   
カテゴリ:LUMIX G1

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

行く先 行かない先の 見極め


マトリックスを見直していて、昨日やっと最終話の3を見ました。
( 以下、ネタバレに近い話が続きますのでご注意下さい。 )

ナイオビの台詞 『 私は(救世主を信じたのでは無く)ネオを信じた。』
これをネオという人間を信じようと決めた自分を信じると解釈します。
ナイオビほどの強さは無いケド…私も同じ様なものだなと思いました。 

ロックの石頭が前は嫌いでしたが、彼の現実主義的指導は堅実で
勇敢で誠実だと思えた途端…これは正義感の私だと理解しました。
頭で考えるだけならモーフィアスになるのは簡単、でももし現実なら
きっとロックの安心感を選択するでしょう。 それが今の私の限界。

その現実と見た時に(映像はSFですが)ザイオンでの死闘シーンは
胸が潰れる思いでした。戦場に出る瞬間の銃弾補填係の少年の顔
淡々と最終防衛線説明をするロックの全滅への覚悟がいかほどか。

もしこれがこの先にあったら…それを変えられるのは今しかないとしたら…
変わりたく無い( 世界はこのままずっと変わらないと言い張りたい )自分の
保身正当論駄々に丸め込まれてる場合なんかじゃない…と思えたのです。