プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2016.09.19     22:18   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

AVENON SUPER WIDE 21mmF2.8

心細さの1コマ



昨日のワーク解散直後、最終バスを待つ間に貧血で倒れそうに ^^;
(そういえば…顔色白いけど大丈夫?っ てミエコに言われてたっけ。 )

幸い休日で家にいた旦那が 急遽迎えに車を出してくれたんですが…
ベンチで待つ時間の長いこと…。となりでは浮浪者のようなおじさんが
アンタなにしてるのって感じでチラ見するけど構ってられませんでした。
あんな状態でも「私大丈夫」気張りで普通を装う心理って一体なんだろ。

でも、到着した家の車に乗り込む瞬間背後から「ここうるさいから 早く
出ないと捕まっちまう 早く出た方が良いよ!」とおじさんが叫んでて…
(バス停のベンチから歩けなかったので停留所に車を寄せたんです。)
具合が悪くて動けないって電話を隣で聞いて、もしかして見守っていて
くれたのかもしれません。余裕が無くて会釈ひとつ返せなかったことが
心残り…。あの時どんな気持ちでいたんだろう。座っているのも限界で
どうしようと思いながらも、到着までなんとか倒れないでいられたのは
もしかしたら そういう思いに助けられてたってことあるんじゃないかな。

なんて思えたのです。自分の預かり知らないところで、誰かの思いが
誰かを支えている。だからもっとそういう事に感謝したいと思いました。
迎えに来てくれた旦那に 心配してなでてくれた娘に あのおじさんに
ありがとう
( 写真はそのおじさんを背後に、まだ多少動けた時の1枚。 普通撮るか?笑 ) 

それにしても、骨盤痛と言い久方ぶりの貧血と言い、激しいですね