プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.01.25     西日の当たる部屋   
カテゴリ:LUMIX G1






23年間過ごした 私の部屋 私の原点がここにある




あの後…姿かたちは無くったって別に遅いことはない、と思い出し
( 実は…未だに納骨してなかったので )母の骨壷に手を合わせた。
今感じている気持ちをそのまま 母の前で感じていたら…嗚咽した。
というより…子供みたいにしゃくり上げながら悲しみを存分に感じた。

いろんなものが上に覆いかぶさって、なかなか辿りつけなかった心。
お風呂上りの子供みたいに何も纏わない剥き出しの自分に触れた。
脳みそが溶けて無くなるんじゃないかってほど、ただただただ泣いた。

私の中に私の愛と母の愛が生きていた。上手く表現出来ないけど…
私の中に愛に反応する私の愛があって、亡き母の愛と共鳴していた。
愛された印。 それは今私が娘に思う気持ち。かけがえのない宝物。

お金も無く、父も不在で、みじめで無力で強がりで…そっくりな母娘。
外界を遮断したり とんでもない失敗や 激しい愛憎戦争にもがきながら
無力感ゆえに戦い、恐れゆえに支配し、情まみれの中に愛は在った。


今思えばキッカケは、昨夜、臨床美術の本の出だしを読んだ事。
創立者が音楽療法の熟練者にどんな人が臨床師に相応しいか
質問し 「幼少の頃、両親に愛された事がなければ無理です。」
と答えていたのに軽いショックを受けた。本当にそうなのか??

私は臨床師になろうと思っているわけではないし、熟練経験者の
人の見解や意見は尊重するけど、色々な意味で少々動揺をした。
私の観点から言えば…愛されたかどうか、疑っていたのだと思う。

夢を見、自分の気持ちを感じて、自分の中にその答えを見つけた。
私は愛していた。 同時に、私は愛されていた。
愛は一方通行じゃない。今それだけは、全身で受け止めています。
( ↑この愛は、人間的な意識では分からなかったものも含めて です。 )