プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.02.19     生きる面倒   
カテゴリ:





朝が来る度 ため息をついていた…




毎日3面記事さえ読めない日でも、欠かさず読んでいる 『人生案内 』
18日の相談に目も心も釘付けになって、思わず切り抜いてしまった。
( 以下 抜粋 )



人間・男・50代。ただ、ただ、毎日が面倒くさい。
口から出る言葉は、嫌だ、面倒くさい、疲れる。
それでも腹は減る。 食べてしまう。
食べるのは、パンとバナナ、時々、納豆、豆腐。

昨年はひどい腹痛で救急で運ばれた。
痛いことは嫌だ。苦しいことは、もうこりごりだ。

自分で死ぬのは苦しいだろう。
それに、そうする力もなく、ただ、それすら、面倒くさい、と。

人間も地球も、もうこりごり。 3000年眠りたい。
3000年後の世界を見てみたいと考えた時もあったが、
今は、ただ、ただ、毎日をやり過ごして、ただ食って寝るだけ。

地球に、自分の体に大隕石でも落ちて、
すべて終わりになればよいと、考えながら眠りに就く毎日。

死ぬこともできず、ただ、ただ、やり過ごす毎日。



この人が鬱病なのかどうかは分からない。(私にはそうとは思えないが)
こんなにも生きる輝きの無い文章なのに、相反して生々しい命を感じた。
多くの人が、こんな虚無を感じまいとして、擬似幸せ積み木に必死な中で
この人はとうとう誤魔化し切れなかったのだろうか。だとしたら正直だなぁ。

この相談者の本当は分からないけれど、この投稿を見て私も思い出した。
昨日のブログに食べるのが面倒と書いたけど、最近ずっと忘れてたこと…
私は生きるのが面倒だった。小学生の頃から生きているのが苦痛だった。

最初はあまりにもインパクトのある、この文章になりきって描いていたら…
途中で これは私の生々しい声そのものだったと気がついた。思い出した。
まさか、こんな風に思い出し、描き、感じることが出来るとは、ありがたい。


またひとつ、自分が否定していた感情を取り戻すことが出来ました。感謝

( この人の文章は文学的で魅力的、自叙伝でも書いたらどうでしょうね。)