プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.04.06     ゆずり…   
カテゴリ:LUMIX G1





人間って…愛と憎しみの生き物だ   どっちも…愛 か…




2日前の出来事ですが。自分の中にうっすら浮上してきた感情・感覚…
恐れ、悲しみ、絶望、立ち尽くし成すすべの無い状況を感じていました。

記憶には無いけど、なんか在る。知ってる。これは何?そう追っていると
あるイメージが見えてきました。母に叱られ、感情を叩きつけられる情景。
言葉で表現するのは難しく、暴力的な激しい感情はそのまま凶器のよう。
そう思っていると、肉体感覚まで段々蘇ってきて、現実だったのかも…と。

芋づる式に、飛び火のようにあちこちの記憶と繋がって、ハッとしました。
娘にも同じ思いをさせたことがある。この事は数年前に気づいて、その時
一度娘に謝罪しています。その時、彼女の感情の開放を感じたのですが
私自身は、まだ完全に痛みを自分のものとしていなかったと気づきました。

嗚咽が込み上げるくらいの、成すすべのなさ。しばらく受け止めていたら
どうしてもいてもたってもいられなくなって、就寝したばかりの娘の部屋へ。
彼女の記憶を確認し、一度謝罪しているのでこれ以上なにも出来ないけど
私が思い出したばかりの痛みと、娘の痛みとが同時に感じられるままに
悲しかったね 怖かったね 痛かったね 何度も繰り返し抱きしめました。

彼女の頭を撫でながら、なんでこんな事を言うのかを説明していたら…
今度は彼女が私を抱きしめ頭を撫で、ごめんねと言うのです。 聞けば
自分も無意識で将来してしまうかもしれないから、先に謝っておくのだと
それと…ママには自分のように、ごめんねと寄り添ってくれる母親はもう
いないから、死んだお婆ちゃんの代わりに私が言ってあげるのだと…。

柔らかく優しく温かな娘の手と気持ちが心に沁みて、貴女は優しいねと
伝えたら…彼女は 『 それはママゆずり 』 と笑いました。 泣きました。
もし私に優しさがあるとしたら…それは母ゆずりなのではと思いました。

本質は…目に見えるものだけでは絶対に分からない。人の本質は愛。
この世界で生きる為に、あまりにも余計なものを纏いすぎているだけ。
情と気づかぬ愛の恩着せも、必死なまでの恐れの支配も、人の哀れ。

そんなことを受け止め、感じている最前線です。