プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.04.09     ペーパークラフト   
カテゴリ:LUMIX G1





それは 私の 興味




キッカケは、娘がまだ幼稚園前の頃。妙に静かに何かをしていたので、そっと
覗いてみると…紙を器用に切り貼りして、立体的な遊園地を作っていました。
その完成度の高さと、誰に教わっても居ないのに創意工夫しての工作に仰天。

それ以来、ことある毎 彼女に『またチャレンジしてみたら?』と勧めてきました。
現在イラストが大好きで美術系に進みたいという意思を持っているので、更なる
可能性の拡大の糸口になるのではないか…と、まあ親心のようなものでした。

が、なかなか実行する気配も無いので、私が以前作ったミニチュアの材料残りを
渡してみたり、もっと手軽に…とキットになっているものを贈ったりしていました。
でも、やっぱり作らない そんなこんなで、ずっと放りっぱなしだった工作キット。
目に付く場所にあって気になっていたので、一つ自分で作ってしまいました。

どんなに好意で 『 やれば何か見つかるかもしれないのにな 』 と思っても、私が
相手に出来ることは思いを伝えるだけ。その結果を求めるのは、押しつけでした。

作りながら思ったのですが、人に見えるもの感じるものは自分の中に在るもの。
なんだ…自分もやりたかったんじゃん。やだ、ちょっと楽しいかも。どうよ、これ
作り上げたものを見せシェアしました。このわくわくで連鎖があればそれでいいし
なければないで、それもいい。 私が勧めた気持ちだけ伝えたら、後は手放す。
彼女は彼女の意思で、最適なタイミングで最善を選ぶでしょう。そう思えました。

娘に限らず、誰に対しても、情熱を押しつける自分の癖はよくよく知っています。
それは善意であっても、結果を求めた途端に押しつけになり、執着に変貌します。
痛恥ずかしい事ですが。でも、今気づけて良かったと思います。風通しが良い♪