プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.04.23     床下点検   
カテゴリ:LUMIX G1





15年目の床下点検 なんだか犯罪現場みたいですね…




新しいカメラの購入検討をしています。キッカケは師匠の投げ掛けでしたが
今回の機種は、フィルムカメラを手にする以前から気になっていたカメラで
お初というよりは…再会というか、そろそろ時期の到来かな?感があります。
( 前例無い程かなり勇気のいるお値段なので、慎重な検討を続行中です。)

このカメラの購入検討を旦那に話したところ、不機嫌な攻撃モードが発動。
本当にカメラなのかと、信念を問うようにみえて実は着眼は購買行動の方。
どうやら私だけが好きなものを買えて、自分は買えないと腹を立てた様子。
(私の趣味の買い物は、家計費ではなく自分で稼いだお金で払っています。)

確かに全家計の管理は私なので、高額な買い物は私の許可が要ります。
短絡的なことではなく、問題の根源はもっと別の場所にあると推察しながら
まとまった金額を旦那に渡すことにしました。これで表面上は、対等です。

物を買うだけで幸せそうにみえるのであれば、期待は落胆に変わるでしょう。
私がカメラを買うのは、カメラ所有欲ではなく自分の表現の進化の喜びの為。
TVやPCを眺め与えられる刺激が楽しさだと感じるならば、すぐ慣れてしまい
ただモノだけが更新されていく他者依存。彼には、自分の内部からの発動を
して欲しいと思っているのですが…私に出来る事は私が輝き生きるだけです。

それを見て、自分もそうなりたい、どうすればいいかと聞いてくれれば幸い。
自分を生きていない怒りをぶつけていないか、自覚して止めて欲しい…とも
彼に真正面から伝えました。家庭という土台も、床下点検が求められている
気がします。誤魔化してはいられないものから目を反らせないシグナルです。

( じっくり話し合い、互いに納得したので、掲載許可済みですっ )