プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.05.25     興味   
カテゴリ:LUMIX G1





コンクリの螺旋に気づく人



とは、私では無く旦那です。昨日は面白そうなネタを見つけて撮影遠征しました。
これはその舞台裏にあった階段。 閉館間際で、どうしても写したいものがあって
歩みを早めた時、急に立ち止まった彼が 『 これ面白いな 』 と仰ぎ見ていました。

曰く、同じ形のコンクリートを少しづつずらしてるのに興味を持った…らしいのです。
獲物に向かって急いでいた私には目にも入らなかった、ただの(恐らく)非常階段。
そう言われて見れば、確かに背骨のようにも見え、一枚コンクリの形状が面白い。

彼の興味の火が飛び火して、ハッセルとG1両方で撮ってみました。その後ろで
『 これ橋に何か使えるかも… 』とぽつり。 なるほど! そういう目で見てたんだ!
こういう何気ないところで、面白さを見つけた彼の興味を感じて嬉しくなりました。

彼は仕事目線でこの階段にわくわくし、その彼の好奇心が私をわくわくさせました。
カタチは違えど同じ瞬間に、それぞれの興味が刺激されるって…それも繋がりかな。
旦那が、そして私自身が、何にに反応するのかを、垣間見た出来事でもありました。





ハッセル&バズーカ&G1を抱えての撮影は…荷物持ちがいてくれないと厳しいです;;
しかも試し撮りのフィルムで設定したISO感度をそのままにしてしまっていたと判明;;
せっかく撮った写真も、露出が高過ぎた可能性大です…orz 三脚撮りもしましたが
その際にうっかりマガジン装着ボタンをいじってしまい、マガジンが落下する事件も!
幸い無傷で感光もせず、その後の操作にも支障は無かったのですが…怖カッタ…