プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.08.11     老いと若さ   
カテゴリ:Hasselblad 500C/M






遙かな旅をしてきた者達




スタートレック9作目まで見ました。 (新作から見たので11本目。)
1作目からの時間経過が映像技術の進化で分かります。(1作目は
私が子供の頃のウルトラマン並でした^^;) 時の経過もありますが
メインキャストの殆どがシワの目立つ年配者達という事が驚きです。

丁度9作目の1つのテーマになっていた、『 老い 』。 映画の中では
肉体的なものも精神的なものも、ずっと根底に扱われていて、宇宙が
舞台だというのに、巨人の星に通じるような人間臭さを感じています。

長く生きてきたからこその、沢山の経験、沢山の執着や恨み。そして
上手くいった経験から固定された自分の視点。反発心で変えられない
判断。常に変化する流れの中で留まろうとするのは、必ず摩擦を生む
ことを考えさせられます。外から見ているから分かる不適切な判断と
融通の利かなさは滑稽にさえ見えます。これは人事には出来ません。

私も (平均寿命から換算して)人生の折り返し地点を過ぎ、柔軟さを
失っていることに意識的であろうと改めて思いました。 年齢を重ねて
ある程度経験を積むことで慢心にもなります。 ボランティアの場では
スタッフも参加者さんも全員が私より10年以上の人生経験者ばかり。
私などはまだまだ若造で、それがとても良い気付きを与えてくれます。

自分が謙虚でなくなっている部分とか、年齢にあぐらをかく部分など
知らないうちに身につけ始めていたそれらも老いの兆候と思います。
幼い子供は嫌なら嫌と泣き、泣きながらでも嬉しくなると瞬時に笑い
感情に正直です。その正直さで、自分が間違っていたら違ったと認め
確執なく素直に謝れるっていうのは…歳を取ると変なプライドなのか
難しくなるものだなと実感します。口では謝っても形式的とか…ね。

心の若さは大事です。感情を深く感じても飲み込まれないというのは
経験を重ねた熟練技術だと思いますし、若さも相応の経験もどちらも
適切に使えるのがベストだなと…スタートレックから教わっています。


余談
あの歳でアクション映画は…と、余計な心配をしながら見ています