プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.08.27     観察   
カテゴリ:Ricohflex VIIs





夏休みは終わっても 人生の課題研究は終わらない
( 東京の公立は、8月25日から2学期開始です。 )



盆休みで延期になっていた歯医者の大学病院紹介状でしたが、
前回のワーク直前に膿が皮膚から外に出た為に状況が変わった
ということで、このまま担当医の治療を進めながら様子を見る事に
なりました。 大学病院は避けたかったので、この展開は嬉しい!

治療中に何人かのスタッフが覗きに来て、なにやら医院の内部で
珍しい症例って事で観察されていたようです。当初緊急性は無いと
聞いていたのに、実は重症で骨髄炎や骨肉炎の一歩手前だった
とはじめて聞きました。(後から言わないでよね~)状況が安定
してきてホッとした と漏らす担当医の笑顔に、私も安堵しました。

大元の顎の骨の穴は大きく、炎症が再発するようなら抜歯する
方向で治療と経過観察は定期的に続くようです。 と、なると…
当然他の歯のケアも定期的に診て貰う事に強制的になるので
ある意味、ほっといたら問題があるまで行かなかった歯医者も
これで行くようになって口内の健康は万全体勢で良いかなと

表面 (肉体面) に出て来た問題は、物理的なケアも必要ですし
同時に内面的な原因も放置は出来ません。奥歯の根っこに流れ
ないものがあったわけで、これは恐らく物理的には教室に現れて
心理的には本来のパワーの循環に関しての滞りと予測をします。
なので、きっと 教室が動き出せば改善される と思っています。

それが本当かどうか、それは私の自分自身への経過観察ですb