プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2014.09.10     空   
カテゴリ:LUMIX G1





空を見ていた気持ちを思い出す



昨日、30分ほどの時間潰しに思い立って本屋へ行きました。普段は
ネットで買ってしまうので本屋は久々。特に探しているものも、見たい
ものも無く、なんとなく癖で美術や写真の棚に行ったものの、やっぱり
これといって興味をそそられる本もなく ぼけ~っと眺めていましたら…
『 空は僕を誰とも比べない HABU著 』と言う本に目が止まりました。

中身をぺらぺらっと見ると空や雲を写した写真集で、心惹かれたって
訳でも無いんですが…なんとなく買ってしまいました。税別1300円。
写真集としては安いのでしょうが、本1冊1300円というのは高いなぁ
と感じていました。空の本も、値段感覚も、私にしては珍しい事です。

ところが、帰り道にデニーズで一服しながら本をめくって…泣きそうに
なりました。10年会社勤めをして写真家に転身した著者の、かつて
感じていたであろう心の叫びを感じたんです。写真に添えられた短く
静かな言葉が胸に直撃で、なんとなく手にしただけと思っていたけど
やっぱり偶然なんか無いんだと思いました。ありがたいと思いました。

本を閉じ空を見上げたら、それまで少し暗いトーンに見えていた空が
とっても澄んでいて明るく見えました。これも私の心象なのでしょう。
どうしても今撮ってすぐ掲載したくて、家に飛んで帰って久々にG1で
撮った写真です。そうなんですよね…衝動でこんなに身軽に動ける。

正直、空の写真にそれほどの興味はありませんし、この写真も特に
何かってものでもありません。でも…したかったから…それだけです。
そんな事をしていたら、最近また子供の頃の感覚をずっと感じていた
事に気付きました。『 生きているのが面倒臭い。』 長年の相棒です。

家の事をしたり、何かを克服しようと頑張っていたりすると、感じなくて
済んだ感覚。または感じないように色んなことをしてきたり、閉じたり。
銀座にみんなと写真を撮りに行く時に、ポロっと出た忘れていた本音。
それの続編というか大御所さんと言うか。私には、本質と同じくらいに
大事なものなんじゃないかと…何故か思えています。表裏一体な…。

感じないようにしてきたし、諦めたし、でもこれはずっとあったんです。
こねくり回すよりも…今はただそれを感じていようと思います。 ずっと
避けてきたのだったら、今の私なら受け止められるんじゃないか…と。

いいじゃないか…無価値だってさ。こうして生きてるし、何か問題?
そう言いながら、もうひとりの自分と肩を組んで空を見上げる気持ち。
そうそう…子供の頃、部屋の窓から空ばかり見ていました。流れる
雲と飛んでいく鳥に憧れて。 丸1日空をぼけっと撮りに行きたいな。

1300円は高い!と思ったけど…格安でした。この本の中で著者は
“自分も人にラッキーをもたらす人でありたい”って書いていますが…
なってるよ!って強く頷きました。 会ったことも無い人だけど、魂の
距離とは関係ない。この本に出逢った事が私の選択なんですね…。


脱力系だらだら長文になりました。<(_ _)>