プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2017.04.16     葉桜   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

変化の奇跡


花が散ると 旬が終わった… と言葉通りに感じていたけれど
よくよく見れば、蛹が蝶になるような命のパワーが溢れてる。

言葉に感覚が従順に従っているのもただの自動反応とは…。



                                                                                

2017.04.15     今桜   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

昨年のでもなく 来年のでもなく


今年はじめて桜に目が行きました。ギリギリでしたね~。
毎年 桜は必ず咲いて、また来年見(撮)れば良いやって
変わらないって思い込んでいると 今 を見失うんだな…。

来年、今とどう変わっているだろう。 変われているだろう。



                                                                                

2017.04.14     枠   
カテゴリ:FUJICA ST801

 

EBC FUJINON 50mmF1.4

まるで電気有刺鉄線のような怖れの制御


目に見えるものしか創造出来ない限界と怖れを
どうやって突き抜けるか…、イマジネーションは
時にただの空想になってしまう諸刃の剣のよう。

これまで卵の薄皮のようにしか感じていなかった
”制限の枠”を困惑しつつ手探りで触っています。

師匠が言っていた、みえない階段を ある と信じて
踏み出す勇気がどれほどのものか…と思います。








                                                                                

2017.04.13     ひとひら   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kern-Paillard YVAR 25mmF1.8(C)

喜びの お裾分け


「今日はあったかくて桜がとっても綺麗だったよ~!」
学校帰りにひとりで花見して来たと笑う娘のお土産。
そっと飾ってあったのに気付いて聞いたら、ぱぁ~と
輝くような笑顔で嬉しそうに話を聞かせてくれました。

連日の試行錯誤の底辺にずっとある 奉仕 について
胸に広がる温かさを感じながら思い返していました



                                                                                

2017.04.12     ドリップ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kern-Paillard YVAR 25mmF1.8(C)

くおぉぉ~ ♡


たった たったこれだけで… 波動的には超ブレンドな一杯。
いかがです? ^m^

さてこれで条件揃えた実験が可能になりました。 ここまででも
随分と自分の内側から横ヤリが入ります。 どれだけその声に
感心を向けてこなかったんでしょう。一番真剣なのはソコです。






                                                                                

2017.04.11     リサーチ   
カテゴリ:PENTAX Q

 

Kern-Paillard YVAR 25mmF1.8(C)

なるほど…オリジナルだったか


実験を始める少し前から気になっていたドリップ台。
確かめる為に去年の写真を掘り起こしてみました。
この時から コレをやってみたかったんですよね~

間もなく、その興味を(ようやく)叶えてあげられます



                                                                                

2017.04.10     テイスティング   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

大真面目な遊び


こんなことやってどうなるの。 どうせ何にもならないよ。
ハイハイ、呆れるほど お決まり切った声が浮上します。

さて困った、急にモチベーションダウン。いつもはここ止まり。
それ以上考えることもせずに退いていく。 これがパターン。

まだ道はある。1つはつまらなくなった原因を変えてみる事。
もう1つは、呆れている風なパーソナルにもっと向き合う事。

求めているのは結果以上に、いかに楽しむかじゃないかしら。