プロフィール

 NORI

Author: NORI
ヒーリングアーティスト
クリスタルヒーラー


今 ここ に、生きている
この 心と体 で感じるものを
ありのまま写し撮り 描き出す
NORIのアトリエ


作品のご購入はこちら
~魂の輝き~こころ・え館 Shop


当ブログ掲載物の無断転載・
複写・複製及び商用利用は
固くお断りいたします。



メールフォーム

名前:
メール:
メッセージ:

最近の記事

カテゴリー

年別一覧

リンク

リンクフリーです。


このブログをリンクに追加する

カウンター





クリックで救える命がある。


2017.05.20     海底探査機   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

なんの為の探索?


自分にとっての不幸(不本意とか不条理とか)に疑問を持つことが無かった。
嫌だとは思うし、それで良いわけではないけど、真っ向からそれが 変 だとは
思えていなかった。それは普通のことで当たり前で、受け入れるものだった。

何を 普通 にしていたか(私がそういう価値を与えていたか)が暴露されて
そうすると、『自分力』という学びで一体何をしようとしていたのかと思えば…
それは、“何かを成す”という目的が無い ただの探索だったように思います。

師匠の 疑問に思って良いんじゃないの という言葉を何度もリピートして聞いています。
幸せでは無いという感覚は、当然なんかじゃないんだよ と自分に言い聞かせています。


                                                                                

2017.05.19     晴れた日に   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

気ままに過ごす


晴れの日には何かしなければ…と急かされる気がしますが
今日はあえて(用事はありましたが)予定を組まず思うまま
好き勝手に過ごしました。爽やかな風を受けながらお散歩。

あ~ やっぱり気持ち良い~な~ (*´ω`*)

全然 嫌いじゃないんですね。ただ、何かしなければならないって
自分に与えた“〇〇べき”制限を感じてる時だけとても負担です。
この制限は、思っている以上に広範囲に深々と根付いています。


                                                                                

2017.05.18     ドラセナの花   
カテゴリ:その他

 

携帯にて撮影


師匠宅に、季節外れに咲いた 幸福の木(ドラセナ)の花。 
今日のワーク終了時に、最後の2輪が開いてくれました。

自分は無力である。自分には自分の人生を変えられない。 
もしくは…、せっかく手に入れた今の状態を変えたくない。

自分が設定して来た 『 不自由 』 という人生のシナリオを
書き換える際の最も大きな怖れが引っ張り出された今日。
この2輪の花は、私には最後の希望のように見えました。






                                                                                

2017.05.17     奉仕   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Kilfit-Macro-Kilar E 40mmF3.5

やっぱり 美味しい…


奉仕のアイディアが全く浮かばず煮詰まったので、珈琲を焙煎して淹れました。

完全に自己流です。量も火力も時間も勘だけ。深入りで誤魔化せているのかも
しれませんが、パチパチとハゼる音と香ばしい煙りに包まれる時間は飲むのと
同じくらい(もしかしてそれ以上かも?)楽しい。心がシンとして瞑想のようです。
(焙煎と言っても、ゴマ煎り器で炙ってるだけなので全然カッコ良くはないです

自分への奉仕を珈琲でしているようなものかも…。








                                                                                

2017.05.16     群れ   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

自分の言葉を持たない故の…


よく某ヒーリングショップ(この世界では草分け的な店)からDMが届く。
毎回超怪しいアイテムが開発され、そこそこな値段で掲載されている。
今日もそんなカタログをめくりながら、嫌悪感と羨ましさを同時に感じて
いました。 嫌悪感なんてあったんだ…。 ちょっとびっくりしています。

集団に属していた方が安心だという、生存本能的な安心欲求の強さを
どうしたら解除出来るんだろう…。

まずは、ひとりぼっちになる怖れにもっと寄り添ってみようと思います。



                                                                                

2017.05.15     Enigmatic ones2.jpg   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

う ・ わあぁ ・ ・ ・


得体の知れないものは嫌われると思う前に、自分への
評価が何故そうなるのか。 自分を愛していないって事
他ならないなと思いました。

この生徒さんの表情が うわあ”~ 嫌だ何これ~ か
へ~不思議 おもしろい か、見方は自分のものです。



                                                                                

2017.05.14     Enigmatic ones   
カテゴリ:SONY α7Ⅱ

 

Carl Zeiss Jena Vario-Pancolar 35-70mmF2.7-3.5 MC

得体が知れないものへの怖れと興味


漠然とした段階では、漠然とした答えしか出て来ないのですが
今日は空いたままになっていた義母の家と店舗を動かすべく
リフォームの相談へ行きました。 直前、仲間からのメールが
キッカケで私が望む 自分を楽しむ場、 繋がりを味わう場 を
創りたい!と心が強く動くことがあったのも偶然ではないです。

今日最も困ったのは店舗の説明でした。何をする空間なのか
それが明確でないと設計も出来ません。この店は何ですか?
得体の知れないものと思われるような事しか言えないことが
とても怖かったです。共通する認識で、カフェと言うのが得策
でした。得体の知れないものは嫌われると思い込んでいます。